「走れメロス」とポジティブな太宰治;《奔跑吧,梅洛斯》与积极的太宰治毕业论文_日语毕业论文

「走れメロス」とポジティブな太宰治;《奔跑吧,梅洛斯》与积极的太宰治毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

太宰治作为日本战后无赖派作家的代表人物为日本乃至全世界所知。但作为近代日本文坛巨匠,除了《人间失格》和《斜阳》之外还有很多著作。太宰治的文风,大多数的读者认为带有自我否定、自我灭亡趋向的颓废风格。但是在太宰治的创作生涯中期,出现了一连串明快而又健康的作品。其中,《奔跑吧梅洛斯》作为代表作之一,它通过简洁有力的文字,表现出了人与人之间的信任和友情的美,被评价为“代表了太宰治文学中明快而健康一面的短篇小说”。本稿将通过介绍太宰治的创作生涯和他在创作《奔跑吧梅洛斯》时的背景,围绕着小说《奔跑吧梅洛斯》来探究太宰治在小说中展现出的明快而又积极的一面。

关键词:太宰治 《奔跑吧梅洛斯》 热海事件 明快 友情

要 旨

太宰治は、日本戦後無頼派の作家の代表として日本ないし世界に知られている。『人間失格』や『斜陽』を除いて、近代日本文壇の巨匠と呼ばれる彼の作品は実際に数多い。太宰の作風は、自己否定や自己破壊のような頽廃の作風だと数多くの読者に考えられている。しかしながら、太宰治の創作生涯の中期において、一連の明るくて、健康的な作品が出てきた。その中で、『走れメロス』は代表作として、人間の信頼と友情の美しさを、簡潔な力強い文体で表現し、太宰文学の明るい健康的な面を代表する短編だと評判されている。本稿は太宰治の創作生涯や『走れメロス』を創作する題材と背景を紹介し、

『走れメロス』という小説をめぐりながら、『走れメロス』における太宰治の明るさとポジティブネスを検討する。

キーワード:太宰治 『走れメロス』 熱海事件 明るさ 友情

目 次

はじめに 1

    1. 研究背景と目的 1
    2. 先行研究 1
    3. 研究方法と手順 2

第一章『走れメロス』の概説 3

    1. 『走れメロス』のあらすじ 3
    2. 『走れメロス』の位置づけ 4

第二章 太宰治と『走れメロス』 5

    1. 太宰治の紹介と評価 5
    2. 太宰治の生涯と作風 5
    3. 創作の背景 7
      1. 『走れメロス』とシラー『人質』 7
      2. 『走れメロス』と「熱海事件」 7

第三章 『走れメロス』から見られる太宰治のポジティブネス 10

    1. 『走れメロス』の言語と表現 10
    2. 『走れメロス』の文体 13

おわりに 14

参考文献 15

謝辞 16

はじめに

研究背景と目的

太宰治は、日本戦後「無頼派」の作家の代表として日本ないし世界に知られている。

『人間失格』や『斜陽』を除いて、近代日本文壇の巨匠と呼ばれる彼の作品は実際に数多い。しかしながら、多くの人々に知られているのが、彼の「無頼」の一面を持つ作品ばかりである。その故に、「自意識過剰のナルシシストで、放蕩生活の末に心中事件を繰り返した男」というステレオタイプの太宰治のイメージも多く見られている。しかし、太宰治の創作生涯の中期において、一連の明るくて、積極的な作品が出てきた。その中で、『走れメロス』は代表作の一つと言ってもよい。長部日出男は著作の『桜桃とキリスト』に、『走れメロス』が太宰治の作品の中で、特異な位置を占めると指摘している。本稿では、『走れメロス』から、太宰治の創作中期におけるポジティブネスを考察し てみようと思う。

先行研究

角田旅人(1983)は『走れメロス』の素材と原典を考察した。それで、『「走れメロス」材源考』において、角田は小栗孝則訳の『新編シラー詩抄』の『人質』から、『走れメロス』の表現と小栗孝則訳の『人質』の表現に重なるところが多いということや太宰治が小栗の訳文を大幅に活用していることが分かり、以下のようなことを明らかにした。

①太宰治は『走れメロス』の材料として、『新編シラー詩抄』(小栗孝則訳 改造文庫)に載る『人質』を使っているということ、この訳詩集だけで『走れメロス』の材料は全部そろっており、これだけで『走れメロス』を書き上げることができたということである。

②昭和十五年の前半期には、太宰はシラーに特別な共感を感じたから、小栗孝則の訳詩集を愛読し、そこからまた共感を生み出し、『走れメロス』を書き上げたと論じた。檀一雄(1964)は『小説太宰治』に、親友から見た太宰治を描いた。それに、彼と太

宰が一緒に熱海を旅行し、ともに金がなくなった時の苦しい体験を記録した。いわゆる

『走れメロス』の創作の発端と思われる「熱海事件」である。

奥野健男(1966)は、『太宰治論』において、太宰治の文学全体を俯瞰する視点で評

論した。また、太宰治の十五年間の作家活動は、前期、中期と後期に分けられると論じた。さらに、『走れメロス』などの作品とその時代の特徴を合わせて分析した。

研究方法と手順

本稿ではまず、『走れメロス』のあらすじを紹介し、全体的に『走れメロス』を概説する。次には、作家の太宰治の創作生涯を三つの部分に分け、それぞれの特徴や心境を紹介し、分析してみようと思う。また、先行研究を踏まえつつ、太宰治が『走れメロス』を創作する時の発端と背景を分析し、探究してみる。最後に、『走れメロス』の具体的な表現と文体を分析し、作者の太宰治が『走れメロス』の中にある明るさとポジティブネスを発掘してみようと思う。

第一章 『走れメロス』の概説

『走れメロス』(はしれメロス)は、太宰治の短編小説であり、1940(昭和 15)年『新潮文庫』に発表した。親友を身代わりとして、処刑前の三日間の猶予を与えられたメロスが、約束通りに走り帰る姿に、人間の心を信じられない王に信頼することの尊さを悟らせる物語である。

『走れメロス』のあらすじ

主人公のメロスは、妹の結婚のために買い物にシラクスの町に行ったが、町がいつもと違い、ひどく暗くなった様子にとまどい、市民に町には何が変なのかを聞いた。それは、ディオニス王が人を信じることができないために、多くの市民を処刑していたからだ。その話を聞き、怒りになったメロスは王城に入り、王を殺そうと決めたが、衛兵に包まれ、王のところで捕えられた。人間など自分のための生き物だから、信じるにはいけぬ、と言い切る王に対し、メロスは、人を信じるべきだと言い返した。最後、処刑されることになるが、メロスは妹の結婚式を行うために、3 日後の夕方までの猶予を請求した。その条件は、友人のセリヌンティウスがメロスの代わりに、人質として王城に留置する。王は、メロスが処刑されるために、二度と王城にもどってくるはずがないと思い、そんな条件を信じられなかった。しかし、王は人を信じるにはいけないことを明らかにしてやろう、という考えで、時限までメロスが戻らないなら、セリヌンティウスを磔刑し、その条件を許諾した。

メロスは妹の結婚式を急ぐために、急いで村にかえり、誰にも真実を言わなかった。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接