小学校における中日道徳教育の比較研究(中日小学阶段学校道德教育的比较研究)毕业论文_日语毕业论文

小学校における中日道徳教育の比較研究(中日小学阶段学校道德教育的比较研究)毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

随着现代素质教育的展fl,德育教育引起社会的广泛䎔注。其中,我国与日本的教育界针对小学德育教育阶段存在的问题做了大量探 索,并取得了一定的效果。

中日fl国在德育方面虽然有着相同之处,却又有着各自的鲜明特征,分析这些相同点与不同点,进而借鉴日本小学德育成功的经验, 对于进一步推进我国的德育理论与实践创新有着及其重要的影响。

本文试从中日德育的内容、目标和原则方面作比较分析,希望给我国小学德育工作一些启示。

关键词:德育教育 小学 中日比较

目次

はじめに 1

    1. 問題提起 1
    2. 研究目的 1
    3. 研究方法 1

第一章 中日道徳教育の概述 3

1.1道徳教育の重要性 3

1.2小学校における中国の道徳教育の発展 3

1.3小学校における日本の道徳教育の発展 4

第二章 小学校における中国の道徳教育 6

2. 1小学校における中国の道徳教育の内容 6

2.1.1伝統文化の中の道徳教育 6

2.1.2実際生活の中の道徳教育 6

2.2小学校における中国の道徳教育の目標 7

2.3小学校における中国の道徳教育の原則 8

第三章 小学校における日本の道徳教育 9

3.1小学校における日本の道徳教育の内容 9

3.1.1多元的な内容 9

3.1.2特別な活動 9

3.2小学校における日本の道徳教育の目標 10

3.3小学校における日本の道徳教育の個別化原則 11

第四章 中日の道徳教育の比較と啓示 13

4.1中日の道徳教育の比較 13

4.2中日の道徳教育の啓示 13

4.2.1個性の重要性 13

4.2.2実践の重要性 14

終わりに 15

謝辞 16

参考文献 17

はじめに

問題提起

現在、社会の急速な発展に伴い、教育理念も変化しつつある。この背景において、道徳教育はますます注目されるようになって、素質教育の役割はとりわけ重要である。

そして、長い時間で、中国社会においては、通常の教育は、試験を中心とする受験教育である。受験教育の発展に連れて、たくさんの問題が出て来た。例えば、生徒の進学のプレッシャー、生徒が知識を勉強するばかりなど。それは、深刻な問題になるだろうと思う。このままでは、生徒の道徳の発展に非常に不利である。それで、道徳教育を研究しようと思う。

しかも、中国と日本は、同じ儒教文化圏に属し、ほぼ同じ文化伝統を持っている。したがって、本研究は、中日の小学校の道徳教育を分析することで、日本の研究をふまえて、より具体的なアドバイスを提出してみるということである。

本論文は四の章から構成されている。第一章は道徳教育の重要性と発展を論述した。第二章は小学校における中国の道徳教育について論述した。第三章は小学校における日本の道徳教育について論述した。第四章は日中の道徳教育の比較と啓示を論述した。最後に、自分なりの結論を出した。

研究目的

本研究の目的は、中日道徳教育の現状を分析し、小学生の段階で、中国の道徳教育の特徴及び道徳教育の問題や進歩を発見し、日本の経験を勉強し、中国の道徳教育レベルを高めることができるよう希望する。

研究方法

本論文の主な研究方法は文献調査法である。

まず、データの収集を通じて、関連する書籍を読んで予備の知識を勉強し、関連論文を読んで、分野の最新動向を了解する。最新の調査データを研究し、インタネットで最新のポリシーを参照するなど方法で、中国と日本の道徳教育にさらに深く理解することができる。そして、関連性に基づいて、データを整合し、前の収集したデータを選び、論文に有用な情報を保留して整理する。最後に、収集されたデータに基づいて、研究を行う。

第一章 中日道徳教育の概述

.1道徳教育の重要性

道徳教育とは、道徳的な心情を育て、判断力・実践意欲を持たせるなど、道徳性を養う教育のことを日本では主にいう。1子どもの人格の発展に働きかけ、子どもを取り巻く諸問題を解決することを目指した教育のことである。

国家にとって、小学生は国家の未来で、彼らの観念、習慣や価値観は、自分 の将来を直接に影響するでけでなく、国家と民族の将来に大きな影響を与える。彼らに良い思想、ライフスタイル、習慣などを与えることは、国の発展に対し て非常に重要だ。

そして、生徒にとって、小学校の段階には、思想が初めて啓発し、模倣性と可鍛性もすこし強いので、知識とスキルの養成より、正しい観念を知らせ、正しい行動習慣を発達させるのはもっと重要である。換言すれば、学生が若いほど、「プロセスと方法」を実行するのが簡単だと言える。

.2小学校における中国の道徳教育の発展

改革開放以来の徳育教育の発展を見ると、大体以下のような四段階に区分しようと思う。次に、小学校の道徳教育の政策を述べる。

第一段階は、徳育教育改革の初期段階だと言える。まず、従来の教育の間違ったやり方を批判し、徳育教育が小学校教育における重要な地位を確立した。そして、教育部は小学校の思想政治教育の討論会を開催し、小学校の思想政治教育の強化を明らかにし、中小学校の教育は学生全体に向けて「三好」の原則に従う要求を提出した。その後、全国で「五講四美」の活動を提唱し、小学校は積極的に参加した。教育部は『小学生の守則』を公布し、小学校の学生行為規範に根拠を提示した。鄧小平は「教育は近代化、世界、未来に向けるべきだ」と主張し、それは徳育理念を変革する指導思想になった。

第二段階は、1984 年 10 月から 1989 年 1 月までの徳育教育改革が本格的に

1 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ 道徳教育

展開された段階である。この段階は思想戦の重なりで、徳育の従事者が学生に向け、学校の徳育を変革しなければならないという重要な示唆をもたらした。まず、『小学校徳育要綱』が発表され、そして、すぐに『中小学校徳育工作の改革と強化に関する通知』が発表され、中小学校の徳育は中国の社会主義初級段階の実際、中小学校の教育工作の実際、青少年児童の実際に基づくべきだと主張した。

第三段階は、1989~20 3 年の全面的な深化改革の段階である。第一に、社

会主義教育の任務を明らかにした。第二に、素質教育を展開し、学生の徳、智、体、美の全面的な発展を促進することを要求した。第三に、教育の重点は学生の革新精神と実践能力を育てることだと主張した。今回の教育工作会議は、中小学校が全面的に素質教育を推進するきっかけだけでなく、小学校の徳育の目標、任務、内容、ルートに新しい要求も提出した。

第四段階は、20 3 年から現在まで、引き続き深化している改革段階である。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接