親族呼称の尊称から見られる日本の人間関係(从亲属称谓的尊称看日本的人际关系)毕业论文_日语毕业论文

親族呼称の尊称から見られる日本の人間関係(从亲属称谓的尊称看日本的人际关系)毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

日本,是中国一衣带水的邻邦。它的社会关系和中国十分相似。表现在亲属称谓方面, 可以分为普通的称呼和敬体称谓。此外,称谓语主要分为自称、对称、他称三类,并伴随有从儿从孙等借位的称呼。

在对敬体称谓进行研究的过程中,首先,翻阅了大量的资料,从前人的研究成果中寻找可以借鉴的方法和可以进行研究的角度。其次,在书籍、影视剧中寻找可以表现出日本人际关系的敬体称谓的特例。

从研究中可知,对爱人的父母的尊称,表现了家庭关系的亲疏和内外观念,以及男女不同的性格特点;对兄长的不同的尊称,不仅表现了家庭关系的长幼次序,还传达出作为弟弟对兄长的崇拜及敬意;对没有血缘关系等亲属的称谓,表现出中日两国不同的家庭伦理观: 中国以孝为先,而日本则更重视忠这一观念;夫妻之间的尊称,不仅是社会地位的体现,也表现出男女间的尊卑位置关系。

在这一研究过程中,可以略微窥见日本的人际关系和社会文化。

关键词:亲属呼称、家庭关系、社会文化

目次

  1. はじめに 1
    1. 背景 1
    2. 先行研究 1
    3. 研究目的と方法 3
  2. 親族呼称の紹介 4
  3. 親族呼称の尊称から見る日本の人間関係 5
    1. 「お父様」と「お母様」の用法 5
    2. 「兄貴」の用法 6
    3. 「義理の姉」の用法 6
    4. 「ご主人」「旦那様」と「奥様」の用法 7
    5. まとめ 8
  4. 終わり 8

参考文献 8

謝辞 9

はじめに

背景説明

日本とは、千百年に中国と海を隔てて眺めるている。同じ東亜漢文化圏に属して、日本の言語と文字は漢字から変化されたものと知られている。なので、社会関係に関しても中国とよく似ている。しかし、日本特有の自然地理環境や近代から西方文明を吸収していることから、そういう似ている部分もあれば、異なるところもあると考えられる。

中国の親族呼称は直系血縁関係だけではなく、傍系血縁関係も重視している。それに対して、日本の親族呼称は直系血縁関係だけを重視している。彼らの直系親族に対する呼称は中国と同じように、詳しく区分されている。だが、傍系親族への呼称は英語圏と似ていて、詳しい分別がない。例えば、「おじさん」と「おばさん」はた親族を呼ぶとき広く使われている。

それに、家庭を核心とする中国伝統文化に影響され、息子と孫に従う表現は親族呼称の普遍化である。

なぜそういう違いがあるのかというと、それは文化伝統や民族性格あるいは教育方式に大きく関わっていると思う。今回親族呼称の尊称を研究課題として、調査する。また、親族呼称の尊称から、日本の人間関係を覗きたいと考える。

先行研究

1.2.1 卢万才 (2013)

呼称語は人称に従って、自称(私)、対称(あなた)、他称(おやじ、おふくろ)の三種類に分けられている。また、社会関係に従って、社会通称、親族呼称、職務呼称、職業呼称、名前呼称の五種類に分けられている。この五種類をもとに、中日呼称語の礼儀功能を対照し、分析した。例えば、パン屋さんの店員は男性のお客様を「社長」と呼ぶ。スーパーマーケットの係員はショッピングしている主婦を「奥様」と呼ぶ。

また、親族呼称は直接と間接の両方面に分かれている。

直接の面で、「~さま」や「~さん」などの表現を使い、尊敬の意味を表す。そのほか、一番年下の家族メーバーの視点から、夫婦の間に、お互いに「お母さん」と「お父さん」を呼ぶ。これは普遍化現象である。間接呼称は謙称を使い、「おやじ」、「おふくろ」などが挙げられる。

それに、非親族を対象としている場合、虚構親族呼称も使われる。なので、若い女性を呼ぶ場合、「お姉さん」という呼び方が多く使われている。

この研究では、中日呼称語の礼儀功能を詳しく比較したが、日本の親族呼称用語体系の紹介ははっきりされていない。

1.2.2 陈俊达 (2014)

日本語親族呼称体系は語義の面では中国と類似する。直系親族部分は中国語の用法を継承し、傍系親族部分は英語の用法を継承したと言われている。作者は親族呼称を列挙する時、義理の姉、義理の兄、義理のおばさん、義理のおじさんなどを列挙した。だが、実は現代の人間はあまりそんな複雑な呼称を使わない。書面呼称のなかでそういう表現はまだ存在しているかもしれないが、口語の中ではほとんど見られない。

そのほか、作者はアメリカ人学者が世界範囲で創立した六種類の親族呼称を紹介した。その中に、日本人の親族関係はアウキモー親族呼称制度に属する。この制度の特色は父系、母系、直系、傍系を略し、尊卑輩分だけを強調することである。それに、核家族を強調し、男女の平等地位を重んじて、ほかの親族呼称を弱化された。

日本語親族呼称の語意部分には語意対称性という特徴がある。性別や世代などを区別する語意功能があれば、婚姻関係を表示する功能も持っている。

1.2.3 王庆美 (2014)

王(2014)は中日親族呼称語は共通点と相違点がある、主に、性別区分意識や内外区分意識、上下尊卑意識や長幼序列意識に依存している、それは民族間の社会文化に関係あると述べた。

しかし、この研究の結果は尐々はっきりさていない部分がある。特に、日本の各種類の呼称語を使うときの日本人の意識を紹介する時、中国との分別は曖昧である。

1.2.4 康俊英 (2015)

呼称は言語交際の重要な要素である。これは最も直接的に人間の社会関係と社会地位を反映する。集団意識を強調する日本文化の中で、社会の内部構造と人々の睦まじさを重視する。つまり、集団の「内」と「外」の区別を重視している。語彙関係の中で、「対等」と「権勢」は話の礼儀と親密度を決め、社交距離も決める。権勢差別と心理距離は大きいほど話の中での敬意も深くなる。また、集団内の上下関係は年齢と社会地位で決められる。しかし、集団外の場合、大体自分を低くすることによって、他人を高くさせる。それは基本的なやり方である。

1.2.5 司志武 (2007)

日本は礼儀に厳しい民族で、この現象の後ろに、武士社会から今までの歴史の中、武士道の価値観念が形成された。武士道は儒教、仏教、神道教のもとで発展してきた道徳標準である。日本人は優しい挙止に力が蓄えられていると考えるため、道徳訓練が欠かせないものと考えられている。

欧米は個人の社会属性:名前や学歴や職業や社会地位などを重視する。日本は地域や組織などのフレームのような立場を重視する。こんな例がある、例えば、有名な会社の社員に合う時、则めは、有名な会社だから尊敬する、社員としてもそのまま敬意を移され、尊敬する。作者の観点は:武士社会の中で、所属の宗主、派系は则めに重視された、そのあと、内部の上下関係を重視された。

日本武士道の礼の観念や日本のタテ式社会の人間関係など、日本語の敬語の使用に、内外の違い、上下の分別、親近と疎遠など三つの社交原則がある。例えば、先生と話す時、

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接