日本ネットカフェ難民の増加の社会原因について(浅谈日本网咖难民增加的社会原因)毕业论文_日语毕业论文

日本ネットカフェ難民の増加の社会原因について(浅谈日本网咖难民增加的社会原因)毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

近两年,日本各大报纸上出现了关于网咖难民的连番报道。自从日本的一家

电视节目播放了“网咖难民——漂流的贫困者”的纪录片后,“网咖难民”引起了社会的关注。网吧难民指的是一些靠打零工为生的年轻人,因为没有钱租到房子而在网吧过夜的现象。跟流浪汉相比,他们虽然还没有到露宿街头的地步,但是贫穷层的日益低龄化引起了关注。“网咖难民”的新兴种群增加的背后是无家可归的队伍扩大,社会体制的深刻变革。

关键词:网咖难民 原因 社会体制 年轻人

目次

はじめに 1

    1. 問題の提起 1
    2. 先行研究 1
    3. 研究目的 2
    4. 研究方法と手順 2

第一章 インターネットカフェ難民について 4

    1. ネットカフェ難民の現状 4
    2. 女性ネットカフェ難民について 6

第二章 日本ネットカフェ難民が増えてきた原因 7

    1. バブル経済の崩壊 7
    2. 非正規雇用のキャリア 8

      1. 急激に上昇する非正規社員の割合 8
      2. 非正規社員で若者と女性数の増加 9
      3. 雇用形の多様化 9
    3. 特別なネットカフェサービス 10
    4. 若い人自身の問題 11

第三章 解決の措置 12

    1. 東京に救助センターの設立 12
    2. 政策サポートの強化 12
    3. 労働派遣制度と社会保障制度の完備 13
    4. 積極的に自身の素質と技能を高めること 13

第四章「ネットカフェ難民」についての考え 15

    1. 社会の貧富の差 15
    2. 男性の結婚率低下や少子化 15
    3. 犯罪、自殺件数の増加 16

おわりに 17

参考文献 18

謝辞 19

はじめに

問題の提起

多数の研究者の努力のおかげで、インターネットカフェ難民のメカニズムが徐々に明らかになる。しかし、今までの研究はふれていない問題がまだ残っているようである。ネットカフェ難民の概念も曖昧なように見え、ネットカフェ難民に対する解決策に関する深い研究も尐ないように気づいた。

本研究の目的は、ネットカフェ難民の定義や日本バブル経済崩壊に基づいて、日本ネットカフェ難民の現状を分析してみる。また、自分の関心がある具体的な解決策を選択し、自分なりの考えを加え、より具体的に検討してみる。本研究を通して、日本ネットカフェ難民の増えていく原因を深く分析する。

先行研究

金も職も技能もない25歳のニートが、ある日突然、実家の六畳間からネットカフェの一畳ちょいの空間に居を移した。パソコンで日雇いバイトに登録し、日中は退屈で単純な労働に精を出す。夜は11時以降が入店条件の6 時間深夜パックで体を縮めて眠りを貪り、延滞料金をとられないよう、朝は早く起床する。時にファミレスや吉野家でささやかな贅沢を楽しむ。やがて目に見えないところで次々に荒廃が始まったhellip;メディアが映し出さない“最底辺”の実録する。『ネットカフェ難民 : ドキュメント「最底辺生活」』

日本において、若年非正規雇用問題はずっと政府と全社会に注目されている。その中フリーターと自称する若者がいる。日本国内に、「フリーター」

に対する評価は同一ではない。伝統的な雇用構造を改革させ、雇用多様化・労働資源分配の合理化を促進させると思われる人がいる。フリーター族の増加によって社会の不安、尐子化、晩婚化などの問題が悪化させるため、マイナス評価も多い。実際には、フリーターの規模が拡大し続けている故に、すでに問題化されている若年非正規雇用状況は一層厳しくなる。これは、長期にわたって低迷している日本経済にとって泣きっ面に蜂と言える。従って、フリーター問題を重要な政策課題に位置付け、経済活性化に向け構造改革を進めるとともに、フリーターの雇用問題についても、様々な雇用対策を出している。すべての対策は予想の通りに果たしたとは言えないが、その中に必ず採用する価値があるものも多くある。『日本若年非正規雇用問題及びその対策研究 ――フリーター群体を中心に』

研究目的

本研究の目的は、ネットカフェ難民の定義や日本バブル経済崩壊に基づいて、日本ネットカフェ難民の現状を分析してみる。また、自分の関心がある具体的な解決策を選択し、自分なりの考えを加え、より具体的に検討してみる。本研究を通して、日本ネットカフェ難民の増えていく原因を深く分析する。

研究方法と手順

まず、本稿は「文献研究法」を採用し、先行研究を参考し、日本バブル経

済崩壊に基づいて、日本ネットカフェ難民の現状を分析してみる。また、自分の関心がある具体的な解決策を選択し、自分なりの考えを加え、より具体的に検討しようと思う。

次に、整理した代表例をまとめ、日本ネットカフェ難民が増えてきた原因を詳しく紹介してみる。そして、自分の見解を書く。

最後、私から言うネットカフェ難民の問題の解決にいい方法を考える。

第一章 インターネットカフェ難民について

「インターネットカフェ難民」は、若い日雇い労働者が、夜になって家ではなく、ネットカフェで一夜を過ごす現象である。「ネットカフェ難民」という新興のグループは、徐々に増えつつあるということである。

ネットカフェ難民の現状

中国ではネットカフェはどこにでもある。多くのネットカフェは、多くの人が自由にインターネットに接触し、より広い世界に接触している。近国日本、ネットカフェは多くの社会的機能を負担している。いつも夜が来る時、それらはネットカフェは「家」の日本人から入居自分の「寝室」―――明かりの小さいな個室。

日本ではネットカフェの値段が安いとしても安い。東京は世界で最も消費水準が高い都市で、市中心で30平方メートルのマンションは毎月15万円(合

1250ドル)。ネットカフェで一泊1400円――2400円(12~20ドル)の間で、1 時間当たり給与は1000円(8ドル)の自由職業者にとっては良い選択だという。

「インターネットカフェ難民」という言葉の起源は日本テレビ放送網NH

Kドキュメンタリー番組だ。2007年1月29日に「ネットカフェ難民——漂流する貧苦者たち」の番組が放送された。この番組は日本で大きな反響を呼んだ。その後、3月15日に開催された参院労働委員会で、日本共産党の小池晃①議員に柳沢伯夫②厚生労働大臣が「ネットカフェ難民の現状をどう見ているか」という問題、、この問題について深く調査することを要求しており。柳沢伯夫厚生労働大臣は答えます:「調査の可能性について検討する」。2007年8月28

① 日本共産党の副委員長・参院議員。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接