アベノミクスが日本のマクロ経済に与える影響;论安倍经济对日本宏观经济的影响毕业论文_日语毕业论文

アベノミクスが日本のマクロ経済に与える影響;论安倍经济对日本宏观经济的影响毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

自上世纪八十年代末日本经济泡沫破裂以来,日本经济急剧下滑,再加上

2008 年世界性金融危机的影响,日本陷入严重的经济紧缩之中。为摆脱经济紧缩的现状,2012 年年末第二次安倍内阁上台后推行了一系列经济政策,被舆论称为安倍经济学。安倍内阁推行的一系列诸如量化宽松、日银大规模认购国债等政策对日本的宏观经济产生了不小的影响。虽然从某些方面看来,安倍经济政策对于日本的宏观经济并未产生实质性的影响,但却在一定程度上刺激了经济的运行,也算是取得了部分成效。为此,在交代日本经济现状之后,对于安倍经济政策对日本宏观经济的影响主要从部分重要经济指标的变动和宏观调控造成的经济差异的扩大两方面进行了论述。

关键词:GDP、“三支箭”、量化宽松、物价水平、可支配收入

要 旨

1980 年末の日本の経済バブル崩壊後、日本の経済は急激に下落していた。

2008 年リーマンショックの影響を加え、さらに厳しいデフレーションに陥った。デフレ脱却のために、2012 年末に第 2 次安倍内閣が発足後、「3つの矢」を中心とした一連の政策を掲げた。安倍内閣の期間中なので、この一連の政策はアベノミクスと呼ばれている。金融緩和や大幅の国債購入といった経済政策は日本のマクロ経済に相当な影響を与えた。実質的な効果が実現させていないが、ある程度に経済を刺激したのは事実である。そのため、日本の経済現状を紹介してから、主に重要な経済指標の変動とマクロコントロールにより生み出された経済格差の拡大という二つの面からアベノミクスがマクロ経済への影響を分析してみた。

キーワード:GDP、「3つの矢」、金融緩和、物価水準、可処分所得

目 次

はじめに 1

  1. 問題提起 1
  2. 先行研究 1
  3. 研究目的 2
  4. 研究方法と手順 2

第一章 アベノミクスとその背景 3

    1. アベノミクスと「3つの矢」 3
    2. アベノミクスが提出された背景 3
    3. アベノミクス提出後の日本経済の現状 4

第二章 マクロ経済の総量の分析 5

    1. GDP、総消費量、総投資額と政府支出 5
      1. GDP 5
      2. 総消費量 6
      3. 総投資額と政府支出 8
    2. 雇用と物価水準 10
    3. 国際収支と為替レート 11

第三章 マクロコントロールの分析 13

おわりに 15

参考文献 16

謝辞 18

はじめに

問題提起

バブル崩壊後、日本経済は「失われた二十年」と称されることもある。つまり、低成長を続けている二十年である。そして、その影響は今でも続いている。グローバル化の今では、どの国の経済変動でも世界経済に大きな影響を与えるかもしれない。

2012 年 12 月以降、第二次安倍内閣発足後、安倍内閣がデフレ脱却を目指す一連の政策を掲げて以来、日本経済がどうなるということは世界に注目されて いる。特に日本はわが国の隣国であり、日本の経済動向がわが国の経済にも影 響を及ぼすため、それを観察するのが我々にとっても重要である。なお、アベ ノミクスを中心とした経済政策が始まってから 5 年も経ったが、なぜ変わった 実感が薄いか。いったいアベノミクスによりどんな影響を起こされたか。それ が分かれば、我々の経済対策の提出には貴重な資料になるのではないかと思う。

先行研究

近年、アベノミクスが非常に注目され、いろいろな学者はそれについて様々な分析が行われてきた。

日本のマクロ経済の研究というと、その中には、具体的な経済指標を研究する人も、全体的な経済環境を解剖する人も多くいる。本論では、日本側の谷口洋志の『アベノミクスの経済政策』、矢尾板俊平の『日本経済再生と安倍政権の経済政策——アベノミクスの現状と課題』、吉川富夫の『時代背景から見たアベノミクスの政治・経済分析』と浜田宏一の『アメリカは日本経済の復活を知っている』などの学者の論説や、中国側の庞承斌の『浅议“安倍经济学”的目的』、李暁と王晗の『日本银行的量化宽松“新政”:特征,背景及其面临的挑战』、

陳剛の『日本财政政策视角下安倍经济学的逻辑和前景』と王志剛や周永剛や銭

成済の『经济刺激计划能否将日本带出通货紧缩泥沼?——基于安倍经济学的政策效果评价』などの学者の学説を参考した。

彼らはアベノミクスを多方面から詳しく論説し、日本経済の過去、現状とを注目し、日本経済の未来を展望した。

また、本論文では、先行研究を含み、日本の公式サイトからの図表やデータなどを参照し、『宏观经济分析实训:理论、方法与应用』に書かれた研究方法を参考し、各経済指標の間の関係を探し、日本のマクロ経済に与えた影響を分析した。

研究目的

本論文は、各方面の観点を研究して、主に日本のマクロ経済の指標がどう変動していたかを説明した。指標の意味と政策の作用を学ぶうえで、日本の社会経済を理解し、政策がどのように経済を影響するかを判断し、研究方法の改善を促進する。

研究方法と手順

本論文は「文献研究法」を採用し、先行研究を参考し、アベノミクスが主な経済指標に対する影響をまとめ、自分の考えも加え、第二次安倍内閣発足後の日本のマクロ経済の変動を紹介する。

まず、アベノミクスの内容や提出された背景と日本経済の現状を紹介する。次に、マクロ経済の状況は経済指標を通じて反映されるものと思われるので、

資料や学者たちの研究を参考し、経済指標の総量の分析を行ってみたい。なお、影響されていなかった指標もあるため、それはなぜアベノミクスの影響と認めなかったかとも分析する。

最後、経済指標以外、マクロコントロールについての内容も十分考えねばならぬ。従って、具体的な指標の評価ではなく、総合的のまとめを求める。

第一章 アベノミクスとその背景

アベノミクスと「3つの矢」

アベノミクスとは、日本の第 96 任首相の安倍晋三が 2012 年末登場してから実施された一連の経済を刺激する政策である。アベノミクスは拡張的な貨幣政策を採用し、市場に大量の資金の注入を通じて、インフレ率を上げさせ、円相場を低くし、輸出を増加し、物価を上昇させ、企業収益を高め、労働者の賃金を上げさせて、目指している「デフレから脱却して経済を活性化する」という経済政策目標を実現すると考えている。その目標は、具体的に年率 3%の名目

GDP(国内総生産)成長率を達成することである。この経済政策目標を実現するために3つの経済政策手段が順次発動される。この3つの経済政策手段の発動が「3 つの矢」と表現されるものである。1

「3つの矢」のうちの第1の矢は、「大胆な金融政策」であり、ときどき「異次元の金融緩和」と表現されることがある。第2の矢は、「機動的な財政政策」であり、その内容は歳出増を通じての需要創出である。第3の矢は、「民間投資を喚起する成長戦略」であり、その内容は規制緩和を中心に民間投資を刺激することである。2

アベノミクスが提出された背景

日本は 1980 年代末のバブル崩壊以来、金融緩和政策を実施し続けてき、利率を長期的に低位に保っていた。しかし、二十数年も経つと、日本経済はまだ 不景気やデフレーションから脱却していない。デフレと円高が続く背景の下で、消費者の消費支出は減少していて、企業は借金を申し込もうとしなく、銀行も 貸付けようとしない。特に 2008 年の金融危機以降、欧米諸国は金融緩和政策を実施した。その政策から湧いてきた巨額の国際資金が欧米市場より報酬率の はるか上のアジア市場へと進出した。国際資本の大量流入で日本円は巨大な円 高圧力に直面されている。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接