福永武彦の作品における戦争は人間に対する影響-『草の花』と『風土』を対象に福永武彦作品中战争对人们的影响—以《草之花》与《风土》为对象毕业论文_日语毕业论文

福永武彦の作品における戦争は人間に対する影響-『草の花』と『風土』を対象に福永武彦作品中战争对人们的影响—以《草之花》与《风土》为对象毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

福永武彦是有名的日本战后文学作家。他经历过战争和伤病生活,因为有过战争的经验,所以在他的作品中关于战争对人们的影响在一定程度上有说服力和研究价值。本论文试着研究《草之花》和《风土》中人物的生活和精神世界,分析从中反映出的福永武彦的人生境遇,并解读他的创作特征和文学思想。

本论文通过对福永武彦的《草之花》和《风土》中登场人物的生活态度和精神世界的分析,特别是以主人公的心理为中心,挖掘出作者身处孤独中却难以逃脱的痛苦。进而分析这两个作品的创作风格是追随当时战后文学的潮流,还是因为经历过战争,所以将自己的痛苦通过作品来表现出来。另外,分析其他的人物的心理以及他们和主人公之间的关系,可以得出一个结论。即我们虽然不得不直面孤独与死亡,但却也无法停止对爱和生存的追求。战争对福永武彦的伤害不仅仅是身体上的,还有心理上的。

福永武彦经历过战争,因为他人生中遭遇的不幸的境遇,所以他的作品中存在生与死、孤独和爱、告别和邂逅等要素。本论文比较《草之花》和《风土》这两个作品中人物们的精神世界,可以发现艰难的生活中仍旧存在爱与希望等共通点。在这基础之上,探究表现出来的欲求不满和困苦生活中对幸福生活的向往的社会现实。

关键词:战争、孤独、爱、希望、现实生活

目次

はじめに 1

第一章 福永武彦と福永武彦文学について 3

第二章 『草の花』と『風土』における初歩分析 5

    1. 『草の花』におけるあらすじと登場人物 5
      1. 『草の花』におけるあらすじと創作背景 5
      2. 『草の花』における登場人物 6
    2. 『風土』におけるあらすじと登場人物 7
      1. 『風土』におけるあらすじと創作背景 7
      2. 『風土』における登場人物 9
    3. 『草の花』と『風土』の共通点 10

第三章 『草の花』と『風土』の共通点の形成原因 11

    1. 戦争と闘病生活の原因 11
    2. 母親の死 11

第四章 『草の花』と『風土』から見た戦争は福永武彦に対する影響 13

おわりに 15

参考文献 16

謝辞 18

はじめに

『風土』は福永武彦の処女長篇小説であり、また代表作の一つでもある。『草の花』は、福永武彦の代表作としてあげられ、非常に人気の高い作品である。福永武彦の作品には、処女長篇の『風土』以来、一貫して、愛と死の主題の追究がある。そして、その内実からみてゆくことにする。もちろん、福永武彦の作品には、孤独がある。その孤独の問題は、『風土』から『草の花』へ展開する。

福永武彦の作品に、生と死、孤独と愛、現実と超現実、告別と邂逅、相対的なものと絶対的なものなどの要素に満ちている。福永武彦は愛の挫折、生の崩壊を通して、逆に、完璧な愛の理念を、生の理念を浮かばせようとする。高松麻美はの作品の中に、「孤独から生まれた愛の虚像」1の原型が福永の母であることが紹介される。福永の愛するものの理想像は、母親をもとにしているということである。福永の幼年時代を見て行こう。この文章では、福永武彦は母親との生活や母親の死と彼の作品を結びつけ、作品で表現された感情を分析する。しかし、一部を分析しただけで、彼の人生の他の経験について彼の創作活動に対してどのような影響を及ぼすことが詳しく説明されていない。

福永武彦は戦争を経験して人生の不幸な境遇に遭ったため、彼の作品にいろいろな要素がある。その主人公を通して自分の感情を表現した。『草の花』と

『風土』の中に、人物を通して「孤独」、「信仰」、「愛」というテーマが描かれる。『草の花』の主人公の汐見には兄以外の家族はいない。従って、常に孤独を感じられる。藤木忍と汐見は死を選択し、千枝子は他の人と結婚する。

『風土』では、「孤独に耐えている眼」2を持った少年久邇と道子の不安や寂しさを伴う幼い愛や、桂と芳枝の愛や、隠微の間に進展するとみられる桂への道子の愛などが描かれている。

本論文では、その孤独の問題は、『風土』から『草の花』への展開の中で、どのように定着されているのであろうか、これと福永武彦の人生の境遇にはど

1 高松麻美:『福永武彦「草の花」論――愛の不可能性と魂の救済――』,『筑紫語文』第 19 号,2010 年 10 月,32 頁。

2 津嶋高徳:『「草の花」の成立――「風土」との接点を中心に――』,『山口国文』第 10 号,1987 年 3

月,118 頁。

んな関係があるであろうかという問題を解決していきたい。現実生活では、多くの人間の優しさと醜さを見える。彼は人生に希望を持って、絶望も持っている。この二つの作品を分析し、福永武彦はどのように作中における登場人物の心理分析を通して創作したかを研究したうえで、福永文学の特徴をまとめていきたい。

第一章 福永武彦と福永武彦文学について

福永武彦は昭和時代の小説家で、フランス文学者である。1918 年 3 月 19 日、福岡県に生まれる。第一高在学中から詩作を始める。第一高等学校を経て、1941 年東京大学仏文科を卒業した。1942 年秋、東京開成中学以来の友人中村真一郎や加藤周一、窪田啓作らと新しい文学グループ「マチネ・ポエティック」を結成した。1948 年、詩集『ある青春』、短篇集『塔』、1952 年、長篇小説『風土』を発表し、注目を集める。1954 年、フランスの伝統的な心理小説と意識の流れの方法を交錯させたこの作品は、高く評価され、続いて書き下ろした長編『草の花』を刊行することによって文壇的な地位を確立した。以後、学習院大学で教鞭をとる傍ら『冥府』『廃市』『忘却の河』『海市』など、叙情性豊かな詩的世界のなかに鋭い文学的主題を見据えた作品を発表した。戦後、長い療養生活が続くが、旺盛な創作力は衰えず、その後の代表的作品に『忘却の河』、

『海市』、日本文学大賞を受賞した『死の島』などがある。現代文学ではまれなほど小説の方法が意識的で実験的であり、ロマンの創造に意欲的であった。ほかに毎日出版文化賞を受けた評伝『ゴーギャンの世界』があり、また加田伶太郎の名で推理小説も試みている。1961 年『ゴーギャンの世界』で毎日出版文化賞、1972 年『死の島』で日本文学大賞を受賞した。1979 年、彼はなくなった。福永の作品が世に認められる。

佐々木基一は「彼の作品から感受される意力的な生への意志は、あの意力的な孤独の詩人高村光太郎に近いものだ。」1と述べた。西田一豊の作品で『風土』と『聖家族』を比較すると、『風土』は心理小説と「意識の流れ」2小説との折衷した形として構成される。『風土』は堀辰雄の『聖家族』を下敷きに創作されたものであり、心理小説の形式を備えながら、登場人物自身の意識を直接に語らせる。川島晃の文章には、『風土』という作品は、何よりもその方法的探究自体が、「読者=他者」3との関係の在り方を模索する試みになったはずである。『風土』に描かれた桂は「他者」との関係を否定する方向でしか

1 佐々木基一:『中村真一郎 福永武彦』,『日本文学全集』第 81 巻,1973 年7月 8 日,435 頁。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接