浅谈中日两国大学生就业观的异同-以90后为代表进行研究毕业论文_日语毕业论文

浅谈中日两国大学生就业观的异同-以90后为代表进行研究毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

当代大学生的就业问题作为世界性的话题来说越来越被重视。无论是中国还是其他国家,都已经成为了一个不能轻视的问题。中国作为世界上人口最多的国家,如何合理的处理大学生的就业问题成为了中国政府的一个难题,而日本的就业问题与其他国家相比也很严峻,但是有完善的社会保障制度。从学生自身来说,树立正确的就业观,首先要对职业观的概念有所了解,这对于自主创业、拓宽就业渠道,实现自我价值,促进社会发展都具有十分重要的意义。本论文想通过以 90 后学生为切入点,深入研究中日大学生的就业观,使大学生们吸取不同的经验,对我国大学生就业方面进行启示。

关键词:中日大学生 就业观 90 后 自我价值

目 次

はじめに 1

    1. 問題の提起 1
    2. 先行研究 1
    3. 研究目的 2
    4. 研究方法と手順 3

第一章 職業観の定義 4

第二章 中日両国における大学生たちの就職現状 5

    1. 中日両国の大学生の就職観について 5
      1. 中国の若者の職業観 5
      2. 日本の大学生の職業観 5
    2. 中日両国の就職難の現状 5
      1. 日本の大学生の就職経験より啓発 5

第三章 中日両国による雇用対策の比較 7

    1. 日本の中央省庁による雇用対策 7
    2. 中国の政府による雇用対策 7
    3. 対策を執行する上での相違点 8

第四章 中国の就職観を改善するへの啓発 9

おわりに 11

参考文献 13

謝辞 14

はじめに

問題の提起

世界経済の発展につれて中国と日本の大学生たちの就職問題が生じている。今の社会で大学生たちの就職問題は注目されている。「就職」って何だろうか。大学を卒業したら就職したいか。就職したらどんな仕事をやりたいか、多くの問題は在学の若者たちやもう卒業した学生たちが直面しているのである。卒業者の就職困難さは若者たち、学校、家族が皆感じることである。大学生たちは労働資源の一部分として国家の労働資源スペックの重要な一環である。2010 年の世界金融危機の影響で多くの国で就職と失業問題が厳しくなって、事態をさらに深刻化させた。

中国で国民の総合的な素質を向上させるために学生募集枠を広げる政策の 執行により、毎年の卒業生は多くなっていた。大衆化教育のおかげでたくさんの若い人は高等教育を受けた。しかし、経済状況の悪化につれて若者たちたちは卒業するという失業危機に直面している。

日本でも大学生たちの就職問題が起こっている。新卒者は経験が少なくて、労働者を募集する機関も比較的に少なくなって、ほかに、裕福な時代で生まれた若者は楽しくて自由な仕事がほしいからすぐ働きたくないなどのいろいろな原因で、就職問題は政府行政部門の重要な政策課題になっている。

先行研究

杜娟は「中日大学生就业观的比较」(2012)中は中国大学生の就職観念が 適当ではない。それは彼らの就職しにくい根本的な原因を招くのである。ま ず、現代大学生の“エリート”の意識が過ぎる、給料と職務の要求に対して比較的多くて、選択の仕事の時多すぎたのは仕事の環境、給料の待遇などの問題を考慮し、給料の期待に対して人事部の提供した給料より高い。その次 に、現代大学生の就業の意図と人事部の実際の需要は合わない。たくさんの

卒業生の選ぶ勤務地は北京、上海、広州などの大都市で、これらの都市は人材が集まり、高消費の現象と集中する。多くの大学生は、大都市の仕事で自分の価値を体現するしかないとおもって、このような一方的な就業の学生の就業観はマイナス面の影響を持ってきた。多くの大学生は正しい職業に不足して意識に計画を立てて、自分の能力と特技を理解しないで、はっきりどんな仕事は自分に適合して、仕事中でどんな職務を選ぶか困惑する。しかし作者も、現代の大学生の就職しにくい問題について、まず学生達に正しい就業観を確立して見させる、現実をはっきり見分けて、心理状態をうまく調整して、自身に対して合理的な位置付けを行う。

史琳は「中日两国大学生就业问题的的比较研究」(2015)は中日両国の大 学生の就業の観念は明らかな相違が存在する。作者は中日高校で研究報告を 調査し、職を選ぶのが標準的な上に、中国大学の卒業生は就業を通じて獲得することに成功して比較的重視して、日本の大学生は更に働く楽しみに傾く。日本青少年研究所によって中日の大学生の就業の意識を調査して表示する: 日本の学生は“安定的な生活”に傾いて、中国の大学生は“自分に傾いて個 人の価値を実現する。更に取り上げる価値があったのは、“成功する人になるため”の中国の大学生の割合を選ぶのは 21.9で、日本の学生は 6.7しかない、“どんな会社員になりたい”について、中国の大学生は選んで最も多いのが“会社の核心人物になる”、たくさんの日本の大学生は“同僚関係と 打ち解ける人になると”を選ぶ。このように、日本の大学生は更に自分の趣 味、仕事の目標と価値観を理解して、自分で客観的な位置付けがあり、考え も更に現実的である。

研究目的

本研究の目的は、90 後を代表する中日の大学生にして就業して見た不一致経験を吸収したくて、わが国の大学生の就業の方面に対して示唆を与える。

研究方法と手順

まず、論文は“文献の研究法”を通して、参考文献は先に研究し、かつ大量の資料を調べて、中日両国の就職市場の情況に総括する。

その次に、本論文は比較と分析という方法で、中日両国の若者たちの就職現状を比較し、分析し、中国の国情と結び付け、中国の若者たちの就職問題について具体的な意見を出す。

最後に、比較法を使って研究して、アンケート大量に国内外を引用する、およびデータを研究して、中日両国の大学生を対比して就業する共通点、そして相違点を分析するのと違う原因をのべる。それから結論を得る。

第一章 職業観の定義

「職業観」とは職業に対しての人生観の認識と言い、職業観についての構築及び理解は人生の見方、考え方と生活態度にかなり重要な役割を果たしている。人間はこれを元に、職業の認識を通してどんな生活を選ぶかを決められる。人々はこの観点を深く研究しているうちに、仕事の目的と意義を探している。「職業観」は多様性であるし、共通なところもある。大学生たちは「 職業観」にそれぞれの理解と認識があり、それで各自の目標と態度を持っている。

文献と関連資料を調査した上で、以下の 6 点をまとめた。1、職業は貴賎なし。2、職業は規則と責任を遵守する。3、どの職業でも、生計維持のためだけではなく、個人の能力と価値の発揮の場である。4、ある人は自分の個性価値が職業価値を超えているという考え方を持っている。5、職業計画は人が自分の仕事関連に対する総合的な研究である。6、職業の夢の実現はそれに対する情熱に関わる。

第二章 中日両国における大学生たちの就職現状

中日両国の大学生の就職観について

中国の若者の職業観

中国の大学生は将来への期待が高く、エリートの意識を持って、将来、絶対に輝かしい職業を従事したい。しかし、理想な職業に対する理解と今の仕事に合うかどうかと聞かれる時に、はっきり分からない。高い期待と専門に

「忠誠」な心で、就職難の時代にうまく行かない。それと比べたら、日本の大学生は自分の趣味、仕事の目的と価値観がわかって、自己の位置づけも確実にできている。尚且つ、日本の若者が「一度の雇用は終身に決まる」と言う観念を破れて、専門以外の能力を勉強して、総合的に自分の素質を高める。

日本の大学生の職業観

日本は世界第二の経済大国である。高等教育は既に相当短い時間で「大衆 化」の実現ができた。高等教育の目覚しい発展は日本科学技術の飛躍的な発 展と人口素質の改善を促進した。但し、日本経済結構の調整と終身雇用制度 の崩壊のため、日本の就職仕組みも大きな変わりがあった。「アルバイト」という言葉、最近、若者の中でとても流行っている。固定な仕事がなくて、細かい労働で生計を維持することである。一部の大学生が卒業した後、普通の学生のように正社員になるための就職活動をしない、夢のために、生活をしている。アルバイトで稼いだ生活費を使って、好きな仕事をやって、自分に合わない仕事を簡単に辞める。彼達は夢の実現と意欲が第一で、労働が「趣味化」にされた。

中日両国の就職難の現状

日本の大学生の就職経験より啓発

日本の大学生の就職制度は自由制度である。就職の管理体制及び指導体制

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接