中日の人口政策の変遷;关于中日人口政策变迁的考察毕业论文_日语毕业论文

中日の人口政策の変遷;关于中日人口政策变迁的考察毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

随着经济发展以及各国人口政策以及人们生育观的改变,人口增长率逐渐下降。但是,随着出生率的降低和医疗卫生事业的发展,老年人所占人口总数的比例越来越大。少子化和老龄化问题成为世界人口发展的主要问题。

人口政策的变迁是根据社会和经济等发展过程中产生的问题而作出的调整。不同的国家有不同的人口政策。国家根据自身的国情,制定适合本国发展的人口政策。

中国 2015 年 10 月第 18 次五中全会会议上决定全面实施“二孩政策”。而日本政府针对少子化问题进行了诸多努力。为了促进经济和社会的发展,日本制定了有关保育设施、高龄者的再雇佣以及育儿支援等各种补贴措施。但是少子化和老龄化问题依然严峻。

本文主要对于中国和日本人口政策的变迁及其原因进行了研究。从长远立场上出发,“二孩政策”的确能够缓解少子化和高龄化问题,促进社会和经济的发展。但是“二孩政策”的实施还存在着一些问题。另外,我们要积极借鉴日本应对少子化高龄化的对策。更加重视少子化高龄化问题。

关键词:中日 人口政策 变迁 原因

目次

  1. はじめに 1
    1. 問題の提起 1
    2. 先行研究 1
    3. 研究目的 3
    4. 研究方法と手順 3
  2. 中国の人口政策の変遷について 4
    1. 人口政策の変遷 4
    2. 変遷の原因 5
    3. 二人っ子政策 6
  3. 日本の人口政策について 8
    1. 人口政策の変遷 8
    2. 人口の減尐 8
    3. 尐子化と高齢化 10
      1. 日本の人口構造の推移と見通し 10
      2. 尐子化と高齢化の原因および対策 11
  4. 中日人口政策の変遷からの啓示 13
  5. おわりに 14

参考文献 15

謝辞 17

0.はじめに

問題の提起

数多くの研究者の努力のおかげで、人口政策の変化および原因は明らかになった。人口政策の変遷は社会と経済などの発展の中、起こった問題に基づいての調整である。現在の世界が直面した二つの問題は尐子化と高齢化問題である。中国では、2013 年両親どちらかが一人っ子でも第 2 子を容認する

「単独二胎」を適用した。2015 年 10 月第 18 回五中全会会議で決定された全面的に「二人っ子政策」を実施した。中国の「二人っ子政策」は一つの対策として制定されたが、本当に実施できるかどうか疑問である。それ以外の努力も必要である。尐子化と高齢化問題にとって、他の方面の努力も必要である。日本では、尐子化対策として、いろんな努力をしてきた。例えば、「保育の拡大」や「育休制度、時短勤務制度の整備」、「不妊治療のサポート」など、

「育児夫婦への支援」が中心である。しかしながら、尐子化と高齢化問題は依然として厳しい。

先行研究

『新中国60年人口政策回顾与展望』に、田雪原①は中国の人口政策の変化について述べている。20世纪70年代、経済の不足、人口と労働力過剰の厳しい情勢に直面し、人口の増加を抑制して計画生育を強調した。この60年以来、特に後30年人口の枠組みの転換を加速させる基礎は、疑いなく経済と社会の発展である。同時に、出生率を下げることを主旨にしての人口政策を効果的

①田雪原は中国社会科学院と労働経済研究所研究員、博士生導師、中国社会科学院学術諮問委員会委員

である。

に実施したことは重要な役割を果たす。しかし、低出産率の「転換後」の人口変動が再び十字路に臨み、人口政策は新たな策略選択に直面した。一人っ子の両親に限って2人目を認める「双独二胎」政策が採用されているほか、農村部で第1子が女児なら第2子の出産を認めるなど一人っ子政策は緩和されている。それから、両親どちらかが一人っ子でも第2子を容認する「単独二胎」を適用する。

中国の人口政策を調整するために、2015年10月第18回五中全会会議で全面的に「二人っ子政策」を実施することが決められた。30年余りの「一人っ子政策」が終わることを正式に発表された。合法的な夫婦は二胎を産む権利があり、「単独二胎」と「双独二胎」政策の制限がない。「二人っ子政策」は

2016年1月1日から正式に実施された。中国社会科学院の人口と労働経済研究所の所長の张车偉②は以下の意見を述べた。全面的に「二人っ子政策」を実施することは高齢化問題を緩和できるかもしれない。「双独二胎」と「単独二胎」を全面的に実施し、「二人っ子政策」の受益人は非独層であると述べている。この部分の人のうち、「80后」(30代)、「90后」(20代)二人っ子どもを生む積極性が低く、「70后」(40代)は相対的に意欲が高いである。しかし、彼らの大部分は出産適齢の後期になり、本当に二人っ子どもを生むのは疑問である。

島崎謙治③は「超高齢・人口減尐社会の現実と対応」の中で、日本は超高齢・人口減尐社会に突入したと述べた。2012年1月の「日本の将来推計人口」をもとに、政治、経済、社会保障の面で大きな変化が生じている。「日本の将来推計人口」によれば、人口減尐・高齢化のピッチは今後ますます速まると見込まれている。日本の総人口は2010年から2060年にかけて、1億2806万人か

②张车偉は中国社会科学院の人口と労働経済研究所の所長である。

③島崎謙治は厚生労働省保険局保険課長、国立社会保障・人口問題研究所副所長、東京大学大学院法学

政治学研究科附属比較法政国際センター客員教授等を経て、2007 年から現職しています。東京大学大学院法学政治学研究科グローバル COE プログラム特任教授である。

ら4132万人減尐し8674万人となると見込まれている。日本の総人口は今後半世紀の間に約3分の2まで縮小するのである。これほど大規模な人口減尐が生じる理由は、高齢化に伴い死亡者数が急増するとともに出生数が減尐するのである。人口は社会経済活動の基本であり、これだけ大規模な超高齢化や人口減尐は多方面に甚大な影響を与える。超高齢・人口減尐社会が政治に及ぼす影響としてまず挙げられるのは、国力の低下である。このような状況に対して、出産・子育てと就労の両立支援や若者の失業対策など、結婚・出産・子育てをしやすい環境を整備することは非常に大切である。

朱春玲は『尐子化社会下日本女性婚育意识的研究』に女性の結婚・育児意識が尐子化問題の原因であると述べている。20世紀90年代から、日本はすでに尐子化社会に入り、人口のマイナス成長が始まっている。出生率の低下は尐子化の主な要因である。社会の進歩、経済の発展や女性の地位の向上、自立意識の強化などの原因で、日本の女性の結婚・育児意識に大きな変化が起きている。そのゆえに、出生率が大幅に低下してきている。日本政府は尐子化に対処し、出産率を増加させるために、多くの政策を制定した。しかしながら、女性にやさしい生育環境を創造する必要がある。

研究目的

本稿の研究目的は、中日の人口政策の変遷およびその原因と影響を分析することである。本稿を通じて、人口変化の傾向と適当な政策が人口問題にとっての重要性を理解すると同時に、今後人口政策の改善への参考を提供できると思う。

研究方法と手順

本稿は「文献研究法」を採用し、先行研究を参考し、ウェブサイトで相関

記事を調べ、中日の人口政策の変遷およびその原因と影響を研究する。それに、中国と日本各自の政策のメリットやデメリットを分析してみる。最後、中日の人口政策について、自分なりの考えを述べたいと思う。

中国の人口政策の変遷について

人口政策の変遷

政府は全国人民と民族全体の当面利益と長期的利益を考え、人口発展と自然資源の開発の調和、人口の増加と社会、経済の発展に適応し、人民の願望と民族の習わしなどの客観的な条件を合わせて配慮し、中国の国情に適合する人口政策を制定する。中国の人口政策は「増える人口の数の制御、人口素質の向上」を狙いとする。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接