日本のものの哀れの意義-川端康成の作品を中心に毕业论文_日语毕业论文

日本のものの哀れの意義-川端康成の作品を中心に毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

物哀是日本传统的美意识之一,作为日本美的先驱,深深地贯彻于日本生活的各个层面。

川端康成是日本著名的文学大师,诺贝尔奖获得者。因为特殊的人生经历,使他的情感哀伤低沉,他在《源氏物语》的影响下,把物哀这一传统的美融入到文学创作的内在素质中。本论文抽取川端康成的几部小说,以他的小说为中心,从人、自然与民族艺术等不同方面来探究物哀的意义。并且,根据研究的不同角度来探究文学作品赋予物哀精神的近现代意义。

关键词:物哀 美意识 川端康成 意义

要旨

もののあわれは日本伝統の美意識の一つであり、日本美の先駆けとして、日本で生活の各方面に深く貫徹される。

川端康成は日本の有名な文学の巨匠であり、ノーベル賞の受賞者である。特殊な人生経験をしており、彼は哀傷を抱えて生きていたといえる。彼は『源氏物語』の影響で、「もののあわれ」という日本の伝統の美といえる概念を文学創作の内在的な素質に融合させた。本論は川端康成の小説を中心にして、人、自然、そして民族の芸術などそれぞれの角度から、もののあわれの意義を探究する。そして、それぞれの角度から、どのように「もののあわれ」が文学作品の中に現れているのかということについて探求する。また、これらの作品が近現代における「もののあわれ」という概念の意義に与える影響をも考察したい。

キーワード:もののあわれ 美意識 川端康成 意義

目次

はじめに 1

0.1問題提起 1

0.2先行研究 1

0.3研究目的 3

0.4研究方法と手順 3

第一章 日本におけるもののあわれについて 4

1.1日本におけるもののあわれの発生要因 4

1.2もののあわれの定義 5

1.3もののあわれの発展 6

第二章 川端康成の紹介及びもののあわれの概念の出現要因 7

第三章 川端康成の作品について 8

3.1人の感情ともののあわれの関係 8

3.2自然ともののあわれの関係 9

3.3民族の芸術ともののあわれの関係 11

第四章 文学におけるもののあわれの意義 13

終わりに 15

謝辞 17

参考文献 18

はじめに

0.1問題提起

日本のもののあわれは一種の美意識であり、客観的な対象と主観的な感情が一致した美の情趣である。多数の研究者の貢献により、日本のもののあわれが発生した要因とその概念に含まれる意義は徐々に明らかになってきている。しかし、今までの「もののあわれ」文化の研究の中で、すべての人の解釈も異なっている。研究者の時代の背景なども考慮に入れると、もののあわれの解釈には限界があり、それらが十分でないと思われる。もののあわれは日本の美しさの基盤と日本人が普遍に追求する芸術の趣向といえ、日本の近現代の文学作品の中にそれの発展と変化を感じることができるといえる。本論は川端康成の作品を研究することを通じて、もののあわれの文学作品の中での体現とこれらの作品が近現代のもののあわれ概念に与える影響を考察する。

0.2先行研究

まず、日本のもののあわれに関する研究を概観する。

18世紀の日本の江戸時代に「国学」の集大成者という本居宣長(1730~1801)が「もののあわれ」論をテーマにした作品集を出版した。本居宣長(1730~1801)はもののあわれは懐かしさや憂いや悲しさなどの身と心に刻みこむものであり、人々の心に対して十分な共感力があると述べている。『源氏物語』など日本の古典著作を注釈することを通じて、全面的に深くもののあわれ論の文化を解釈し、「もののあわれ」と「もののあわれを知る」ことの意義を詳しく説明しており、日本文学及び文化の意義を理解することに対して重大な影響力があるものといえる。本居宣長(1730~1801)は物語と和歌を代表する日本文学の創作趣旨が「もののあわれ」だと考えている。作者は自分の観察、感覚、感動を如実に表現し、読者と分かち合っている。

また、叶渭渠・唐月梅(2002)はもののあわれの概念を以下のように紹介している。

もののあわれは他の各種の美の形に存在する。その形成と発展は1つの長                                            い歴史を経て、日本固有の美の範疇に属する。『古事記』と『日本書紀』の時代に、日本文学から「哀」の美しい理念が生まれた。 

 叶・唐(2002)               

叶渭渠・唐月梅(2002)は日本の伝説の物語を例示とし、ある対象物に対する素朴で深い愛情により「哀」という概念が実現されていると説明した。そして、時代の発展によって、更にもののあわれの語源と意義を解釈した。叶渭渠と唐月梅(2002)は日本の芸術美の「もののあわれ」という基本的な特徴は日本の美の基礎になり、日本人が普遍的に追求する芸術趣向と日本民族の共通の美意識になると主張している。この日本の美の伝統はその後数百年間の日本の文学芸術に影響し、芸術の生命と美学思想の重要な要素になるとされている。

また、程欣欣(2011)は人情美、天然美、仏教の禅宗の思想と新感覚派の芸術手法のいくつかの要素について川端康成の作品ともののあわれ文化の関係を述べている。川端康成は「あわれ」を吸収するために、作中の人物の間の愛情が憂鬱による悲しみの色を帯びている。自然の風景は色彩感や四季感や変化に富んで捕えがたい感覚を持ち、作者が客観的な景観に感動を表すと述べている。仏教の「無中に全てある」という思想を作中で表すため、彼の作品には幻の色で満ちている。もののあわれ文化の中で人生の世相に関する感動は幽玄と寂滅で表現してきた。川端康成が作品の中で新感覚派の芸術手法を運用し、人の主観的な感覚を重点的に表し、人の主体性の中で客観的な要素が現れ、人の心はよりよく感動を表現すると述べている。

さらに任秀英(2014)は川端康成の多くの文学作品から、もののあわれ文化と自然の美の関係を検討している。この研究においては、作品のもののあわれが川端康成の幼少時代の生活経験と心の感情と密接な関係にあると考えている。ここでは、川端康成の著名な小説の例を挙げて、その中の自然景観でもののあわれ文化と自然の美の関係を表現する。自然の光景で、作者は小説に色彩で現す濃いもののあわれの感覚と、もののあわれ文化を表現する虚実および自然の美を強調すると述べられている。そして、日本が海に囲まれる島国として、四季の変化やこのような変化による人物の感情と自然の景色の調和がとれていることが実感できると述べられている。彼自身の経験を通して、川端康成がもののあわれ文化を認めており、彼の作品に私達が自然美ともののあわれ文化の融合を見ることができるとされている。

一方、陳輝(2012)はもののあわれは日本の文学の審美理念として、表現するのは1種のものと心が解け合った後の感動であると考えている。この研究ではもののあわれの内包するものを探究することを目的とした上で、川端康成の文学作品の中でもののあわれ美が伝承するものを解読した。まず、『源氏物語』のもののあわれ美の伝承について述べるとともに、伝承するものの独自性を説明した。つまりそれは、感情と景色が融合されるもののあわれ観と、無力が悲しみと交差する世相観である。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接