日本人の猫に対する感情についての考察毕业论文_日语毕业论文

日本人の猫に対する感情についての考察毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

猫是和人类关系最亲近的一种家畜。日本人喜欢猫,在日常生活中,他们以猫为原型,从与猫的交往的经验中创造出来很多东西。在日本,猫占有着极其独特的位置,已经表现为一种文化现象。比如,有各种各样猫的谚语。而且,很多的文学,动画,电影作品中也有猫的元素。通过对猫的形象的研究,可以看出日语中关于猫的词语或表达非常丰富。

本论文以日本社会的种种猫的形象作为研究对象,挖掘日本独特的猫文化的特性,探究了日本人对猫的感情形成的原因。这样的猫文化的形成与日本人的生活环境和日本民族的传统的暧昧文化,乃至日本民族的民族心理等,有着深深的联系。

关键词:猫的形象 猫文化 曖昧文化 民族心理

目 次

はじめに 1

第一節 問題提起 1

第二節 先行研究 1

第三節 本論の目的 2

第四節 本論の研究方法と手順 2

第一章 日本の猫の歴史 2

第一節 猫の起源 2

第二節 猫文化の形成 3

第二章 猫文化の表現 5

第一節 猫像を描いた文学作品 5

第二節 猫に関する言葉と表現 5

第三節 猫に関する民間伝説 6

第三章 日本人生活の中の猫像 7

第一節「猫カフェ」 7

第二節「招き猫」 8

第四章 猫文化の現代化 9

第一節 アニメキャラクタとして 9

第二節 国家のシンボルとしての猫文化 9

第五章 日本人の猫に対する感情形成の原因 10

第一節 日本人の生活環境 10

第二節 日本の曖昧文化 11

第三節 日本人の民族心理 12

おわりに 13

参考文献謝辞

はじめに

第一節 問題提起

日本には、猫は特別な存在である。日本民族は猫に対して、ずいぶん深い感情を持っている。猫に関する色々なことを創造した。どうして他の国よりこんな特別な感情を持っているか。本研究は日本特色な猫文化の発展の基に、日本人の民族性と民族心理などの方面から、日本の猫文化を形成した原因と日本人の猫に対する感情を探してみたい。本研究は先行研究を基礎として、多視点から日本猫文化の発展と変遷を分析し、日本民族と猫との繋がりなどを理解しようと思う。

第二節 先行研究

猫は日本人の心の中において特別な地位がある。猫という文化に関する研究もたくさんある。趙玉柱は日本の猫に関する諺をまとめて紹介した。韩维霞の

『日本の招き猫文化』は伝統的な招き猫の由来と形成から招き猫文化を紹介した。また、張秀華の『日本文化中的猫情节及其文化折射』は猫文化の形成と文学の中の地位から、その文化の魅力を示すと共に、言語に影響を与えることを研究した。そのほかに、李誌芳と劉慕雲の『日本民间故事中「猫」的形象』は民間伝説を通して、猫の両面性や女性との関係を紹介した。 先行研究では、

「猫」という文化の特徴をちゃんと捉えており、その文化を持っている魅力を分析する。これらの研究は本研究には多く示唆性を持っている。ただ、いままでの研究はほとんど一つだけの視点からおおざっぱに説明しただけで、「猫」という文化現象を一つのシステムとして捉え、詳細とした分析をしていない。これは本研究で深めたいことである。

第三節 本論の目的

日本には、猫は特別な存在である。日本民族は猫に対して、深い感情を持っている。猫に関する色々なことを創造した。どうして他の国よりこんな特別な感情を持っているのか。本研究は日本特色な猫文化の発展を基に、日本人の民族性と曖昧文化などの方面から、日本の猫文化を形成した原因と日本人の猫に対する感情を考察してみたい。本研究は先行研究を基礎にして、多視点から日

本の猫文化の発展と変遷を分析し、日本民族と猫との繋がりなどを理解しようと思う。

本研究の目的は、日本の猫文化の研究によって、猫に関する各方面から日本人の猫に対する感情や日本民族を理解するつもりである。日本には、猫は特別な存在である。日本にその猫文化を形成した原因は日本民族の生活環境、民族心理と曖昧文化など方面から、深く研究するつもりである。

第四節 本論の研究方法と手順

まず、本稿は「文献研究法」を採用し、先行研究を参考し、日本人の生活における猫現象、つまり生活の中の猫文化を紹介する。

それから、猫は日本人の生活とどんなに深く繋がっているのか、そして、猫文化は日本民族の発展とどんな関連があるのか、特に、生活のストレスが大きくて、忙しい毎日を送る現代日本人にとって、猫などのペットとの間に、どんな深いゆかりがあるのか、こういうことを深く理解したい。

次に、言語の面から見れば、日本語の中で、猫に関する表現は非常に豊富である。これらの言葉と伝説を研究することによって、昔の日本人は猫に対する感情を理解できるようになると思う。また、今の日本人が猫に対する感情を究明するために、文学作品また現実生活の猫現象を分析して、現代日本人の猫に対する感情を分かるようになる。このような変化の原因を分析して、猫と日本人の生活の緊密性をもっと深く理解する。

最後に、日本民族の独特な生活環境と民族心理などの面から、日本人の猫に対する感情の形成した原因を探究する。

第一章 日本の猫の歴史

第一節 猫の起源

日本は今、空前の猫ブームなのだという。2016 年1月の発表によると、犬の飼育頭数約 992 万頭に対して猫が約 987 万頭と肉薄のようである。ペット 1 位の座を覆す勢いだ。

猫と人間のつきあいは古代エジプトの時代に本格化した。イエネコの祖先はリビアヤマネコとされ、早稲田大学教授の近藤二郎さんによると、猫は鳴き声から「ミウ」と呼ばれたという。

紀元前 10 世紀頃、猫は女神として崇拝されるようになる。大祭には 70 万人が集まったという記録もあった。猫は聖なる動物で、このため、ミイラにされ、専用の埋葬所に葬られたようであった。猫を飼う習慣は、やがてギリシャ人の手で世界へと広がる。

1 万年ほど昔から大陸から切り離された列島であった日本には、元来ネコ

「イエネコ」が存在していなかった。日本最古のイエネコの骨は「魏志倭人伝」にも出てくる一支国の推定地、長崎県カラカミ遺跡出土の弥生中期のものだ言われる。日本最古の猫の絵とされるのが平安時代の「信貴山縁起絵巻 尼公巻」の黒白猫だそうだ。

ただし、日本に伝来してから長い時間にわたって猫は貴重な愛玩動物扱いであり、鼠害防止の益獣としての使用は限定された。貴重な猫を失わないために 首輪につないで飼っている家庭が多かったため、豊臣秀吉はわざわざネコをつなぐことを禁止したという逸話がある。ただしその禁令はかなりの効果があり、鼠害が激減したと言われる。その後は、当時は愛玩動物というよりネズミから穀物を守る益獣になったようだ。 江戸時代に、猫は浮世絵にも登場する。「従来は牡丹や蝶と一緒に長寿の象徴として描かれることが多かった」と東京大学准教授の藤原重雄が言った。それが猫単体で描くことが広がり、「鼠よけの猫」の絵などとして売り出されるようになっていった。

第二節 猫文化の形成

日本では猫に関する言葉や伝説などは、ほかの民族が比べられないほど多く存在している。例え言葉のばあいに、同じ意味を表す時、中国語の側はよく犬を使うが、日本語の側は通常に猫を使う。それに、言葉や伝説だけではなく、文化界、アニメ界においても、それぞれ全く違った猫像をかいた作品がたくさんある。つまり、猫をモデルにしたものの数がかなり多くある。しかも、それらの猫の像はひろい分野に分布している。人間の生産活動、および精神活動の所産である文化は、かえって人間の思考や社会生活などに、影響を与えるわけ

である。猫または人間が猫の神秘性から創造した架空の生け物である。むかしの日本人は猫に対する未知の点から、恐怖感が生まれ、猫に関する伝説はだんだん壮大した。このような伝説は、いっそう当時の人々の猫に対する神秘感を強化させた。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接