中日注册会计师制度的考察(中日における公認会計師制度についての考察)毕业论文_日语毕业论文

中日注册会计师制度的考察(中日における公認会計師制度についての考察)毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

我国的注册会计师制度于 1980 年恢复重建,随着市场经济尤其是证券市场的发展,要求我们对该项制度不断进行修订和补充,让注册会计师事业能够顺应时代潮流,从而更好地为社会主义市场经济服务。日本的公认会计士即我国的注册会计师。日本公认会计士制度对其从第二次世界大战的废墟中恢复、发展和强盛的经济提供了不可或缺的外部条件。笔者在此对中日注册会计师制度作一对比, 旨在找出其中值得我们借鉴的经验,来改善我国的注册会计师制度。本论文比较中日两国注册会计师制度,通过注册会计师制度的发展和考试制度等发现两者的异同。同时,在充分考虑中国所特有的会计环境的基础上,用一种扬弃的科学态度,促进我国注册会计师制度的发展和完善。

关键词:注册会计师制度 审计 考试 改革

目次

はじめに 1

第一章 中国における公認会計士制度 3

第一節 中国の会計士制度の確立とその発展 3

第二節 中国の公認会計士試験制度 5

第二章 日本おける公認会計士制度 6

第一節 日本の会計士制度の確立とその発展 6

第二節 日本の公認会計士試験制度 7

第三章 中日の公認会計士制度の比較分析とその示唆 8

第一節 比較分析から見る両国の問題点および中国の改善策 8

第二節 中国の公認会計士制度への示唆 10

おわりに 12

謝辞 13

参考文献 14

はじめに

公認会計士は会計を監査して、企業などの財務情報の正しさを保証している。彼らは経済の健全な発展のために貢献をしている。公認会計士は、監査及び会 計の専門家として、独立した立場において、財務書類その他の財務に関する情 報の信頼性を確保することにより、会社等の公正な事業活動、投資者及び債権 者の保護等を図り、もって国民経済の健全な発展に寄与することを使命とする。

1要するに、公認会計士が非常に重要な役割を果たしている。

公認会計士制度は監査事務の公正と合理を保証している。したがって、公認会計士制度に対する研究を行うのが非常に重要な意義があると考えられている。日本の公認会計士制度は第二次世界大戦の廃墟から回復、発展、強くなってきた経済に不可欠な外部条件を提供した。「他の山から産出した悪質な石でも我が玉を磨くことができる」という話のとおり、日本における公認会計士制度から、我が国の積極的な啓示があると思われる。

本稿は、中日両国の公認会計士制度の発展と試験制度を中心に、両者の特徴、公認会計士法、我が国の問題点と改善策及びその改善策・示唆、今後の課題について述べてみよう。

多数の研究者の努力のおかげで、公認会計士制度の現状と発展する道が徐々に明らかになる。しかし、今までの研究はふれていない問題がまだ残っているようである。例えば、中国と日本の公認会計士制度に関する先行研究は主に中国あるいは日本のそれぞれ研究するものが見られるが、両国の制度を照合する文献が少ない。それに、多くの研究が試験制度のみから分析して、対照は不完全であると思う。

本研究の目的は、中日における公認会計士制度の特徴や発展をまとめ、社会や経済への効用に基づいて、公認会計士制度の現状や必要性を分析してみる。本研究を通じて、監査制度を改善するため、中国の公認会計士制度の改革に対する啓示となるであろう。

まず、本稿は「文献研究法」を採用し、先行研究と両国の公認会計士法を参考し、中日における公認会計士制度の特徴や発展をまとめる。

1日本の公認会計士法第 1 条

次に、中日における公認会計士制度の異同を述べる。社会や経済への効用に基づいて、日本における公認会計士法や公認会計士試験制度や公認会計士協会などの長所を分析してみる。

最後に、それぞれ今後の中国における公認会計士制度の発展の道を帰納して紹介する。自分の関心がある具合的な改革策を選択し、自分なりの考えを加え、より具体的に検討しようと思う。

第一章 中国における公認会計士制度

第一節 中国の会計士制度の確立とその発展

一、回復と再建段階(1980-1991年)

我が国の公認会計士制度は1918年に立てられた。新中国が成立された初期において、計画経済を実行したため、公認会計士の発展は一時的に中断されていた。1978年の改革開放の初期、我が国の経済社会の基礎が弱く、これまで捨てて顧みなかった多くのことが始められようとしていて、至急に外資企業を導入し国内経済建設に参与させなければいけないので、三資企業2は次第に現れた。国際通用なやり方によれば、公認会計士の独立会計監査制度を立て、三資企業に出資検証、会計検査、決算などの監査サービスを提供することは、我が国の投資環境を改善し、外資を引き付ける必要条件になった。

この時期、主な特徴といえば、考査の方式を使って公認会計士を選抜するということが挙げられる。公認会計士制度を再建するには、まず執業人員の問題を解決しなければいけない。公認会計士制度が30年近く中断されたので、人材の積み重ねが足りなく、改めて育成するのも時間がかかる。急場に間に合わせるため、我が国は考査の方式を使い、すでに会計士、高級会計士職名の会計人員から、公認会計士を考査し選抜する。

二、正常発展段階(1991-1998年)

1990年11月と1991年7月、上海証券取引所と深圳証券取引所は次々と創立され、我が国の資本市場の初歩的な形成を象徴している。これは公認会計士業界の正常な発展と執業人員のレベルをもっと切実的に要求している。こういう情勢に応じて、業界執業人員のレベルを高め、科学的に人材を選抜するため、1991 年12月、初めて公認会計士の全国統一試験を催した。テスト制度の創立は、公認会計士の意味、公認会計士になる方法を明確にし、明確な評価基準と科学的な方法を決め、人材の選抜と育成を強力に規範に合わせ、公認会計士の専門化、規範化の発展に頑丈な人材基礎を打ち立てた。

この段階において、業界人材の選抜制度を創立しただけではなく、業界執業標準の設定、完備な管理制度の設定などの方面において注力し、業界を規範化、

2三資企業:中外合資経営企業、中外合作経営企業、外資企業の主要な三つの類型の総称。

法制化の発展軌道に上がらせ、規範化発展の主旨と特徴を鮮明的に示した。

1993年10月31日、八届全国人民代表大会第四次会議で『公認会計士法』が通され、公認会計士資格の取得、会計士事務所の設立、業務範囲、執業準則、法律責任及び公認会計士協会の職責を系統的に決め、公認会計士業界の建設と発展を全面的に規範に合わせる。公認会計士法の徹底的な実行をめぐって、財政部と中国公認会計士協会は相前後して公認会計士の登録、事務所の審査、海外事務所臨時執業など14項の業界管理制度を制定し公布し、公認会計士法を中心とする完全化な管理制度体系を作り上げ、公認会計士業界は法制化の軌道で規範化の方向で進んでいく。

三、体制創新段階(1998-2004年)

規範化、法制化発展の道に歩み入った公認会計士業界は、発展プロセスを更に加速する中、たくさんの新しい問題に出会った。その中、歴史的条件に影響され形成してきた体制問題、特に事務所管理体制問題は業界のより一層の発展を制約する主要なネックで、私たちは本来の体系を改革し創新しなければいけない。

事務所名義借用体制の弊害を解消するため、公認会計士業界は全面的に会計士事務所名義借用体制を改善し、会計士事務所は公認会計士を主体とし、自ら設立し、自己制御、自己発展、独立経営、リスク自己負担の真の市場仲介組織になった。同時に、各級協会は監督の強化、品質アップを核心とし、業界資格管理、継続教育、執業管理監督などの業界管理制度の革新を協力に進めていく。

四、国際発展段階(2004年~現在)

新世紀に入ってから、我が国の経済は持続的で急速に発展していき、企業は

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接