中国文化在日本的吸收与转化 ——飞鸟时代和隋唐时代的佛教建筑的比较研究日本における中国文化の受容と変容 ーー飛鳥時代と隋唐時代の仏教建築の比較研究毕业论文_日语毕业论文

中国文化在日本的吸收与转化 ——飞鸟时代和隋唐时代的佛教建筑的比较研究日本における中国文化の受容と変容 ーー飛鳥時代と隋唐時代の仏教建築の比較研究毕业论文

2021-04-01更新

 

要旨

从近年的新兴流行语爆买一词,到日本的动漫、流行时尚,当今中国社会有推崇日本产品的现象。本论文试图以日本飞鸟时代的佛教和佛教建筑为对象,对飞鸟时代佛教的输入和转化进行研究,并从中得到启发,针对如今推崇日本文化的现象提出看法。

隋唐时代中国迎来了佛教文化的隆盛期。而到了唐朝,虽以道教为国教,但贵族阶级已经接受了佛教信仰,佛教在受到保护的同时,产生了保护国家的作用。因此,唐朝设立了官寺。于此相对,佛教传入日本后,建立了飞鸟寺、四天王寺、法隆寺等家族寺庙,用于祈祷家族的繁荣昌盛以及驱除病痛。这一点,与隋唐时代的中国寺院有所区别。

佛教建筑方面,从岩石信仰转化到树木信仰是佛教传入的重要影响之一。飞鸟时代的佛教建筑以木造为主,由门、塔、金堂组成,这一点与隋唐时代佛教建筑相同。另外,云斗等装饰纹样也可以说是隋唐时代的传承。但是,飞鸟时代的佛教建筑绝不是仅仅是隋唐建筑的模仿,而是从建筑技术到美学意识等,有选择性的学习。

最后得出结论,某种外来文化能否成功被某个国家接受,某个国家应该吸收何种文化, 是根据该国的客观需求决定的。目前我国正处于高速发展时期,物质文化发展的同时,需要精神需求作为补充,而当今日本文化正迎合和这种需求。我们应该做的是取其精华,化为己用,使社会平衡发展向前。

关键词:飞鸟时代 佛教建筑 吸收 转化

要旨

近年の「爆買い」から、日本のアニメやファッションに至り、現在、中国では和風が流行っている。飛鳥時代の仏教建築を研究対象として出発、飛鳥時代の仏教文化の受容と変容を研究することによって、現在の中国における和風が流行っているの対応によいアドバイスを提出できないかと考える。

隋唐時代に中国の仏教は隆盛期を迎えた。唐王朝は道教を国教としていたが、仏教も貴族の信仰を受けていたので、保護されるとともに国家統制が加えられ、官寺や僧官が設けられていた。北朝以来の鎮護国家仏教が続いたと言うことができ、日本の国分寺制度や東大寺大仏建立もその制度を模倣したものであった。

仏教建築においては、仏教伝来の影響として、飛鳥時代が石文化から木の文化へ移行

してきたといえる。主要構成というと、門、塔、金堂からなるのは、隋唐時代と飛鳥時代との仏教建築の共通点である。また、装飾について、「雲肘木」「雲斗」の雲斗栱は後世には見られない形式で、隋唐時代の装飾模様の伝承であると考える。しかし、飛鳥時代 の仏教建築は、決して隋唐時代の模倣のままではないと考える。建築技術から、美学意識まで、単の唐風崇拝ではなく、選択的な態度をもって、受容してきたのであると考える。

結論として、一種の外来文化がある国に受け入れられるか、この国にどんな文化を輸入すべきかは、その国の客観的な需要が前提である上に、輸入された外来文化はその需要に答えることなのである。今の中国は、高速発展期になっているので、文化栄養の補充が求められている。それに対して、日本文化はこの需要に応じて、中国に輸入されてきたのである。したがって、日本文化の良さを受容し、社会のバランスを維持するエネルギーと変容すべきなのである。

キーワード:飛鳥時代、仏教建築、受容、変容

目次

はじめに 6

  1. 問題提起 6
  2. 先行研究と研究目的 6
  3. 研究方法と手順 7

1 章 隋唐時代と仏教 8

  1. 隋唐時代と仏教の発展 8
  2. 隋唐時代と仏教建築 8

2 章 飛鳥時代と仏教 10

  1. 飛鳥時代と仏教の受容 10
  2. 飛鳥時代における仏教建築の信仰意識 11

3 章 隋唐時代と飛鳥時代の仏教建築の比較 12

  1. 建築様式 12
  2. 美学意識 12
  3. 自然観 13

4 章 飛鳥時代の仏教建築からの発想 14

  1. 隋唐時代の仏教建築からの変容 14
  2. 受容された異文化の伝承と保存 14 終わりに 16 参考文献 16 謝辞 17
  3. 問題提起

はじめに

近年に、日本のメディアに爆買いという用語は頻繁に表れていた。1 主に、来日した中国人観光客が大量に商品を購買することを表している。近年のユーキャン新語・流行語大賞の年間大賞に選べられてきたことになった。

日本の歴史上に、中国側から文化の輸入時期もいくつも存在しているが、もっとも注意すべきなのは、仏教文化の受容だと思う。仏教は日本文化の中で、相当な地位を占めているといわれている。飛鳥時代における仏教文化の受容と変容を研究するには、現在の中国における和風が流行る対応によいアドバイスをあげるではないかと考える。したがって、飛鳥時代の建築に仏教の影響を強く反映して、今も追跡できるから、飛鳥時代の仏教建築を研究対象として出発、仏教の受容と変容を研究したいと思う。

  1. 先行研究と研究目的

中日の仏教建築に対する比較研究については、多くの研究があげられる。劉暁路『中日文化研究文庫日本美術史網本』、王剣『日本伝統芸術宗教建築』がある。また、日 本側では、日野健、長井信一の『日本美術簡史』などがある。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接