中国女子大学生における日本ブランド化粧品の選択要因;中国女大学生对日本品牌化妆品的选择要素毕业论文_日语毕业论文

中国女子大学生における日本ブランド化粧品の選択要因;中国女大学生对日本品牌化妆品的选择要素毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

日本品牌化妆品已经风靡全球,各种品牌在中国很受欢迎,广大的女大学生是当代青年的主要消费群体。

本论文以南京工业大学各个年级的女大学生为调查对象,研究各年龄层的女大学生在选择日本品牌化妆品时看重的要素,从而来探究女大学生的化妆意识。

关键词: 女大学生 日本品牌化妆品 化妆意识 青年文化

目次

  1. はじめに 1
  2. 化粧について 3
    1. 化粧の定義 3
    2. 化粧の起源 4
  3. 日本のブランド化粧品について 6
    1. 日本のブランド化粧品の特徴 6
    2. ブランド化粧品の影響 6
  4. 中国女子大学生の消費情況に対するアンケート調査 9
    1. 調査の概要 9
    2. 調査の内容と考察 9
  5. 日本のブランド化粧品の選択要因 10
    1. 年齢と選択の関係 10
    2. 生活費と選択の関係 10
    3. 中国女子大学生の化粧の態度 11
  6. おわりに 12

参考文献 13

附録:アンケート表 14

謝辞 16

0.はじめに

日本のブランドを選んで化粧する中国の女子大学生はよく見かける。化粧品を選択するに当たり、中国女子大学生たちはどんな要素を重視して選ぶのか、どんな化粧意識を持って選ぶのか、またどんな若者文化を表すのか、この一連の問題を解きたい。

温宇迪は以下の考えを示している。中国経済の高速発展に伴い、中国の化粧品市場は拡大していて、化粧品産業の地位が明らかに上昇している。一方、中国の化粧品市場の拡大とともに、大量の外国ブランドが中国市場に進出してきて、市場シェアを争奪する。化粧品業界が競争するにつれて、もっと多くの化粧品企業が新しい市場を探している。中国では大学生を消費者としての巨大的な市場が存在している。大学生の消費力はかなり大きい。現在では、中国大学生の消費能力は年々アップしていて、その市場は無視できないほど大きくなっている。大学生は経済力は社会人には及ばないが、新しいものを受け入れやすく、それに十分な手間と精力を使って化粧する。新しいブランドを試してみることも多い。従って、化粧品メーカーは中国大学生を市場拡大の対象に絞るらしい。

次に、陳功焕は「上海地区女大学生化妆品消费行为的调查分析 」の中で

「一部分の人は今までずっと使っているブランドに忠実だが、時間帯により購買意欲が出てくる可能性もあるという」と指摘している。

さらに、张慧は「女大学生化妆品选择偏好分析」の中で、女子大学生の好みを影響する要素は順に価格、ブランドの真偽、原産地であると述べている。消費者は価格が低いほどよいとは思わない。この研究は女子大学生を対象にし、化粧品選択の際、価格、ブランドと原産地の要素を分析した。価格のほか、ブランドも選択に影響を及ぼす重要な要素で、原産地の影響は比較的に小さいということが分かった。しかし全体的に影響が大きいのは依然として

価格であるという。

李向阳は「亚太地区和日本化妆品及个人护理用品市场趋势」の中で、 ア ジアでは最大のスキンケアのブランドは日本のブランドで、53の太平洋市場 は日本に占められていると述べている。日本の国内の化粧品市場の成長率は 中国ほど高くないが、海外では莫大な消費者を持っている。その理由につい て、著者は日本の化粧品の低い価格と良い質に関わっていると説明している。

一方、日本の飽户鸿の「关于化妆行为的研究」は化粧意識に関する研究で、研究者はまず出来るだけ多くのメイクへの見方、印象、態度、信念などのデータを収集し、調査を行い、これらのメイクに関する意識の中で、一体どの要因が主な働きをしているかを明らかにした。研究者は、化粧意識に関する

76 個の要因を列挙し、被験者に自分の化粧に対する見方、態度など挙げている。

本研究の目的は、化粧品を選択するに当たり、中国女子大学生たちの重視要素と化粧意識、さらに化粧文化を明らかにしようとする。

まず、本稿は先行研究を参考にし、アンケート調査法を採用する。アンケート調査表の問題はすべて選択問題の形を採用し、できるだけわかりやすく設定する。わが大学の女子大学生を調査対象にし、個人情報を含め、生活費用、年齢、化粧品のブランドなど、化粧品の効果や目的などの方面から調査し、分析を行う。

化粧について

    1. 化粧の定義

普通、化粧とは化粧品を用いて行われる行動である。「薬事法」の第二条第三項では、「化粧品①」をこのように定義している。法律では化粧品が女の人に限らず、人の身体であれば、化粧品を使用することができる。しかしながら、この定義は化粧にまつわる現代的な定義の一つに過ぎない。有史以来行われてきた化粧の全てを、この定義にまとめることはできない。そこで、化粧という言葉の辞書的な意味を探ってみたい。

「広辞苑」によると、「けそう」が「化粧、仮粧」に等しいが、「おつくり」はまた「化粧。みじまい」を指している。つまり、「化粧、仮粧」の顔料を、顔をはおじめとする身体に塗抹し飾ることである。少し時代を遡って、和漢古今の雅語俗語が収録されている「帝国大辞典」では、「けしょう」とは、白粉、紅などを使って顔を美しく引き立たせることである。「化粧品」は一般に美しく飾ること、外観をきれいにすることをも指す。こちらに化粧対象に関して分岐点が存在している。

1972 年編著された「新明解国語辞典」では、化粧に関して、「1身だしなみとして、ファンデーション、口紅などをつけて、顔を美しく見せる用にすること。2 装いを新たにすること。仮粧とも書く」と解釈されている。すなわち、化粧の意味が二重である。一つは身だしなみとしての顔化粧、メイクアップである。もう一つは外観を美しくすること、装飾である。そして、

「新明解」が「化粧品」を「化粧に用いる、各種のクリーム、白粉、頬紅、口紅、香油、香水など」と指している。言い換えれば、コスメチックがばかりでなく、肌を守るスキンケアや香りの関連商品など全体が含まれている。

①人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚もしくは毛髪を健やかに保つため

に、身体に塗擦、散布そんほかに類似する方法で使用されることが目的とされているもので、人体に対 する作用が緩和なものをいう。

各種の国語辞典に共通している「化粧」の意味は。女性が白粉や紅で顔を彩ること、というもので、それは現在よく使われる表現あるいは化粧品メーカー各社に共通する表記では「メーキャップ」に相当する。

    1. 化粧の起源

国語学者の増井金典が、化粧に対して「中国語で「化(変わる)+粧(よそおう)」が語源である。白粉、紅などを使って美しく飾ることを言う言葉である」というように指摘している。だが、語源辞典にも「仮粧」又は「仮粧」をあげていない。「最新全釈古語辞典」にも「けそう(化粧、仮粧)が

「けそう」から生まれたとわかる。実はこの言葉は平安時代初期まで遡ることができる。広い範囲で化粧を捉えれば、化粧の歴史は人類誕生の歴史と同様に遡ることになる。しかし残念ながら、化粧自体の具体的なエピソードは乏しく、今のところ衣服の起源についての考察の多くが、化粧の起源にも相当するとされてしまう。「日本女性史大辞典」では、化粧の由来が簡潔に説明された。化粧とは紅、白粉などをつけて顔を美しく見えるように飾ることである。最初に魔除けみたいな宗教的な意味合いを帯びたり、寒さを防いだりし、眼病予防の為の実用性を求めたようなものであった。江戸時代に浄瑠璃や歌舞伎が流行し、舞台の女太夫の衣装や美粧、遊女、若衆などに舞台着の華やかな姿が観客の化粧や衣装に影響をあたえ、新風俗流行の基となった。歯黒や眉を剃ることは女子の好みであった。江戸と上方ではお歯黒や眉剃りの年齢は多少違うが、身分、年齢、未既婚を表す役割が強い。それは黒色が他に変わらぬことから、両夫に仕えない貞操の表徴とされるからであった。その時代の農村庶民女性が化粧するのはお盆、正月、村祭り、節句ぐらいで、働き尽くめの日炎、あかぎれの手足だった。結局のところ、化粧の主体が昔女性から現在に至って男女ともに変わってきたと見える。最も古い日本の伝統化粧としてのお歯黒や眉剃りが化粧の始まりである、また舞台化粧のおか

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接