又吉栄喜『豚の報い』と『巡査の首』研究/又吉荣喜《猪的报恩》与《巡查之首》研究毕业论文_日语毕业论文

又吉栄喜『豚の報い』と『巡査の首』研究/又吉荣喜《猪的报恩》与《巡查之首》研究毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

又吉荣喜在日本冲绳文学中占有重要的地位。他的作品极具特色,具有较大的研究价值。1996 年,他凭借《猪的报应》这部作品,荣获第 116 届芥川奖, 一时名声大噪;1999 年又经崔洋一导演改编成电影后, 又吉文学引起了较为广泛的关注。然而,国内关于又吉文学的资料和研究尚且较少。同时考虑到又吉文学具有较大的研究价值,本论将通过《猪的报应》和《巡查之首》这两部作品, 从被害意识这一视角出发、对这两部作品进行分析。

本论围绕歧视问题,以被害意识为切入点,对《猪的报应》和《巡查之首》两本书构造出的精神世界进行简单分析,探寻被害意识的根源,并就又吉荣喜的文学特色进行研究与探讨。本论采用《文献研究法》的研究形式,在先行研究的基础上,对两作品进行研究。首先,介绍《猪的报应》和《巡查之首》两作品的故事梗概和创作背景。其次,就两作品中体现出的被害意识进行分析。此外,通过两作品中展现出的共同点进行归类总结,从而得出被害意识的根源——歧视问题。并将两作品中的歧视观念进行简单分析。最后,根据两作品构建的精神世界, 对又吉文学的特色进行研究。

又吉荣喜的文学作品中充满了被害意识。作品中的被害意识,其根源在于歧视问题。正是由于这种歧视观念,造成了对冲绳人民的伤害,而这种被害意识无处诉说,自然而然地体现在文学作品中。又吉荣喜的文学作品中充满了斗争精神。作品中的主人公在在斗争的过程中,心中的伤痛渐渐被抚平,走向了痊愈。同时, 又吉文学还充满了对现实的深切思考。

关键词: 被害意识 歧视 异化 治愈 斗争

要旨

又吉栄喜は沖縄文学に重要な位置を占める作家である。又吉栄喜の文学作品は独特な作風を持ち、大きな研究価値がある。特に、1996 年『豚の報い』で第

114 回芥川龍之介賞を入賞して以来、平成 11 年(1999)、崔洋一監督により映画化した後で、又吉文学が注目されてきた。しかし、国内には又吉文学に関する資料や研究がまだ少ないようである。沖縄文学の代表作家としても、芥川賞受賞者としても、又吉文学に関する研究価値が高いと考える。本論は又吉の両作品『豚の報い』と『巡査の首』を通し、被害意識の視点から『豚の報い』と『巡査の首』を分析して、又吉の作品における差別観念を研究してみた。

本論の目的は、差別観念をめぐり、被害意識の視点を突破口に問題を切り込み、『豚の報い』と『巡査の首』の中に構造した世界を分析し、被害意識の根源を探して、又吉栄喜の文学特色を研究してみたことである。本論文は「文献研究法」という研究形式を採用し、先行研究を踏まえつつ、『豚の報い』と『巡査の首』の内容を深く理解する。まず、『豚の報い』と『巡査の首』のあらすじと創作背景を紹介する。次に、両作品現れる被害意識を分析する。また、両作品が投影する類似点をまとめ、被害意識の根源を指摘する。両作品の中、差別観念を中心に研究する。最後、『豚の報い』と『巡査の首』の中に構造した世界を更に分析して、又吉栄喜の文学特色を研究してみた。

又吉栄喜の文学作品には被害意識に満ちている。この被害意識の根源は差別 問題である。それはまさにこの差別の概念が沖縄の人々に害を及ぼしたためで ある。それから、自然に文学作品に具体化されている。又吉文学には闘争精神に 富んでいる。闘争の過程で、主人公の心がだんだん回復していく。それと同時に、又吉文学は現実の深い考えに満ちている。

キーワード:被害意識 差別 異化 癒し 闘争

IV

目次

はじめに 1

第一章 又吉栄喜と又吉文学について 2

第二章 『豚の報い』と『巡査の首』におけるあらすじと創作背景 4

    1. 『豚の報い』におけるあらすじと創作背景 4
      1. 『豚の報い』のあらすじ 4
      2. 『豚の報い』の創作背景 4
    2. 『巡査の首』におけるあらすじと創作背景 5
      1. 『巡査の首』のあらすじ 5
      2. 『巡査の首』の創作背景 5

第三章 『豚の報い』と『巡査の首』における被害意識 7

    1. 『豚の報い』における被害意識 7
    2. 『巡査の首』における被害意識 10
    3. 被害意識の形成原因 11

第四章 『豚の報い』と『巡査の首』から見た又吉栄喜文学の特徴 15

おわりに 17

謝辞 18

参考文献 19

はじめに

又吉栄喜は沖縄文学に重要な位置を占める作家である。又吉の文学作品は独特な作風を持ち、大きな研究価値がある。又吉栄喜の代表的な作品として、『豚の報い』は高い評価を得た。大江健三郎は、「物語を展開する技術が卓抜で、多様女性像に魅力がある。」1という評価を持ち、「本当に書くべき小説」だと賛えていた。『巡査の首』は『豚の報い』が発表されて七年後の作品であるが、一貫の理念を持ち、作品の始終に被害意識を貫いている。

しかし、国内には又吉文学に関する資料や研究がまだ少ないようである、それに、又吉文学についての研究価値があると考える。本論は又吉の両作品『豚の報い』と『巡査の首』を通し、被害意識の視点より『豚の報い』と『巡査の首』を分析して、又吉の作品における差別観念を研究してみたい。

本研究は、先行研究を踏まえながら、被害意識と差別観念を通し、二つの作品に構築された文学世界をさらに分析する。まず、『豚の報い』と『巡査の首』のあらすじと創作背景を紹介する。次は、両作品に現れる被害意識を分析しようと試みたい。また、両作品が投影する類似点をまとめ、被害意識の根源を指摘する。両作品の中、差別観念を簡単に分析する。最後、又吉栄喜の作品が伝えたい真意を深めていきたい。

本論の目的は、差別観念をめぐり、被害意識の視点を突破口に問題を切り込んで『豚の報い』と『巡査の首』の中に構造した世界を分析し、被害意識の根源を探して、又吉栄喜の文学特色を研究してみることである。

本論文は「文献研究法」という研究形式を採用し、先行研究を踏まえつつ、

『豚の報い』と『巡査の首』の内容を深く理解する。被害意識の視点より、その形成の原因を研究する。『豚の報い』と『巡査の首』の中に構造した世界を更に分析して、又吉栄喜の文学特色を研究してみたい。

1大江健三郎:『「本当に書くべき小説」,第 114 回芥川賞発表―豚の報い<入賞作>又吉栄喜――芥川賞

選評』,『文藝春秋』第 74 卷第 4 号,1996 年 3 月号。

1

第一章 又吉栄喜と又吉文学について

又吉栄喜は 1947 年沖縄浦添村(今の浦添村)生まれの小説家である。1970 年、琉球大学法文学部史学科から卒業した。1973 年沖縄県浦添市の市役所に入所した。市役所に勤務するかたわら,米軍基地や戦争をテーマに小説を書く。沖縄の精神風土を扱った作品が多い。

1975 年、『海は蒼く』で新沖縄文学賞を入賞した。1978 年 『ジョージが射杀した豚』で第 8 回九州芸術祭文学賞を入賞した。1980 年『ギンネム屋敷』である第四回すばる文学賞を受ける。1996 年豚にまつわる沖縄の呪術的な風習を描いた『豚の報い』で芥川賞を受けた。現在、浦添市の図書館に勤務する。彼の主要作品は、『木登り豚』、『陸蟹たちの行進』、『鯨岩』、『果報は海から』などが挙げられる。著作はほかに『呼び寄せる島』、『波の上のマリア』、『漁師と歌姫』、『人骨展示館』と『海の微眠み』などもある。以上から見れば、又吉栄喜は日本に特に沖縄本島に重要な作家であり、又吉文学は大きな研究価値を持っている。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接