夏目漱石「門」と村上春樹「ノルウェーの森」における女性像の対比―御米と直子の比較を中心に毕业论文_日语毕业论文

夏目漱石「門」と村上春樹「ノルウェーの森」における女性像の対比―御米と直子の比較を中心に毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

夏目漱石和村上春树分别是日本近代和现代的具有代表性的作家。本文通过对比夏目漱石的《门》和村上春树的《挪威的森林》——以阿米和直子的比较为中心——考察夏目漱石和村上春树的理想女性形象。通过各自的理想女性形象来考察各个时代女性在知识分子和小资产阶级中的地位,分析其社会背景。

从近代到现代,女性在知识分子和小资产阶级中的地位是随着时代背景变化的。通过此地位的变迁过程,可以看到实现“男女平等”的过程是和一定的因素相关联的。本文通过考察这些因素,得出如下结论:只有在女性自我意识觉醒, 受教育和工作等权利得到主张后,社会才能逐渐接近“男女平等”的理想状态。

关键词:夏目漱石 村上春树 女性形象 女性地位 女权主义 比较文学

目 次

はじめに 1

    1. 問題の提起と目的 1
    2. 作品のあらすじ 3
      1. 『ノルウェーの森』 3
      2. 『門』 4
    3. 先行研究 4
    4. 研究方法と手順 6

第 1 章 独立性のない女性像:『ノルウェーの森』における直子を中心に 7

    1. 直子が頼りにした人物 7
    2. 直子の独立性のない人間性 8

第2章 悲劇の主体としての女性:『門』における御米を中心に 10

    1. 不倫の恋に落ちた御米 10
    2. 夫に全身全霊をかけて尽くす御米 11
    3. 子供のない御米の苦悩 11
    4. 悲劇の主体としての女性 12

第3章 直子と御米:作者の理想の女性像 14

    1. 直子と御米の共通点 14
    2. 直子のような女性は村上春樹の理想の女性なのだろうか 14
    3. 御米の魅力―夏目漱石の理想の女性像 16

第4章 作者の女性観の対比:両者の女性観からみる社会的背景 17

おわりに 21

参考文献 22

謝辞 24

はじめに

問題の提起と目的

今の日本社会で、女性の地位が徐々に変化してきている。職場で男性と競争することも多くなり、共稼ぎも多くなってきた。家庭内で、女性の地位も以前よりずっと高まった。働いていない主婦も、夫から尊重され、一般的には家の財政を握っている場合が多い。

女性の地位や権利はますます注目されており、「男女平等」という概念も広く認知されているように思われる。しかし、時代を遡ると、近代の女性の地位が低かったといわれている。なぜこのように男女の社会的位置づけに関して大きな変化が起こったのだろうか。そして、どのような変遷を遂げてきたのだろうか。その原因と軌道を分析考察することは、日本の現代社会において重要な事柄に目を向けることとなり、日本社会をよりよく理解するためにも有用であると思われる。

女性像の研究にあたり、本論は文学作品を考察対象とする。本論では、夏目漱石の『門』、村上春樹の『ノルウェーの森』を中心に考察を進めたい。特に、文学作品の中での女性の登場人物イメージに焦点を当てる。文学作品における女性像の考察を進めた後、さらに作者の女性観を研究する。作者の女性観には作者の身近な女性(母親、姉妹など)や社会における女性に対する態度が反映される。そして、作者の女性観から視野を広げることにより、その当時の社会の状況も見られる。以下がデンニス・マイクウェル①のメディア使用のモデル構造の図である。

図1 メディア使用のモデル構造の図

① デンニス・マイクウェル(DenisMcQuail):(1935- )イギリスの伝達論学者。

出典:《媒体人夏目漱石的理想女性像-兼论其对明治时期知识分子女性观的反映》李文娟(2015) 《赤峰学院学报》(汉文哲学社会科学版)第 36 卷第 5 期

この図を通して、メディアの行為は受け手の需要を満足させ、受け手はメディアの行為にフィードバックするということが分かる。即ち、作品のマーケティング力を高めるために、読者(主にインテリやプチブルジョアがある)の需要に配慮し、その需要を満足させ、インテリの女性観は作者の創作をとおして反映されるわけである。以上のことから、作品の女性像を通して、それぞれの時代における、女性の地位、少なくとも、インテリやプチブルジョアの地位が分かるといえよう。

その上、近代から現代までの女性の地位の変遷も明らかにすることができる。この点で、研究の意義があると思う。

また、文学作品の選定に関しては、次のような理由がある。まず、作者自身に関する事柄として、夏目漱石が日本の近代文学の巨匠の一人、村上春樹が現代文学の代表の一人と言える。夏目漱石と村上春樹は同時代の作家ではない が、共通点がある。例えば、林少华は、「真面目な創作態度、ユーモアな筆致、そして、おもにインテリやプチブルジョアを描いたことなどの共通点」①をまとめている。そのため、村上春樹は「現代の夏目漱石」と呼ばれることがある。この 2 名の作者の作品を通して、それぞれの時代背景や社会の特徴もある程度推し量ることができる。

二点目の理由として、女性を主人公としている点が挙げられる。夏目漱石の作品の中で、そのような作品はそれほど多くない。女性を主人公として、男女愛を主題として書いている作品は、主に「前期の三部作」がある。『門』はその最後の部である。この三部作は密に繋がっていて、『門』は前の二部の結末と言われる。また、『ノルウェーの森』を選ぶのは、『ノルウェーの森』は村上春樹の最も名の知れた作品であり、登場人物の直子はその時代で代表的な女

① 林少华 夏目漱石和他的作品 《心:日汉对照全译本》译序 中国宇航出版社 2013 年 p3

性なのである。その上、御米と直子は、共通点が多くある。例えば、人間社会と離れて、家(御米)および療養所(直子)の「ユートピア」のようなところで、身を潜めている。両作品の主人公とも、社会に受け入れられず、彼女らの性格も内気で、デリケートで、静かである。また、両者とも世の中の人と争うことに無関心である点も類似している。女性の主役の比較をして、結論を導き出す。

作品のあらすじ

『ノルウェーの森』

『ノルウェーの森』は青春のラブストーリーとされるものである。作品の冒頭で、37 歳のワタナベは、飛行機の BGM でビートルズの「ノルウェーの森」を聴き、激しい混乱を覚えた。そして学生時代のことを回想した。そこからこの物語が展開する。もとはワタナベの友人キズキの恋人だった直子は、キズキの自殺で、非常にショックを受けた。また、そのことも、後の、直子の自殺の誘因の一つとなる。直子の二十歳の誕生日に、ワタナベと寝た後、精神が崩壊し、療養所に入ることとなった。直子は、現実の世界と順応できないことが分かったため、そのあと、ずっと療養所で身を潜めていた。その間、ワタナベは時折、療養所に行って直子に会っていた。その後、ワタナベは緑という女の子に出会い、恋に落ちた。

病状が何度もぶり返していた直子は結局自殺した。葬儀の後でワタナベは行くあてもない旅を続けた。物語の終盤で、ワタナベは緑に電話をかけ、世界中に君以外に求めるものは何もない、何もかも君と二人で最初から始めたい、と言った。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接