日本における「専業主婦」,关于日本的“全职家庭主妇”毕业论文_日语毕业论文

日本における「専業主婦」,关于日本的“全职家庭主妇”毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

所谓家庭主妇是指专门照顾家庭的的女性。在日语中,有“寿退社”一词。意思是说女性因为结婚而辞职一门心思守护家庭。在日本,丈夫在外工作,妻子在家料理家务。这种男女分工的意识为全世界所熟知。经济、文化、科技各方面都很发达的现今的日本,随着社会的发展,像男性一样进入社会就职从而实现自身价值的女性也增多起来。但另一方面,调查结果显示日本的家庭主妇依然普遍存在。受历史、社会、文化等因素的影响,日本的家庭主妇成为了一种职业。

关键词:家庭主妇 家庭生活 家庭观念 就业

目次

  1. はじめに 6
    1. 問題提起 6
    2. 先行研究 6
    3. 研究の目的 8
    4. 研究方法と手段: 8
  2. 日本の専業主婦について 9
    1. 専業主婦の概念 9
    2. 専業主婦の起源 9
  3. 日本の専業主婦の現状及び変化 11
    1. 専業主婦の現状 11
    2. 専業主婦が直面している問題 13
  4. 日本の専業主婦の変化の分析 14
    1. 社会地位の向上 14
    2. 自立意識の発生 15
    3. 雇用慣習 16
  5. 中国への示唆 17
  6. おわりに 18

参考文献 19

謝辞 19

はじめに

問題提起

日本では、多くの女性は結婚する前に自分の未来の家庭生活が円満で豊富に なり、優雅でしとやかな気品を養うために花道や茶道などをしっかり学び、 身を修める。女性たちは女性学院にかよい、花道や茶道などのようなものだ けではなく、実用的なものも学んでいる。彼女たちは専業主婦になるという 夢を持っている。現代の若い女性は専業主婦になりたいのは、おそらく働き たくないだろう。しかし、彼女たちは自分の家庭や日本の経済のために本当 にすばらしいことをしている。現代、時代発展とともに、男性と同じく社会 に入って、自分の価値観を実現しようとする女性が多くなっている。しかし、調査によると、日本で依然としてたくさんの専業主婦が存在しているらしい。

多数の研究成果から見れば、日本の専業主婦は偉そうで、たくさんの女性がこれになりたい。多くの研究資料によると、日本の専業主婦は知恵を一身に集める人だとという。では、日本の専業主婦がこんなに多く存在している原因は何か。日本の専業主婦の特徴、生活している状態はどうなるか。時代の発展に伴い、日本の専業主婦の家庭観あるいは就業観はどうなってきているか、これらの問題点をめぐり考察したい。

先行研究

日本の専業主婦の形成原因は以下の2点にあると指摘された。一つ目は歴史的な原因である。中国などの文化の影響で、日本社会では古来から女性が主婦として良妻賢母にならなければならないと思われている。以前の女性は読書はできなかった。家事の技能を真剣に勉強し、良妻賢母になるよう目指

してきた。1985 年、文部省大臣の井上毅大臣は「高等女子学校規則」を制定した。美しい女性を育成し、女性への教育を大きく進めていた。

もう一つ目は社会的な原因である。第二次世界大戦後、日本は産業化民主化の高速発展の時代に入った。男性は仕事に追われていて、家族の世話をする時間がほとんどなかった。そこで、ほとんどの女性は家で家事や子供の面倒をした。数字から見ると、1955 年、日本の専業主婦は 517 万人を上った。

1926 年、907 万人に達した。1980 年までに 1093 万人に達した。巨大な専業主婦の塊が形成された。

現代、時代発展とともに、男性と同じく社会に入って、自分の価値観を実現しようとする女性が多くなっている。しかし、調査によると、日本で依然としてたくさんの専業主婦が存在しているらしい。原因は以下の3点にあると述べられている。

第一、労働環境。今日では、育児休暇を取るのは難しく、子供を産んで仕事を続けるのは無理である。仕事を辞めなければならない。一度結婚や出産であれば、再就業したら給料が低く、職場に昇進する機会が少なくなってしまう。

第二、伝統意識。日本では、女性が専業主婦になるのは当たり前のことである。子供を世話することは主婦の責任である。2009 年度の「男女共同参加白書」で、「夫が外で働き、妻は家を守るべきだ」という考え方について、

20 代女性の 36.6が賛成と一番の多くの回答で、40 代女性が 30.7で、50 代女性が 31.6である。若い女性が専業主婦になる意識が依然と強い。

第三、財政政策。日本で家庭の経済権力を握るのは専業主婦である。2011 年 11 月の調査によると、82%の日本の既婚女性が家庭の経済権力を持っているそうである。日本の専業主婦は国家の財政上の福利厚生をもらうことができる。また、就職せずに家庭のことに専念する専業主婦は国民年金をもらうことができる

研究の目的

本研究の目的は、現在多くの専業主婦が日本に依然として存在している現象及びその原因を明らかにすることである。また、現代日本の専業主婦の観念の変化も分析する。

研究方法と手段:

本稿は「文献研究法」を採用し、先行研究を参考し、まず、日本の専業主婦の特徴、生活している状態をまとめる。次に、日本の専業主婦に関する先行研究を踏まえて日本に依然として存在している原因を分析する。最後、参考文献に基づき、現代の日本専業主婦の観念の変化を分析する。

  1. 日本の専業主婦について

専業主婦の概念

専業主婦とは、家事(炊事、洗濯、掃除、買物、家計管理)や育児に専念する女性のライフコースの一名称。一途に夫と子供を世話する人である。①

専業主婦の起源

戦前から戦後 50 年代まで、日本は農作業を主として国である。農業は日本経済の中心である。また、当時の農業は家庭労働が中心であるから女性も重要な労働力である。ほとんどの夫婦は、生計のために、顔はいつも土に向かい、背中はいつも日に照らされていた。たとえ都市にしても、金持ちを除いて、普通の主婦は家計のために、小さいな商売あるいは縫製などの手作りをしなければならない。歴史上、いわば男性は外で働く、女性は家で家事をするという夫婦パターンは貴族の身分や金持ちの象徴であった。普通の夫婦たちはこんな生活が羨ましいながら、夫婦ふたりは共働きを続けなければならなかった。

56 年代から 60 年代まで、日本の経済の中心は第一次産業としての農業から重化学工業に変わってきた。社会産業の構造が変わった。そのため、農地は工場になった。それに伴い、農地を失った農民たちは都市に集まった。ほとんどの男性が朝早く家を出て夜遅く帰ってくる職員になった。経済が著しく発展した日本では田舎の人口が減少していった。都市の人口やサラリーマン家庭が急激に増加した。しかし、女性たち向けの仕事の機会が少なかった。かつて畑仕事してきた女性たちは都市に来て専業主婦になった。そのため、稼ぎに行く夫と専業主婦の妻というような家庭が大量に生み出された。普通

① Wikipedia ウェブサイトによるものである。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接