从芥川龙之介作品看其前后期心境变化 ——以《罗生门》《鼻子》《齿轮》《蜃气楼》为例 芥川龍之介の作品から見られる前期と後期の心境差異 ——『羅生門』、『鼻』と『歯車』、『蜃気楼』を例に毕业论文_日语毕业论文

从芥川龙之介作品看其前后期心境变化 ——以《罗生门》《鼻子》《齿轮》《蜃气楼》为例 芥川龍之介の作品から見られる前期と後期の心境差異 ——『羅生門』、『鼻』と『歯車』、『蜃気楼』を例に毕业论文

2021-04-01更新

 

要旨

芥川龙之介是日本历史上大正时代的小说家。众所周知他很年轻却选择了死亡。他是一位给之后的小说家和年轻人很大影响的小说家。在他的作品之中,例如《罗生门》、《鼻子》、《蜘蛛之丝》、《杜子春》、《齿轮》、《海市蜃楼》等等很有名。为了纪念他作为小说家的业绩,设立了芥川龙之介奖,即使是现在,这也成为了小说家的目标。本篇论文是从芥川龙之介的前后期作品中各选两篇,分析他的心境,分析心境变化的推移,解析在那种差

异背后的原因。并且通过当时的社会背景和芥川龙之介的人生经历,分析他的那种心境的差异,同时试着分析是否和他的死有一定的联系。

关键词:芥川龙之介 心境变化 前期后期

要旨

芥川龍之介は日本歴史上大正時代の小説家である。若くして死を選んだことでも知ら

れている。その後の小説家や若者にも、大きな影響を与えた小説家でもある。作品には

『羅生門』、『鼻』、『蜘蛛の糸』、『杜子春』、『歯車』、『蜃気楼』などが有名である。小説家としての業績を記念して、『芥川龍之介賞』が設けられ、現在でも小説家の目標となっている。本論は芥川龍之介の前後期との二期に書いた作品から彼の心境を分析し、心境差異の推移を分析し、その差異の背後にある原因を解析してみる。また当時の社会背景と芥川龍之介の人生経験からその心境差異を分析し、彼の死に繋がるか同時に分析してみる。

キーワード:芥川龍之介、心境差異、前期後期

目 次

はじめに 6

  1. 問題の提起 6
  2. 先行研究 6
  3. 研究の目的 7
  4. 研究方法と手順 7 第一章 芥川龍之介の心境差異 8

.芥川龍之介の前期作品に反映された心境 8

    1. 『羅生門』から見た心境 8
    2. 『鼻』から見た心境 8
  1. 芥川龍之介の後期作品に反映された心境 10
    1. 『歯車』から見た心境 10
    2. 『蜃気楼』から見た心境 10 第二章 芥川の前後期における心境差異の比較 12 第三章 龍之介の前後期の心境差異の原因 14
    3. 大正末期の時代背景 14
    4. 芥川の人生経験 14 終わりに 16 参考文献 17 謝辞 18

はじめに

問題の提起

人間は死が怖くて、美しい命に未練が残る生き物である。しかし、昔から現代まで自殺して自分の命を絶つ作家が少なくない。その中、自殺して人生の中で出会う可能性のあるあらゆる残酷なことから逃げる人もいれば、精神上、芸術上の円満に達することを目的とする人もいる。ただし、彼らがこの世に残した文学作品は彼らの心を理解するヒントとなる。芥川龍之介は日本文壇で有名な大家として、その死を探求することも意味深い。

先行研究

日本において芥川に対する研究が多く行われている。例えば、吉田精一の『芥川龍之介』に伝記という形式で、全面的に芥川を解読している。山敷和男の『芥川龍之介の芸術論』には『無意識』がその後期文学の特徴であると指摘している。関口安義の『芥川龍之介とその時代』に芥川が生きていた時代、社会的背景から彼の芸術を分析している。

中国でも芥川龍之介と彼の作品を研究する人が多い。例えば、劉吟舟の『从奇异到平实——对芥川龙之介文学创作历程的一种读解(「不思議から質朴まで芥川龍之介文学の創作過程に対する解読の一種」)』に芥川の書き様の差異について述べた。董春芹が『芥川龍之介にある独特な個人利己主義に対する解読(解读芥川龙之介独特的个人利己主义)』に芥川の『利己主義』について検討している。車才良の『歯車から芥川龍之介の晩年の心境を読む(从〈齿轮〉看芥川龙之介晚年的心象)』という文には、『歯車』を元に芥川の心境分析を展開した。

国内外において、芥川龍之介に対する研究をあげれば、いくらでもあるが、その大部分は特定段階または特定スタイルを単一的に解読するだけで、芥川の前期と後期の作品を比較して、芥川の心境差異を明らかにする研究はあまりない。それにそのような研究をしようとしても、うわべだけで、深く行っている研究が非常にすくないのである。それ故、本論文は作品を通して、芥川の心境を深く検討しようと思う。

まとめて言えば、国内外に芥川龍之介の各作品とその芸術特色をめぐって展開した研

究資料が山ほどある。それらはともに本論文の参考になる。

研究の目的

芥川龍之介の前後二期に分けられた作品の内容と創作スタイルに大きな差異が見られる。彼の作品は前期の歴史小説を重点とするのに対して、後期には個人の精神思想と生活状態の私小説を創作した。その前後二期に見られる心境差異は芥川文学と彼の作品、より深めに彼の文学を理解するのに非常に役立つ。

また国内に芥川文学を研究する論文が多いが、前後二期の作品から彼の心境差異を研

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接