日本の都市鉱山の開発が中国に与える啓示(日本的都市矿山开发对中国的启示)毕业论文_日语毕业论文

日本の都市鉱山の開発が中国に与える啓示(日本的都市矿山开发对中国的启示)毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

近年,随着经济的发展和人口的增长,电子垃圾带来的环境问题也日益严重。电子垃圾具有资源性和污染性的双重性质。如果正确处理,电子垃圾中的稀有金属可再次被使用,缓解资源紧缺的形势。如果处理不当便会成为巨大的电子垃圾。为解决这一问题,日本南條(1988)首次提出都市矿山这一概念。都市矿山即把过去使用过的工业制品作为可再生的资源重新利用,其存放地被称为都市矿山。即,从城市中废弃的电子产品中抽取稀有金属并进行循环利用的过程。这样,从都市矿山中回收资源并重新利用,不仅缓解对环境的污染,而且有助于资源的再次利用。但是和日本相比,中国还在许多方面还存在很多问题。因此,本文旨在探讨日本都市矿山产业的发展对中国都市矿山产业的启 示。本文,首先论述都市矿山的重要性,其次分析中日两国间都市矿山产业的现状,最后总结日本都市矿山产业的发展对中国的启示。

关键词:都市矿山 中日对比 启示

目 次

はじめに 1

    1. 中日における都市鉱山に関する先行研究 1
    2. 研究目的 3
    3. 研究方法と手順 3

第一章. 研究意義 3

    1. 資源の枯渇問題 3
    2. 電子廃棄物の環境への影響 4
    3. 都市鉱山の利点 5

第二章. 中日における都市鉱山産業の比較 5

    1. 日本における都市鉱山産業の分析 5
      1. 日本政府の法規政策 5
      2. 日本企業のリサイクル技術 7
      3. 日本国民の電子製品へのリサイクル意識 8
    2. 中国における都市鉱山産業の分析 8
      1. 中国政府の法規政策 8
      2. 中国企業のリサイクル技術 9
      3. 中国国民の電子製品へのリサイクル意識 10
    3. まとめ 11

第三章.日本の都市鉱山産業が中国の都市鉱山の開発への啓示 11

終わりに 12

参考文献 13

謝辞 15

はじめに

本章では、先行研究、研究目的、研究方法と手順を紹介する。

中日における都市鉱山に関する先行研究

中国では、都市鉱山に関する研究は筆者の調べる限りでは、肖(2009)、王

(2010)、劉ら(2013)、呉(2014)、孫ら(2016)などがある。肖(2009)は中国における電子廃棄物の回収処理に関する法規に着目して考察を行った。電子廃棄物の回収処理に関する法規について、法律を実際に実施する際の難しさ、各主体の責任の曖昧さなどの問題点を検討した。しかも、法規や政策の面から先進国の経験に基づいて中国への示唆を提出した。また、王(2010)は中国における電子廃棄物の定義、法規政策、現状、危害などを中心に分析し、海外における電子廃棄物の取り扱い方法も紹介した。電子廃棄物による環境問題の深刻になっている中国は今後先進国の経験から学ぶべき点をまとめた。一方、劉ら(2013)は現在よく使われている電子廃棄物を処理する技術をまとめ、そして、それぞれのメリットとデメリットを論じた。また、循環型の回収システムを構築し、環境への汚染を防ぐ同時に、生産から有害物の使用を控え、電子廃棄物の産出を減少すると提出した。呉(2014)は電子廃棄物に含まれた有害物の危害、先進国の電子廃棄物に対する対策、中国における電子廃棄物を処理する政策について検討した。さらに、孫ら(2016)は電子廃棄物の類型や回路基板の材料特徴を分析し、その回収方法や処理の現状と問題点を指摘し、更に都市鉱山産業の問題と今後の方向について考察した。電子廃棄物の利用率と回収率を高める同時に、環境への汚染を減少することが今後の課題だと述べた。

日本では、都市鉱山に関する研究は筆者の調べる限りでは、数多くの優れ

た研究が行われた。都市鉱山の起源についての研究は南條(1988)をはじめとみなされている。「都市鉱山」という言葉を初めて提出したのは南條(1988) である。地上に蓄積された工業製品を再生可能な資源と見なし、その蓄積された場所を都市鉱山と定義された。その後でもたくさんの研究が行われている。 原田(2009)、原田(2011)、原田(2012)、吉田(2010)、中村(2012)、中村

(2013)、齋藤ら(2016)などの研究が挙げられた。原田(2009)はレアメタルの現状を概観する同時に、その用途の広がり、資源供給のリスク及び都市鉱山とリサイクルについても考察を行った。今の国際状況の中で、資源の持続管理、即ち、自ら資源として利用できる対象を的確に管理していくことの重要さを論じた。また、原田(2011)は都市鉱山と天然鉱山との違い、都市鉱山の壁、都市鉱山開発の方向性及び都市鉱山における都市鉱石化技術とその位置について論じた。都市鉱山の開発には分散、廃棄物、コスト及び時代という 4 つの壁がある。それに、破解と濃縮による都市鉱石化は廃棄物とコストの削減に有効だと指摘した。更に、原田(2012)は、都市鉱山は何か、なぜ都市鉱山に注目するか、都市鉱山の場所、都市鉱山の利用のしかたなど都市鉱山の課題や方向性について論じた。都市鉱山が資源供給リスクに対する一つの対策として重視されていると主張した。吉田(2010)は、日本の神岡鉱業と世界で複雑鉱を処理できるとされる 3 社(DOWA グループ、Umicore、Xstrata)を取り上げ、都市鉱山業としての経済分析を行った。一方、中村(2012)は都市鉱山からの資源回収の意味と可能性について論じた。それに、都市鉱山を資源にする社会システムと技術をまとめた。また、中村(2013)はレアメタルのリサイクルの考え方を社会システムと技術に分けて、そして関連しながら記述した。齋藤ら(2016)は

2013 年 4 月実施された『小型家電リサイクル法』が手探り状態で行われてい

ると指摘した。より実効性の高いリサイクル制度を運用できるように、齋藤ら

(2016)は自治体と認定事業者の実態調査をもとに、日本における小型家電リサイクル政策の現状と課題を考察した。

研究目的

本稿では、中日における都市鉱山産業の発展と現状を分析した上で、日本の都市鉱山産業が中国の都市鉱山の開発に与える啓示や示唆を検討する。

研究方法と手順

本稿は、まず、先行研究を踏まえ、中日における都市鉱山の現状を分析した上で、日本の都市鉱山産業が中国の都市鉱山の開発への啓示を検討する。第一章では、本稿の研究意義、即ち、都市鉱山の重要性を論じる。第二章で は、政府の法規政策、企業のリサイクル技術及び国民のリサイクル意識という三つの面から、中日における都市鉱山産業の発展と現状を分析する。第三章では、第二章をもとに、日本の都市鉱山産業が中国の都市鉱山の開発への啓示を検討するという手順で研究を進める。

第一章.研究意義

資源の現状、電子廃棄物の環境への影響、都市鉱山の利点を紹介する。

資源の枯渇問題

経済を発展するには、資源が非常に重要な役割を演じる。人口の多い中国では、資源需要が年々増えているが、利用できる自然資源が徐々に乏しくなる。

「クロム、ニッケルなどの 8 種類の鉱産物の海外依存度は 70%以上、石油、ウラン、鉄まどの 12 種類は 40%~70%、石炭、天然ガス、鉛、錫などの 6 種類は 40%以下となる」1という結果が報告された(武ら 2016)。そのため、中

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接