中国人日本語学習者の依頼表現についての考察毕业论文_日语毕业论文

中国人日本語学習者の依頼表現についての考察毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

本论文是关于中国日本语能力学习者依赖表现的研究,日语中依 赖表现的特点是习惯使用助动词,而汉语中的依赖表现的特点是习惯 使用「请」字。本论文列举日语中典型的「~てください」、「~てく れる」依赖表达、和汉语中典型的「请您……」等依赖表达。通过分 析发现中国日本语能力学习者在语言表达上的不足。对于存在不足的 原因从两国的价值观念、文化心理上进行了初步分析。希望本论文的 研究对日语学习者了解中日依赖表现的差异,从而在中日文化交流中 更加准确地运用依赖表现,减少误用有帮助。

关键词:依赖表达;形式;上下关系;亲疏关系; 文化心理

目次

はじめに 1

  1. 依頼表現について 2
    1. 「依頼表現」の表現行為と表現形式 3
    2. 依頼表現の分類 4
  2. 依頼表現についての考察 13
    1. 日本語教科書の依頼表現についての考察 13
    2. 中国人日本語学習者の依頼表現についての考察 15
    3. 考察の結果分析 18

おわりに 19

参考文献謝辞

はじめに

依頼表現とは授受表現と要請表現がある。ただ、今多くの学者が日本語の依頼表現について深く研究を行った。

日本は依頼表現の研究が第二次世界大戦の前に遡ることができる。代表的な学者は松下大三郎と三尾砂などがある。彼らの研究成果がよく引用されているが、更なる研究はまだ非常に稀なことである。1950年、代表的学者は三上章和永野賢などがある。特に三上章の「命令形」や依頼表現は関係するところが大である。1979年、工藤真由美の〈依頼表現の発達〉を契機に依頼表現の研究は更に一段上がる。仁田義雄、佐藤里美もこの分野の非常に有名の学者である。また、山田敏弘は非常に詳細な調査を行った。

周知のように、文化は民族の文化である、言葉も民族の言葉である。そして言葉は文化の重要な媒体である。日本語は日本民族の特徴を反映している。依頼表現の源は日本民族の謙遜美から来ている。日本では、年齢、性別、職業、身分、地位や利益の有無などの要素も上下関係を構成し、日本人の間には内と外は所属の家庭、会社や学校、班など大小の社会団体によって異なる、合わせて、心理的要因による関係を分かつ。個々に対しては、彼はずっと上下関係、内と外関係、親疎関係に包み込まれる。依頼表現はこの環境で生きてきた日本人にとっては非常に容易であるが、中国日本語学習者にとっては非常に複雑な問題である。

私たちの日常生活においては他者に何か求めることが多い。依頼という発話行為は自分の利益のために相手にある程度の負担をかける行動なので、外国人として目標言語を使ってなにか依頼するとき、うまく伝えられれば手伝ってもらえるが、逆にうまく伝えられなければ、誤解が生じて相手に迷惑をかけ、礼儀がない人だと思われる恐れがある。したがって、外国語としての日本語の教育において依頼の言語表現は学習の項目として重要だと思われる。

しかし、依頼表現に関する先行研究では日本語学習者の対照が多く行われており、中国人日本語学習者を中心とした依頼表現の使用状況についての研究はまだ多くない。学習者のコミュニケーション能力に大きな影響を与える学習環境は重要だと思われるが、日本の滞在経験の有無が中国人日本語学習者の依

頼行動にどのような影響を与えるかについての研究はまだ足りない。

依頼表現について

依頼表現というのは、「相手の行動によって、自分の利益になることを叶えようとするための表現である」と浦谷川口坂本が考えている。彼らは以下のことを指し出し、日本語の依頼表現が「自分と相手」、「話題人物」、「口頭語と書面語」等の内容の違いによって、選択する依頼表現の形式も違う。以下、例をあげながら説明する。

(一)依頼表現 1:「~てください」

行動の決定権は自分に依存する時に使用する日本語の依頼表現は「~てください」があり、それは「指示、命令」の意味を持つ表現形式であると浦谷川口坂本が考えている。したがって、「~てください」を使用する時に注意する必要がある。特に年長者と上司に「指示、命令」を作る時に、その他の敬語の表現方式を考え、そしてその使用を注意する必要がある。

    1. 家族や関係が特に良い同輩、後輩、部下に面する時に「~てください」を使用しないが、「~なさい」を使用する。
    2. 関係がよくない同輩、特にいかなる利害関係がなくて初めて会う人に対しては、「~てください」を使用することができる。
    3. 年齢に関わらず、先生、上司に面する時に「~てください」を使用すべきではないが、依頼表現の「~ていただけますか」を使用すべきである。

上述のように、相手の行動を通して自分の利益を実現する時に、日本語は相手のレベルに応じてまたは「相手の意向の尋ね」に近い依頼表現の形式を選択する必要がある。

(二)依頼表現 2:「~てもらえませんか」

行動の決定権は相手に依存する時に使用する日本語の依頼表現「~てもらえませんか」は「相手の意向を尋ねる」意味を持つ表現形式であると浦谷川口坂本が考えている。「~てもらえませんか」等の依頼表現の形式は相手のレベル、依頼の内容によってその使用を決定する。

  1. 家族や関係が良い同輩、後輩、部下に面する時に「~してもらえる」の

表現形式を使用する。

  1. 関係がよくない同輩、特にいかなる利害関係がなくて初めて会う人に対しては、「~してもらえませんか」の表現形式を使用する。
  2. 年齢差が大きくない先生、上司に対しては「~していただけますか」の表現形式を使用する。
  3. 年齢差が大きい先生、上司に対しては「~していただけますでしょうか」の表現形式を使用する。

依頼の表現形式を選択する時に、依頼の内容も大きな役割を果たしている。後輩に依頼し、そして相手に比較的に重い負担を与える時に、一般的に「~なさい」等の「指示、命令」を表示する表現形式を使用しないが、「~してもらえるか」等「相手の意向を尋ねる」を表示する表現形式を使用する。

「依頼表現」の表現行為と表現形式

依頼表現については、日常生活に他人を申し込むの場合、依頼行為は目的がある行為によって、その行為が実施後で、話し手は利益を得ることができる。そのために、日本人が非常に重視他人をお願いするときに理由と状況は十分に説明する。つまり、相手の負担を軽くて、権利や自由を侵害しなくて、なるべく意図を婉曲に依頼を表す。

「請求」というと、我々の脳中には一般に知らせることが現す:請求者、請求される者、請求される者が要請されたことをする、請求者の請求が承諾されあるいは拒絶される。請求者は請求される者に請求者のお願いを承諾しなければならない、適切な言語行為を採用して、請求される者の承諾を得る。下図が

「請求」の言語行為を表すことができる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接