現代日本人の若者の嫌老現象に対する考察当代日本青年的“嫌老现象”毕业论文_日语毕业论文

現代日本人の若者の嫌老現象に対する考察当代日本青年的“嫌老现象”毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

近年来,日本社会的少子化、高龄化进程一直在加快,日本已经成为“老人之国”。到 2060 年,日本将进入超高龄化社会。我国自从改革开放以来,人口老年化也在加快。随着老人人数激增,将会有发生很多社会问题,还会给下一代的年轻人带来影响。

因此,本稿主要考察现代少子化、高龄化的日本年轻人中的“嫌老现象”。 从年轻人的角度出发,考察嫌老现象现状,分析嫌老现象的产生原因。通过对日本 20 岁到 30 岁的年轻人的问卷调查,分析他们对老年人问题的心理特征。在此基础之上,提出“嫌老现象”的解决对策,寻找“嫌老”到“敬老”之路,以及对同样存在嫌老现象的中国的启示。

【关键词】: 嫌老 少子化・高龄化 年化收入 年轻人心理 老人问题

要旨

近年、日本社会では少子高齢化の進展が加速している。日本はもうすでに「高齢者の国」と呼ばれている。更に、2060 年になれば超高齢化社会に入るという。一方、中国では改革して以来、高齢化進展も早くなってきた。老人の急増に伴い、様々な社会問題が起こるかもしれないと考える。また、次の世代に多少な影響を与えるに間違いない。

そのため、本稿は日本人の若者を中心に、嫌老現象の現状を考察し、嫌老現象が生じている原因も分析してみた。また、アンケート調査の結果を通して若者の老人に対する心理を明らかにさせた。その上、政府側、若者側、高齢者側から嫌老現象の解決策を提案し、嫌老から敬老への道を探求してみた。同様に嫌老現象が存在する中国に啓示を取り挙げてみた。

【キーワード】:嫌老 少子高齢化 年金 若者心理 老人問題

目次

はじめに 1

第一章 日本の嫌老現象 2

第一節 嫌老現象の時代背景 3

第二節 相模原障害者殺害事件に対する反省 4

第二章 嫌老現象の原因 6

第一節 アンケート調査 6

第二節 調査結果の分析 8

第三章 嫌老問題の解決策 12

第一節 経済面 12

第二節 政治面 12

第三節 世代間交流の促進 13

第四章 中国の嫌老問題の解決に対する啓示 15

おわりに 17

参考文献 18

謝辞 19

附録 20

日本人の若者が高齢者に対する態度のアンケート調査

はじめに

ke qi

——————————————–

脚注顺序有些乱,须调整

近年、日本社会では、少子高齢化は重要な社会問題だとされている。日本の総人口は平成 27(2015)年 10 月 1 日現在、1 億 2,711 万人となり、その中で

65 歳以上の高齢者人口は 3,392 万人となり、総人口に占めている 65 歳以上人口の割合(高齢化率)は 26.7%であるとしている1。急速な少子高齢化の進展とともに、老人の急増により、若者と高齢者の対立もますます深刻になってくるはずであろう。また、2016 年に発生した相模原障害者施設殺傷事件は 26 歳の青年が 19 人の障害者を殺害したという残虐な事件のことである。それをきっかけに現代日本人の若者の嫌老現象に関心を持ってきた。恐らく、日本の経済と社会と文化に影響を与えるに間違いない。

そこで、本稿は主に文献研究を通して、嫌老現象の原因を分析し、解決策を提案してみよう。また、実際に日本人の若者の高齢者に関する態度を知るために、日本人の若者(20 代から 30 代)を対象とし、アンケート調査を行ってさらに嫌老現象を探究したいと考える。

この問題の研究は国の経済発展を促進し、社会安定を保つことに役に立ち、更に、高齢化が進む我国にとって重要な研究意義があると思われる。

1内閣府(2016)『平成 28 年度高齢社会白書(概要版)/平成 27 年度高齢化の状況及び高齢社会対策の実施状況第一章/第一節高齢化の状況』

第一章 日本の嫌老現象

第一節 嫌老現象の時代背景

「嫌老」という言葉は『新明解国語辞典』2や『大辞林第三版』3に解釈や説明がない。しかし、字面的な意味から見れば、「老人のことが嫌い」という意味が判明できる。

昔の日本社会では、老人は尊敬されるべき対象である。例えば、『桃太郎』4 の桃を拾った老人夫婦などで、昔話に登場する老人が多い。また、日本の神様には老人を原型とする神様も少なくない。例えば、七福様の中にある寿老人は福禄寿のような神様として信仰されている。老人は「生活の知恵」や「亀の歳より甲」の存在として大切にされている。

いつから老人が嫌われてしまうのかというと、初めてこの言葉が載っている本は堺屋太一(2003)の『高齢化大好機』5である。高齢化社会をよく考え、よく知っておくべきであり、「好若嫌老」は近代工業社会の現象である、と指摘された。近代工業社会に入ると、経済発展と産業転換に伴い、経験より労働能力や新規機能の習得力が重視され、長時間の労働に耐えられる若者は工業社会にとって必要になる。逆に、老人は年を取っているため、体力が欠けている。 それに、近代医療技術の進歩で高齢者の人口数は急増し、少子高齢化の進展が早くなったため、年金や社会保障のような社会問題はますます深刻になる。若者の利益が損害され、高齢者との間に利益の対立が生じ、嫌老現象も広がってきたと考える。内閣府の「高齢者に対する差別や偏見」6という調査の結果によると、「あると思う」の 20 代、30 代の割合は 66.7であり、他の世代より高まっていると指摘している。

2山田忠雄(編集)及びその他(2011)『新明解国語辞典 第七版(日本語)単行本』三省堂

3松村明(編集)(2006)『大辞林 第三版(日本語) 大型本』三省堂

4福娘童話集『今日の日本昔話/8 月の日本昔話/桃太郎』http://hukumusume.com/douwa/pc/jap/08/01.htm

5堺屋太一(2003)『高齢化大好機』NTT 出版社

6内閣府.(2004)高齢社会対策に関する調査『平成 15 年度年齢・加齢に対する考え方に関する意識調査結果/第2章調査結果の概要/10 高齢者に対する差別や偏見(Q10)』

第二節 相模原障害者殺害事件の反省

一、相模原障害者殺害事件の経緯

2016 年に 26 歳の青年が相模原市緑区千木良にある知的障害者施設に侵入し、

19 人を殺害し、26 人を重軽傷に負わせたとのことである。その後、青年は、「首にされた憎み」と自白し、罪を認めた。その青年を批判するべきだったが、ネットのクチコミを通して、その青年の行為に賛成する若者が少なくないと言われている。「高齢者が早く死ねばいい」や「高齢者はただ国の資源を浪費している」は彼らの心の声と言える。

一方、その青年の行為は個別な現象であり、精神障害があると思う人がいる。その青年を責める時、若い世代の日本人に関心を持つべきであろうかと考える。殺害者はまだ希望と未来を抱くべき青年であるものの、なぜ 19 人も殺害して残虐な事件を起こしたのか。この事件の裏を見てみると、26 歳の青年が失業している状況は明らかで、障害者や高齢者への嫌感もみられる。青年が自分の無職の悔しさを障害者に押し付けようとするのではないかと考える。相模原殺害事件を通して、無職な青年と幸せな障害者(高齢者)の格差が見えてきて、若い世代と高齢者の矛盾が爆発した反映の一つと言える。つまり、日本社会のバランスが崩れているので、格差社会を解決しないと、これからまたそのような残虐な事件が起こる可能性があるかもしれない。

二、高齢化と若者の失業、貧困問題

現在、高齢者は高額な年金を持ち、豊かな生活を送っていて、もう社会的な弱者でなくなる。逆に、若い世代が失業や貧困の問題に直面し、経済的な弱者になりつつある。『労働力調査(基本集計)』7の結果によると、平成 28 年に、若年無業者8は,2016 年平均で 57 万人と,前年に比べ1万人の増加となった。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接