中日迷惑意識の比較――日常生活の中の言語行動を中心に 中日“麻烦”意识的比较——以日常生活中的言语行为为中心毕业论文_日语毕业论文

中日迷惑意識の比較――日常生活の中の言語行動を中心に 中日“麻烦”意识的比较——以日常生活中的言语行为为中心毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

随着全球化的推进,各国之间的交流也变得越来越密切。异文化交流之中, 存在着看上去相同,而实则又不同的地方。在日常生活中,不给别人添麻烦,有时会成为人与人交流之间的润滑剂,能够使人与人之间的交流更加顺畅。而不给别人添麻烦这一观点,在中日两国也深受到人们的关注。但是,在不同的文化背景之下,这一观点所表现出的行为也存在着差异。同时,随着社会的进步,时代的发展,如今这一观点也有所变化。本文通过对中日“麻烦”意识的比较,探知中日“麻烦”意识形成的原因以及两者之间存在的异同点。

比较中日“麻烦”意识,发现其中也存在着许多需要注意的地方。在日常交流中,如果不正确看待“麻烦”意识问题,很有可能会产生摩擦。影响到人与人之间的交流与协作。严重的甚至可能会影响到他人的日常生活。

与此同时,日本人也十分注重“麻烦”意识问题。对于我们日语学习者来说, 这也是非常重要的一点。因此比较分析两国“麻烦”意识的差异,在今后的日常交流中也能够有所重视。本论文在先行研究的基础上,以电视剧调查为中心,对中日两国的“麻烦”意识进行比较研究,希望能够对以后的两国交流起到一定的作用。

关键词:“麻烦”意识 语言行为 对比研究 电视剧

目次

始めに 1

  1. 先行研究 2
    1. 堀口和吉の「迷惑考」 2
    2. 張愚の「迷惑の受容」 2
  2. 日本と中国の迷惑意識について 3
    1. 迷惑意識とは 3
    2. 日本の迷惑意識 3
    3. 中国の迷惑意識 4
  3. 日本と中国の迷惑意識の比較 5
    1. ドラマに見られる迷惑意識の比較 5
    2. 迷惑の表現形式 8
    3. 迷惑意識の影響 9

4.示唆 11

終わりに 12

参考文献 13

謝辞 14

はじめに

社会を安全と平和に維持している根幹にあるものは法律である。ところが、我々の日常の生活には、法律に効かない場合も存在している。社会を円滑に進めていくため、法律と異なる社会規範を築く必要がある。いわゆるマナー、エチケット、道徳と呼ばれているものである。道徳の一環として「他人に迷惑をかけない」は、日本人が心がける価値観の一種になっていた。

一方、グローバル化が深まってているこの数年間に、異文化コミュニケーションすでに日常におけるコミュニケーションになってきた。異文化コミュニケーションが進んでいる時、きっと何かを無視できないことがあるだろう。日本語を勉強始めた時から、「他人に迷惑をかけない」という言語が心に残っていた。なぜ日本人が迷惑意識にそんなに関心を持っているのか。私はそんな疑問を持って、この論文を書き始めた。

張愚は迷惑を「中世後期以降になると、相手に対する不満、非難を表明する形容詞用法も見られるようになった。」と説明していた。今頃、現代社会が大きく変化していく。他人の行動から不快感を生じて、ストレスを感じさせられる時間も増加してきた。電車で通うとき、降りる人がいるのに、強引に乗り込もうとする人。車内でも、大きな声で話す人。駅の通路の真ん中で話し込む、人の流れを混乱させる人など。このように、行為者が自己の欲求満足を第一に考えて、他人に不快な感情をもたらすような迷惑行為が存在しているから、その現状を抑制するため、迷惑意識というものがみんなに注目されてきた。

本稿は関連資料を調べて、中日迷惑意識についての先行研究を見つけて、日本の迷惑意識の原因を考察した。その上で、例としてドラマの迷惑意識表現のシーンを取り上げ、中日迷惑意識の相違点を分析する。中日迷惑意識対照研究を通して、迷惑意識が今後の交流に特に、異文化コミュニケーションに役に立ちたいのが本稿の旨である。

先行研究

堀口和吉の「迷惑考」

堀口和吉(2009)は迷惑について研究を行って、迷惑の意味変化を考察した。そして、迷惑考を提出した。その中で、迷惑の最古の例を記録している。次のように書いていた。

『今のところ、和文記載の最古の例は「平家物語」巻五に見えるものである。朝敵の例を異国に尋ねる記述の中に、秦舞陽(しんぶよう)の逸話がある。秦の始皇帝の咸陽宮に参内したときに、その臣下から「舞陽謀反の心があり」と怪しまれが、その時同行した荊軻(けいか)が「舞陽まったく謀反の心なし、ただ田舎のいやしきにのみならって、皇宮になれざるがゆえに、心迷惑す。」』のように弁明したということである。

そのあと、堀口和吉は「出典は漢籍であろうから、それによった表現なのであろうが、ともかくもこの頃の和文における使用例を他に知らない。」と書いていた。平家物語が記録していた迷惑は、どうしてよいか迷うことを表す。いまと違うが、迷惑という概念が現れた。

張愚の「迷惑の受容」

周知の通り、日本語における漢語の多くは、古代中国の仏典や漢籍を利用して、長年にわたって日本語に移植、定着してきたのである。ただし、その定着の過程においては、時代ごとに意味、用法上の異同が多く見られ、「迷惑」もその一例と考えられる。また、その語義については、先行研究(堀口和吉)には、「皇宮になれざるがゆえに心迷惑す」で表しているように、ある厄介な物事に遭遇した第三者の困惑な心情を表す動詞用法として多く使われていたが、中世後期以降になると、相手に対する不満、非難を表明する形容詞用法も見られるようになった。また、現代共通語の「迷惑」には、もはや「平家物語」に見られた動詞用法は普通には使われなくなっているが、それに対し、前述の形容詞用法が様々な対人関係の場面に多用されている、現在まで使用され続けている。

「迷惑」という言語の用法変化によって、迷惑意識もだんだん根付いていく

ことがわかる。古代から、様々な変化に渡って、形になった。今、日本の社会にも「他人に迷惑をかけない」という考え方が根付いている。多くの日本人にとっては特に意識せずとも取れる行動だと言える。

迷惑意識の定義

迷惑意識とは

現在、「迷惑」という言葉は昔となかなか変わっている。デジタル大辞泉では、

①ある行為がもとで、他の人が不利益を受けたり、不快を感じたりすること。

②どうしてよいか迷うこと。とまどうこと。と解説している。

迷惑意識はその不快感を防いで、社会進歩を応じて、社会行動あるいはコミュニケーションをもっと円滑に進めるために、無形的に形成する一つの潜在意識である。「他人に迷惑をかけない」はその重要な一環である。迷惑意識はどこでも存在している。無意識な言葉と行為にも、人の迷惑意識が現れてきた。

ところで、どうして迷惑意識が注目されているのであろうか。

それが今の社会が大きく変わっているからである。そして、他人の行動から不快感を生じて、ストレスを感じさせられる時間が増加してきたからである。電車で通うとき、降りる人がいるのに、強引に乗り込もうとする人。車内でも、大きな声で話す人。駅の通路の真ん中で話し込む、人の流れを混乱させる人など。このように、行為者が自己の欲求満足を第一に考えて、他人に不快な感情をもたらすような迷惑行為が存在しているから、その現状を抑制するため、迷惑意識がみんなに注目されている。

日本人の迷惑意識

日本の社会には「他人に迷惑をかけない」という考え方が根付いており、多くの日本人にとっては特に意識せずとも取れる行動だと言える。日本人に「一番心掛ける価値観は何ですか」と聞いたら、最も多い答えは何だろう。「他人に迷惑をかけない」と考えられる。

日本の責任感教育には「他人に迷惑をかけない」が第一準則と言われている。日本では子どもの頃から「人様に迷惑をかけてはいけない」などと言われて育ってきた。人さまに迷惑をかけないように努力するのは大事である。または、日本社会は、集団意識が強い社会である。その集団意識の核心は「他人に迷惑をかけない」といっても過言ではない。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接