21世紀の中日関係について―南京と名古屋の姉妹都市関係に焦点を当てて―;关于21世纪的中日关系的考察毕业论文_日语毕业论文

21世紀の中日関係について―南京と名古屋の姉妹都市関係に焦点を当てて―;关于21世纪的中日关系的考察毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

进入 21 世纪,随着世界环境的变化,中日关系也发生了根本性变化。文化方面的交流变得越来越高涨,每年互相访问的人数逐渐增加。与此同时,经济交流也在同步发展。但是,由于两国间的历史问题,政治交往仍然很困难。

南京和名古屋都是每个国家的重要城市,随着中日关系的改善,南京与名古屋缔结了友好城市关系。本文以南京和名古屋的友好城市关系为焦点,分析 21 世纪的中日关系的发展。

关键词:中日关系 南京 名古屋 友好城市

目 次

はじめに 1

    1. 背景説明 1
    2. 先行研究 1
    3. 問題提起 1
    4. 研究方法 2

第一章 中日歴史関係の変遷 3

    1. 歴史関係 3
    2. 戦後の中日関係 3

第二章南京と名古屋の姉妹都市関係 6

    1. 南京と名古屋の姉妹友好都市関係の締結 6
    2. 南京と名古屋の姉妹友好都市関係の中止 7
    3. 名古屋事件の影響 8

第三章 新時期の中日関係 10

おわりに 11

参考文献 12

谢辞 13

はじめに

背景説明

中国と日本は一衣帯水の邻国である。数千年以来両国の付き合いは一度も止まったことはない。しかし、この長時間の付き合いは順風に帆をあげない。この間に多くの歴史問題は両国の付き合いに厳しく影響している。たとえば、

1945 年の南京大虐殺である。2012 年9月に南京でデモ事件が発生した。

先行研究

20 世紀末から、多くの学者は中日関係についての課題を深く掘り下げて研究してきた。「21 世纪的中日关系」の中で、著者は中日の協力や紛争の歴史と現状の分析を通しし、中日の矛盾を研究して、新世紀の中日関係について自分の意見を述べている。文章の第一部分、70 年代以来の中日関係の経緯を述べた。1972 年以来、中日関係の発展は三つの階段を経った。すなわち、70 年代から 80 年代までの始めの時期、そして、80 年代から 90 年代の友好時期、

20 世紀末の氷河時期。第二部分には、中日関係の問題を述べた。歴史問題と台湾問題も含まれる含ま。第三部分、様々な角度から、中日関係の傾向を分析した。

金熙德は中日関係は世界の平和を影響する重要な原因になっていると指摘している。21 世紀初中日関係の理想の目標は戦略提携である。

刘艳华は「21 世纪中日关系与日本政治的特点」の中でこう述べている。中日関係は重要な外交関係である。過去 30 年の発展の中で、機会と挑戦を共にしている。21 世紀初の日本、経済実力の高めるのに伴って、政治大国の戦略が変わっている。21 世紀の中日関係は重要な課題になる。理論と実際を結び付けるのを原則とし、21 世紀初日本の政治文化の特徴に基づき、日本の政治大国戦略を分析し、中日関係の具体的な問題を研究した。

問題提起

21 世紀入り、世界の環境の変化につれて、中日関係も変化している。文化面の交流はだんだん盛んになった。毎年両国の相互訪問の人は増える一方だ。

これと同時に、経済面の交流もだんだん発展している。しかし、両国の間に歴

史問題があるので、政治面の交流は難しいと思う。

南京は中国の重要な城市である一方、名古屋も日本の重要な城市である。中日友好協定を締結してから、南京と名古屋は姉妹都市関係を結んだ。2012 年 2

月 21 日、南京代表団が名古屋に訪問するとき、名古屋市長河村は南京大虐殺を否定する内容の発言をした。これは中国の人民の感情を傷つけ、中日関係の政治的基盤を損なっていることになる。

研究方法

まず、本稿は「文献研究法」を採用し、先行研究を参考し、有名な学者の研究結果に基づき、中日関係を分析する。また、自分の関心があるテーマを選択し、自分なりの考えを加え、より具体的に分析しようと思う。次に、まとめた歴史上の事件を紹介する。最後、学生として中日関係について自分の考えを述べる。

第一章 中日歴史関係の変遷

歴史関係

中日は一衣帯水の隣国である。中国と日本は二千年余りもの歴史がある。二千年前の西暦 57 年、中国と日本の公式の国交は始まった。それから、二千年の友好歴史が始まり、遣隋使や遣唐使の派遣、鑑真の渡航や朱子学の伝来などが発生した。

だが、近代に入り、その友好関係が壊れてきた。富国強兵に成功した日本は自国を中心とした「大東亜共栄圏」というものを確立した。そして、日本は中国に対して八年にわたる侵略戦争を発動した。日清戦争から日本の敗戦までの

50 年間は中日にとってたいへん不幸な時期である。そして、「友好往来の二千年」ということばは、しばしば「不幸な近代」と対比されてきた。

戦後の中日関係は三つの時期がある。第一、1945 年から 1972 年までの困難時期。第二、1972 年から 1990 年までの高速発展時期。第三、1990 年からの冷戦後の時期。本論は主に戦後の中日関係に重点を置いて考察する。

戦後の中日関係

1.2.1 1945 年から 1952 年まで

中日戦争の終結と中華人民共和国の成立にともない、中日両国は五項基本原則に基づいて、平和要約を締結し、平和的友好関係を回復した。しかし、当時の日本政府は米国の圧力で、蒋介石との『日台条約』を締結した。そして、中国の反対にもかかわらず、「二つの中国」という政策を推進した。これは戦後の中日関係の平和発展に支障をきたし、その後両国の間で何の交流もなかった。また、米中関係を悪化させ、朝鮮戦争を起こした。1951 年に、日本政府は中華民国との平和条約を中止した。日中戦争の終結が決まり、日本に対する戦争賠償の請求も放棄された。アメリカの干渉により、中国と台湾の関係はますます悪くなる一方である。

1.2.2 1952 年から 1962 年まで

1954 年に日本政府は重大な変化が発生した。鳩山政府が吉田内閣に取って代わった。その時中国の対日政策が柔軟性があった。鳩山政府は中日民間交流

に「支持と協力」の態度をとるようになった。1955 年に日本から中国を訪問する人数は 800 人になり、中国から日本を訪問する人数も 112 人に増えた。経済上、第三次中日民間貿易協定と第一次中日民間漁業協定を締結し、商品展示会などの開催もはじめて実現した。50 年代の後期は、政権交代により、中日民間交流がぎくしゃくした。1957 年 2 月、岸信介は日本首相になり、中日関係に障害を来した。中国に対して強い外交政策を実施し、「二つの中国」という言い方を出し、第三次中日民間貿易協定と第四次中日民間貿易協定が破綻した。

1.2.3 1962 年から 1971 年まで

60 年代に入ってから、池田内閣が誕生した。中国に対して、「政治と経済の分離」という政策を立て、経済貿易と文化交流を奨励しながら、政治衝突も支持の態度を示した。それに対して、中国政府は基本原則を堅持しながら、最大限の誠意をこもって対応した。その結果、中日関係はいい機会を迎えられ、民間交流が迅速に発展し、そして「半官半民」或いは「官民」という新しい段階へと発展し、中日国交正常化の実現ができたのである。

1.2.4 1972 年から 1978 年まで

1972 年 9 月、日本首相の田中角栄は戦後初めて中国に来訪した。周恩来総理は田中首相を招待し、歴史的な日中首脳会談が実現する。双方の数日の会談の後、日中共同声明を発表した。これから、中国と日本の不正常な状態が終結し、日本に対する戦争賠償の請求が放棄された。日本政府は「一つの中国」という原則を尊重し、日華条約も同時に無効となる。その後、貿易、海運、漁業、航空等の政府間協定が締結され、両国間の人事と貿易往来のための有利な条件と保証を提供できるようになった。しかし、共同声明は政府間の条約ではないので、両国の確実な友好関係を保つには、中日平和友好条約の締結が必要となる。そのため、中日平和友好条約の締結は、70 年代初期以後の両国民間交流と友好運動の主な目標となったのである。

1.2.5 1978 年から 1991 年まで

新中国成立後、両国の先輩の指導者と政治家および各界の有識者のたゆまぬ努力の下で、中日双方は幾重もの困難を乗り越して、1972 年に国交正常化を実現し、中日関係史上の新しい一ページを切り開いた。30 数年来、中日善隣

友好協力関係は全面的に発展し、各分野の協力もたえず拡大し、かつて見ない成果をあげてきた。事実が立証しているように、中国と日本は、和すればともに有利であり、闘えばともに損する。中日の善隣友好協力関係を発展させることは両国人民の根本的利益に合致し、アジアと世界の平和、安定、発展にも重要な貢献となるものである。

1.2.6 20 世紀末の中日関係

中日両国は海を隔てて向かいあう近隣であっている、2000 余年にわたる友好往来の中で、両国人民は互いに学び合い、ともに進歩し、数多くの感動的な歴史上のエピソードが残っている。近代に入って以来、 日本が侵略戦争を起こし、中国人民に大きな災禍をもたらし、日本国民にも大きな損害をもたらした。この痛ましい歴史的教訓は永遠に心に銘記しなければならない。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接