日本中学生自杀现象研究;日本における中学生の自殺に関する研究毕业论文_日语毕业论文

日本中学生自杀现象研究;日本における中学生の自殺に関する研究毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

除了壮美的富士山、精致的和服以及严谨的工作态度,日本更以其位居世界前列的高自杀率而闻名全球。而当代社会学奠基人埃米尔·杜尔凯姆认为:“自杀主要不是取决于个人的内在本性,而是取决于支配者个人行为的外在原因”。

如今研究日本人自杀的著作就很多,青少年的自杀也引起了全日本的广泛重视,本文从社会,校园,家庭以及多方面对日本中学生的自杀展开研究,探明中学生如此之高的自杀率将给家庭和社会带来的影响。不仅在日本,全球各地都被自杀这个问题困扰着。中国也有类似的问题,中国的中学生自杀率也不低。本文还将比较中国中学生和日本中学生的自杀现象,并研究各自产生这些现象的原因。

关键词:自杀 中学生 校园欺凌 社会传统 家庭不和

目 次

  1. はじめに 1
    1. 問題提起 1
    2. 先行研究 1
    3. 研究の目的 2
    4. 研究方法と手順 2
  2. 日本における中学生の自殺現象 3
    1. 中学生自殺に関する報道 3
    2. 中学生自殺の現状 3
  3. 日本における中学生の自殺の原因 5
    1. 社会の伝統 5
    2. いじめる問題 6
    3. 家庭の不和 7
    4. そのほかの原因 8
  4. 日本における中学生の自殺の影響 10
    1. 家庭への影響 10
    2. 社会への影響 10
  5. 日中における中学生の自殺比較 11
    1. 中国における中学生の自殺現象 11
    2. 日本と中国の比較 12
  6. おわりに 14

参考文献 15

謝辞 16

はじめに

問題提起

日本は少子化問題が深刻であるが、自殺率も国際的に有名である。学校のリスク研究所の調査研究を通じて、日本の全体の自殺率を制御するが、中学生の自杀倾向は深刻になっている。2015 年には中学生の自殺案は 100 件を超えて、過去最高となっている。今でも、自殺率が増加し、例えば、夏休み、春休み、ゴールデンウィークなどの連休をはじめ、学校の長期間の休みが終わった後、学生の自殺報告がたまたまある。このような背景から,本稿日本の中学生が自殺する理由を見てみたい。そして、中国にも同じような状況がある。その原因も探ってみたいと思って、このテーマに決めた。

先行研究

近年、日本の中学生の自殺率は大幅に上昇し、19 歳以下の中学生の自殺率は毎年 25%の速度を成長している。清水寺などは自殺の拠点となっている噂もあったようである1。これに関する研究も多くなされている。その中に、李建軍の「日本青少年自殺行為的特点」は代表的なものである。それによると、日本の靑少年の自殺率は現代国家でも高く、戦後に日本の靑少年の自殺率も増加の勢いを呈上する。戦争の時以外、日本は自分の手に死す数は他人の手をはるがに越えている。この十年近く、日本は平均 20 分に1人が自殺している。一方、、日本の自殺事件の実際の数字は公式発表の数字を大きく超えている。アメリカ社会学者のE ・斯登格尔は、自殺事件が実際に公式発表の 3-5 倍になると分析した。死者や家族の名誉のため、生命保険や交通事故による自殺はほとんど統計されていない。

また、『青少年のための自殺予防マニュアル』が出版され、自殺の現状を変えようとしている。自殺未遂者は、少なく見積もっても既遂者の 10 倍は存在すると言われる。このような背景から、2006 年には自殺対策基本法が成立し、

2007 年には自殺総合対策大綱が発表された。近年,いじめ自殺が大きく取り上

1 清水寺は京都東部の音羽山の中腹にある。778 年から始まり、京都最古の寺院である。

げられ,学校での対応,家族,医療機関,地域社会との連携の重要性が認識されるようになった。本書では,学校における相談体制,教師のためのバーンアウト対策にも言及し、現場で働く人々のニーズに応えようとしている。

研究の目的

本稿は日本の中学生の自殺現象を研究して、そして中国の自殺現象と比較するつもりである。中学生の自殺現象への分析を通して、その背後の原因を解明したい。そのうえで、日本人の教育理念、日本の中学校におけるいじめる問題や日本の自殺伝統などを深く理解するつもりである。

研究方法と手順

本稿はまず、「文献研究法」を採用し、先行研究を参考して、日本の中学生の自殺の原因を見る。関連する文献資料を調べ、中学生の自殺行為に関する部分を詳しく分析する。次に、インターネットで関連するデータを頼りに、真実のデータで論文の科学性と正確性を増加する。そして、文献資料と結合して、中学生自殺の全体像を把握する。また、論文の現実的な意義を引き出すために、中国における青少年の自殺と比べる比較法を取る。これによって、両国における青少年の共通する自殺原因を見つけたい。

日本における中学生の自殺現象

中学生自殺に関する報道

日本の「産経新聞」の報道によると、2016 年 8 月 26 日の午後、日本松戸市 の県立高校の女の子(18 歳)が松戸市秋山北総鉄道秋山駅で自殺した。また、

『朝日新聞』の報道によると、日本の青森県の東北町中学校一年の男子は今年

(2016 年)の入学前の 8 月 19 日に家で昏睡状態のまま発見され、病院への途中で亡くなったそうである。この町教育委員会によると、死者は生前、遺書を殘し、「殘念ながら、もしいじめがなければ、私はやはり生きたい」書いた。また、『読売新聞』の報道によると、2016 年 8 月 25 日に、青森市立中学校 の2年生は日本の奥羽線北常盤駅で列車に軋み緻死された。遺族によると、死者の携帯電話のメモはニュースを殘した。「私をいじめないでください」と書いてあった。彼女の携帯電話の即時通信ソフト LINE で、かつてからクラスメ

ートの悪意の中傷を受けていたそうである2。

さらに、『朝日新聞』の報道によると、日本の文部科学省の調査結果では、毎年夏休みの終わりに、多くの学生は自殺傾向がある。2015 年に日本の中学生の自殺者数は 102 人で、17 年ぶりに 100 人を超えている。厚生労働省によ

ると3、2015 年の全国の自殺の総人数は 24025 人で、約 6 年、日本の自殺者数が減り続けているが、日本の靑少年の自殺率はかえって上昇し続けている。

1980 年以後からの自殺について見ると、2015 年の日本の 10 万人の中学生のなかに、2.94 人は自殺し、史上最高である。

中学生自殺の現状

じつは、中学生の自殺は、2015 年に入ってから 9 月までに、すでに計 77 件

(暫定値。2014 年は 9 月までに計 76 件)発生している。8 月に 12 件、9 月に

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接