日本人の恩恵意識について——授受動詞の使用を中心に(恩惠意识下的日语授受表现——以授受动词的使用为中心)毕业论文_日语毕业论文

日本人の恩恵意識について——授受動詞の使用を中心に(恩惠意识下的日语授受表现——以授受动词的使用为中心)毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

日本人在交际方面的“心理恩惠授受”价值观念早已深植于日本社会及其传统文化中恩惠意识下的授受表达是日语中非常有特色的表达形式之一,它不仅能反映出日本的文化特征也体现了日本人所特有的思维方式,同时也是日语语法研究过程中的一个难点 本文从日语学习者的角度出发,把现代日语授受动词的使用作为研究对象,通过对知识点的归类整理分析恩惠意识产生的原因 介绍了日本人恩惠意识下授受动词的使用情况,并进一步探讨了恩惠意识对授受动词使用的影响以及学习策略 对日语授受关系表达已取得的成果的基础上,从“恩惠意识影响”的角度出发,运用语用学¸社会语言学的理论与方法,对日语授受动词的使用进行了初步的探索与研究,从而揭示日语敬意意识的社会,文化及心理的根源

关键词: 恩惠意识 授受动词 上下 内外

摘 要

日本人はコミュニケーションする時¸本心理恩恵授受]という価値観念は古く から日本社会と伝統文化の中で深く存在している 恩恵意識下の授受表現は¸ 日本語の中でとても特色がある表現形式の一つとして¸日本の文化の特徴を反映するだけでなく¸日本人特有の考え方をあらわす その上¸日本語の文法も研究するときに一つの難点である 本文は日本語学習者の視点から¸現代日本語授受動詞の使用を研究対象として¸知識の分類と整理を通じて恩恵意識が生まれた原因を分析する 日本人の恩恵意識の下の授受動詞の利用状況を紹介し¸ さらに恩恵意識は授受動詞への影響や習得策略検討する 授受表現研究の成果の上で¸恩恵意識の影響という角度から語用論¸社会言語学の理論を利用する授受動詞の使用に対してのと研究をした¸それによって恩恵意識の社会¸文化と心理的根源を明らかに示した

キーワード: 恩恵意識 授受動詞 上下 内外

目 录

はじめに 4

    1. 先行研究 4
    2. 研究の目的と意味 2
    3. 研究方法 3

第一章 恩惠意識の文化根源 4

    1. 恩惠意識の発生の影響要素 4
      1. 地理環境 4
      2. 集団意識 4
      3. 宗教要素 5
    2. 日本人の感恩の心理と言語表現 5

第二章 授受動詞の使用 8

    1. 実用動詞の使い方 8
      1. 本やる¸あげる¸さし上げる]の使い方 8
      2. 本もらう¸いただく]の使い方 9
      3. 本くれる¸くださる]の使い方 10
    2. 補助動詞の使い方 11
      1. 本てあげる/てやる/てさし上げる]の使い方 11
      2. 本てくれる/てくださる]の使い方 12
      3. 本てもらう/ていただく]の使い方 12
      4. まとめ 13

第三章 授受動詞の使用の区別 15

    1. 本やる]¸本くれる]と本もらう]の区別 15
    2. 本やる]と本くれる]の区別 16
    3. まとめ 18

終わりに 19

参考文献 20

謝 辞 21

はじめに

中国における研究の中では日本語の授受表現に関する研究は全面的な研究と言える 斬新な視点から授受表現を分析したものも少なくない 次にはいままでの研究についではじめる

先行研究

0.1.1. 杨知国(2003)

杨(2003)は本私たちは毎日のようにもの与えたり¸受け取ったりしている バスに乗れば¸車掌さんに料金を渡し¸切符を受け取る 世界のどの社会にも¸このような授受の現象はある]ということを述べ¸授受動詞の重要性を特別に強調していた また¸この論文で授受動詞の使用は二つの部分に分けて書かれていた 第一部分は授受本動詞文である 第二部分は授受補助動詞文である 主に文法から書かれているので¸授受動詞の用法の勉強に役に立てる 90 年代入ってから¸授受動詞に関する研究が更に盛んに行われてきた 特に¸21 世紀に入って¸授受動詞の文法に関する説明が詳しくなってきた これらの本のおかげで¸授受動詞の活用に悩まんでいる人に役に立てると思う それによって¸たいへん上手に授受動詞が操ることができるようになる

0.1.2.魏林(2007)

魏(2007)は『日本人的心理恩惠意识与日语授受动词的实际使用』で¸授受構文の構造について整理しておくことにした 本授受構文]とは¸日本語固有の構文をなす三つのタイプの授受動詞¸アゲル系(ヤル、アゲル、サシアゲル)¸クレル系(クレル、クダサル)¸モラウケイ(モラウ、イタダク)が¸生産性の高い補助動詞として意志動詞に下接して文法形式となる三つのタイプの構文¸テアゲル系(テヤル、テアゲル、テサシアゲル)、テクレルケイ(テクレル、テクダサル)、テモラウケイ(テモラウ、テイタダク)の各構文を授受構文と呼び¸その構造•

はじめに

意味的特徴を論述する 日本における研究は日本語の授受表現の各用法を詳しく研究した 主に理論を解説するものに属する 日本語学習者によく役に立つと思う しかし¸日本の研究者は文法と恩恵関係の間の潜在の関連に対する研究はまだ多くない こうしたら¸日本語の学習者はただ授受表現の各用法を習得した しかし¸実践的なコミュニケーション能力を養成する効果は極めてはっきりしていないと思う

0.1.3.齐璐(2009)

齐(2009)は本日本の授受動詞と日本人の恩恵意識]という論文の中で¸授受動 詞を二つの部分に分けている 第一部分はものの授受である 第二部分は動作の授受である ものの授受は授受動詞で表現した 即ち¸本やる]¸本あげる]¸本さしあげる]¸本くれる]¸本くださる]¸本もらう]¸本いただく]である 動作の授受は授受補助動詞で表現した 即ち¸本~てやる]¸本~てあげる]¸本~てさしあげる]¸本~ てくれる]¸本~てくださる]¸本~てもらう]¸本~ていただく]である 張文燕は日本の授受動詞と日本人の恩恵意識を一体として授受表現を述べて¸斬新性がある しかし¸よく日本の文化を了解していないなら¸授受表現を誤用する恐れがあるかもしれない

研究の目的と意味

どの国の人でも¸交流する時に対話と場所によって適切な言い方を選ぶべきである これによって話し手の交際意識と人間関係も見える 授受表現は非常に日本語の特徴がある文法現象で¸日本語学習中の重点と難点である 中国語では¸ただ本给]はすべての授受関係を表示し¸日本語には 7 つの授受動詞があり¸言語学習者にとっては理解しにくい そのため¸今回の研究の目的は¸日本語学習者の視点から¸授受動詞を使用する時に体現される恩恵意識を分析することである 恩恵意識は授受動詞に与える影響について¸使用状況を観察し¸使用方法をまとめて¸歴史関係を発見し¸関連原因を分析し¸習得策略を研究する この基礎の上で理論で実踐を指導し¸授受動詞を使用するレベルを高め¸誤用を減らし¸日本語学習者や研究者にいくつかの啓発と助けを提供し¸日本語

 

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接