『容疑者xの献身』と『献身者』の比較研究毕业论文_日语毕业论文

『容疑者xの献身』と『献身者』の比較研究毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

众所周知,东野圭吾是日本著名的推理小说家,2006 年,他凭借《嫌疑犯 X 的献身》,在亚洲刮起了东野圭吾的热潮。因而,一下跻身名作家的行列。周浩晖作为中国的推理小说家,他同时被称为中国的东野圭吾。特别值得一提的是, 他的作品《死亡通知书》系列被拍成电视剧,深受中国观众的的喜爱。这两位推理小说家,都通过推理小说来揭露深刻而又残酷的社会现象,并通过自己的角度描写人性的善与恶。因而,本篇论文将以东野圭吾的《嫌疑犯 X 的献身》和周浩晖的《献身者》为中心,接着通过研究两个人的创作风格之类的比较来考察东野圭吾和周浩晖各自推理小说的魅力。

【关键词】 嫌疑犯X 的献身 献身者 推理小说 对比

要旨

周知のように、東野圭吾は日本の有名な推理小説の作家である。2006 年、彼は『容疑者Xの献身』を通じて、東アジアで東野圭吾のブームが盛り上がった。そのため、日本の有名な作家になった。周浩晖は中国の現代の推理小説の作家である。彼は「中国の東野圭吾」と呼ばれる。特に、彼の『死亡通知書』がドラマ化されたので、中国の視聴者に深く愛されるようになった。この二人の作家は推理小説で社会問題及び深刻な現象を披露し、自分の視点から人間性の善悪を描写する。そのため、本論文は東野圭吾の『容疑者Xの献身』と周浩晖『献身者』を中心に、二人の作家の創作風格などを比較したり、東野圭吾と周浩晖の推理小説の魅力を考察する。

【キーワード】容疑者Xの献身 献身者 推理小説 比較

目次

始めに 1

第一節 研究目的 1

第二節 先行研究 1

  1. 国内の研究 1
  2. 国外の研究 1

第三節 研究方法 2

第一章 『容疑者Xの献身』と『献身者』のあらまし 3

第一節 東野圭吾と周浩晖についての紹介 3

第二節『容疑者Xの献身』と『献身者』のあらすじ 4

第二章 両作品の創作背景 5

第一節 『献身者』の創作背景 5

第二節 『容疑者Xの献身』の創作背景 6

第三章 『容疑者Xの献身』と『献身者』についての比較 8

第一節 石神と彭辉の性格の比較 8

第二節 主人公の献身についての比較 8

第三節 創作風格についての比較 9

第四節 まとめ 11

終わりに 12

参考文献 13

謝辞 14

始めに

第一節 研究目的

多数の研究者の努力のおかげて、中日推理小説の比較は盛んに行われている。推理小説は波瀾万丈のプロット及び天馬空を行くような構想にはだれにもが

惹きつけられる。それと同時に、小説家は推理小説で深刻な社会問題を指摘し、自分の視点から人間性の善悪を描写する。そして、読者が推理小説を見終わっても自国の社会問題についても深く考えるようになると思う。

本研究の目的は、推理小説の創造背景や創造風格に基づいて、東野圭吾の『容疑者Xの献身』と周浩晖の『献身者』の比較を行いながら、東野圭吾と周浩晖の推理小説の魅力を考察する。

第二節 先行研究

  1. 国内の研究

東野圭吾は日本の有名な推理小説作家として、代表的な作品は『放課後』、

『白夜行』、『容疑者Xの献身』などがある。特に、『容疑者Xの献身』は第 134

回直木三十五賞受賞・第 3 回本屋大賞 4 位・第 6 回本格ミステリ大賞受賞した。それだけでなく、彼の小説をもとにした映画は中国でとても人気がある。しかし、東野圭吾の研究について、先行研究があまり多くない。

周浩晖は推理小説を書くことが得意で、そのうち「刑事の羅飛」シリーズによって有名になって、「中国の東野圭吾」と呼ばれて、、中国最高の小説を創作ことを目指す。しかし、周浩晖の作品についての先行研究が殆どない。

  1. 国外の研究

詹姆斯·N·费雷は推理小説の創造方法や創作過程を分析した。推理小説が愛

読される四つの理由を分析した。まず、犯人を追跡して、逮捕した後、自分の身をもって体験する。次に、証明された違法者に対する懲罰に満足感を受けられる。それから、物語の中の人物と事件に対して読者に共鳴を感じさせることができる。最後に、物語の真実性感じさせる。詹姆斯·N·费雷の作品を通じて、東野圭吾の『容疑者Xの献身』と周浩晖の『献身者』の創造風格についての分析にメリットがあると思う。

第三節 研究方法

本論文は文献研究法を採用し、先行研究を踏まえ、東野圭吾の『容疑者Xの献身』と周浩晖の『献身者』を比較しながら分析を行い、両作品の魅力がある原因を考察する。

第一章 『容疑者Xの献身』と『献身者』のあらまし

第一節 東野圭吾と周浩晖についての紹介

東野圭吾は日本推理小説作家で、1958 年 2 月 4 日、日本大阪に生まれた。大阪府立阪南高等学校に入学し、2 年生になった。1974 年、偶然手にとった『アルキメデスは手を汚さない』を読み、推理小説を始めた。1984 年の第 30 回乱歩賞では、『魔球』が最終に落選したが、85 年『放課後』で第 31 回江戸川乱歩賞を受賞しデビューした。これを契機に小説家としてのキャリアをスタートした。

以後、2006 年『容疑者 X の献身』によって、第 134 回直木賞、第 6 回本格ミステリ大賞を受賞するなど着実に評価を高めて、一方で、作家版の長者番付でも上位に顔を出すようになるなど、大人気作家の間に入った。

早期作品は清々しいキャンパス推理小説によって起業して、精巧で細かい推理風格、そして周密な細かいストーリーの配置によって「本格派の作家」を獲得する。

後期作品はますます辛辣で、しだいに伝統的な推理した枠組みを突破して、文字は特別な方式を加え、叙述することは簡潔で、特別な策略を用いて、物語の構成には一般の人の思いもよらない状況に至る。きわめて不合理な所から、きわめて合理的物語を書き出すことが得意で、そして疑い、サイエンスフィクション、社会などのいくつかの領域には、自身の理工基礎を持っていて、以前学んだ科学知識を運用して、科学推理シリーズを書き出す。

周浩辉は 1977 年は江蘇省揚州市に生まれた。1993 年、周浩晖は揚州新華中学から優れた成績によって揚州高校の入試に合格した。3 年後環境工学専門を卒業した。その後、彼は華北科技学院環境工学に教員を務めた。2003 年の修士卒業後、環境保護会社に入って、毎日ニュースを見て、連続ドラマ『警官と刑事雷鳴』を見た。彼は刺激されて小説家になることを志した。彼はとても早く自分の第1篇の小説『カバー内の人』を書き出しました。特に、推理小説を書く周浩辉は、「刑事の羅飛」シリーズによって 「中国の東野圭吾」と呼ばれ

て、中国最高の推理小説を作ろうと志している。主な作品は『不幸で描く』、

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接