『七人の侍』から見られる日本の武士道;从『七武士』看日本的武士道毕业论文_日语毕业论文

『七人の侍』から見られる日本の武士道;从『七武士』看日本的武士道毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

1954 年 4 月 26 日电影《七武士》在日本公开上映。导演黑泽明,主演三船敏郎和志村乔等。电影以日本战国时代为舞台,描述了贫穷百姓为了保护家园,与雇来的七位武士跨越了阶级差异等种种矛盾,联手击退强盗的故事。

论文通过对《七武士》这部作品的分析,剖析了对日本人产生重大影响的武士道精神。武士道精神不是个人主义,重视忠义,将君主、国家和社会放在比个人重要的位置,在只追求个人权益而不愿意履行义务的现代社会,是非常难能可贵的。在距今 700 多年的时间里,武士道精神作为武士们的行动参考依据而受到推崇,拥有着旺盛的生命力,而且也成为日本人的精神支柱。武士道精神中的精华和糟粕都已经成为日本人无法分割的一部分。

关键词:武士道 黑泽明 《七武士》 忠义 影响

I

要旨

『七人の侍』は、1954 年 4 月 26 日に公開された日本映画である。監督は黒澤明、主演は三船敏郎と志村喬である。日本の戦国時代を舞台とし、野武士の略奪により困窮した百姓に雇われる形で集った七人の侍が、身分差による矛盾を乗り越えながら協力して野武士たちと戦う物語である。

この作品の分析を通し、日本人に大きな影響を与えた「武士道」精神を論じてきた。武士道精神は個人主義ではなく忠義を重んじ、主君、国家、社会を個人より上位に置く思想は、権利を主張して義務をはたさない現在社会では尊い精神である。過去 700 年の間に、武士道精神は武士の行動準則として長い生命力を持つようになり、すでに日本人の精神的な支え柱になっていると思われる。武士道精神の中のかすも精華も、日本人か

ら分離できない部分になっているのである。

キーワード:武士道 黒澤明 『七人の侍』 忠義 影響

II

目次

はじめに 1

    1. 先行研究 1
    2. 研究目的 1
    3. 研究方法と手順 2

第一章 『七人の侍』の分析 3

    1. 映画監督の黒澤明について 3
    2. 『七人の侍』の評価と粗筋 3

第二章 『七人の侍』から見られる武士道の思想 6

    1. 『七人の侍』の侍たち 6
    2. 映画における武士道精神 7

第三章 日本の武士道の歴史と影響 8

    1. 武士道思想とは 8
    2. 近世における武士道 9
    3. 近代における武士道 9
    4. 武士道が今に与えた影響 9

おわりに 11

謝辞 12

参考文献 13

III

はじめに

『広辞苑』によれば、「武士道とは日本において武士の間に形成された道徳。鎌倉時代に始まり、江戸時代、儒教、特に朱子学に裏づけされつつ発展し、明治維新後国民道徳として強調された。主君に対する絶対的忠節を重視し、犠牲・礼儀・質素・倹約・尚武などが求められた。」武士道は日本における一種倫理思想、特に武士の社会道徳の規範で、長い歴史の発展中で形成した独特な思想である。今現在で日本および諸外国で語られているような武士の道徳や美徳としての体系だった「武士道」は、結局は近代に作られた、拝金主義や唯物主義といった個人主義に対するアンチテーゼとしての「思想」に過ぎないという意見もある。

先行研究

多くの研究者の努力のおかげて、日本の武士道の本質が徐々に明らかになってきた。しかし、今までの研究は触れていない問題がまだ残っているようである。武士道の概念の曖昧なように見え、武士道の伝承に対する保護政策などに関する深い研究も少ないように気づいた。

船津(2003)は武士道の発展及びその表れを述べた。具体的には、上代における武人精神、平安時代後期における武士階級の台頭、鎌倉時代の武士階級、室町から戦国時代 の武士、江戸時代の武士道など武士道の歴史的成立過程から考察した。さらには幕末に おける武士の思想の変化、武士階級消滅への諸改革及び事件、明治初期における士族階層、明治の武士道の新しい流れなど幕末から明治期における武士階級の変遷を考察した。

研究目的

本研究の目的は、黒澤明の作品の分析を通し、日本人に大きな影響を与えた「武士道」精神を論じることである。まず日本文化の基本理論知識を論ずる。黒澤明の作品の特徴を述べる。『七人の侍』から見られる日本の「武士道」精神に対して深い理解と分析を行い、「武士道」の意味、古典文化にみられる「武士道」像の考察および現代に生きる「武士道」などから、日本人が持っている精神「武士道」を論じる。「武士道」精神は日本人に大きな影響を与えた。同時に、どのような環境のもとに黒沢明が成果をあげたか、彼の人生にどんな経験をして初めて、人々にびっくりさせるような佳作を完成

1

したのかも分析する。さらに、「武士道」の分析を通じて日本人の根底にある精神を明らかにする。

研究方法と手順

まず、本稿は「文献研究法」を採用し、先行研究を参考し、日本の武士道に関する定義をまとめ、映画や歴史資料の考察に基づいて、日本の武士道の発展を分析してみる。また、今、武士道は現代社会に与える影響を分析する。自分なりの考えを加え、より具体的に検討しようと思う。

2

第一章 『七人の侍』の分析

映画監督の黒澤明について

黒澤明は、日本の映画監督、脚本家である。1910 年に生まれて、1998 年に亡くなった。映画史の中でも最も重要かつ影響力のある監督の一人である。ダイナミックな映像表現とヒューマニズムに徹した作風で、『羅生門』『生きる』『七人の侍』など 30 本の監督作品を生み出し、アカデミー賞とヴェネツィア、カンヌ、ベルリンの世界三大映画祭で受賞した。小津安二郎、溝口健二、成瀬巳喜男らと共に世界的にその名が知られ、日本では「世界のクロサワ」と呼ばれる。

映画監督として初めて文化勲章受章、文化功労者顕彰、東京都名誉都民選出、贈従三位、贈国民栄誉賞、1990 年に日本人初のアカデミー名誉賞を受賞した。アメリカ映画芸術科学アカデミー会員でもある。

黒沢明の映画作品は濃厚な日本文化を表していると思われる。彼の映画を通して、日本文化が中国へと伝えられ、中国に大きな影響を与えている。全世界の映画界に重要な位置を占めている黒沢明の作品は日本の豊富な伝統文化を背景にし、日本の独特的な文 化を伝えているので、かなりの人気を集めた。黒沢明は日本の武士生活を対象に多くの作品を作った。彼は強い風格で日本精神を表現し、男性の強さを表した。彼の作品を見ると、情熱と強い衝撃を感じることができる。黒沢明の映画の特徴は広大な画面と日本の伝統文化の強烈な表現であり、独特な手法により、場面の広さを強調し、鮮明なキャラクター、強いリズムとクローズアップシーンを活用し、視聴者に心の感動も視覚的な効果も楽しめる。黒沢明の映画は独特な風格により多くの人々の注目を集めている。しかし、中日文化の差異がよく理解できないため、映画の理念が分からない中国人の視聴者もいると思われる。

『七人の侍』の評価と粗筋

この映画は当時通常作品の 7 倍の製作費をかけ、何千人ものスタッフ・キャストを集め、1 年余りの撮影期間がかかったが、興行的には成功し、700 万人の観客を記録した。監督の黒澤明が初めて複数のカメラで同時に撮影する方)を採用し、望遠レンズを数多

く使用した。さらにはダイナミックな編集を使い、豪雨の決戦シーン等迫力あるアクシ

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接