日本人の自殺現象について毕业论文_日语毕业论文

日本人の自殺現象について毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

日本自 20 世纪 60 年代末期起一直是世界公认的第二号资本主义经济强国, 科学研发能力居世界第三,同时也是当今世界第四大出口国与第四大进口国。 日本属于发达国家,国民拥有很高的生活质量,人均国民生产总值超过四万美 元稳居世界前列,是全球最富裕、经济最发达和生活水平最高的国家之一。但 随着日本经济的迅速发展,人们生活水平的提高,也带来了诸多问题,像自杀, 历年来日本的自杀率远远高于欧美,本文将简略分析原因。日本这个民族本身 就存在自身的特点,有优也有劣。本文通过对日本地理环境、思想文化、政治 与经济环境等方面对日本人对自杀的行为及看法进行了研究,对前人的研究作 出总结,来了解这个民族的发展及其文化。自杀不是日本固有的,但是在一定 的文化环境背景下,自杀却发展成了带有民族色彩的文化,而且近几年日本是 一个自杀大国,这让人深思。本文希望能够从日本的自杀文化中吸取教训,一 来为自己的国家发展,二来以期对两国的交流有一定的帮助。

关键词:自杀;文化;发展;民族;经济

目次

  1. はじめに 1
  2. 日本社会の自殺現状 1
    1. 青少年 1
    2. 若い女性 2
    3. 中年の群体 2
    4. 老人 2
    5. 1つの特殊な群体―文学者 3
  3. 日本文学の中での自殺に関する表現 3
  4. 日本人の自殺原因 4
    1. 地理環境上の原因 4
    2. 政治と経済の原因 4
    3. 文化上の原因 5
      1. 日本本土文化——神道 5
      2. 「和」文化 5
      3. 武士道 6
      4. 「物哀れ」の審美観 6
  5. 独特な日本の自殺芸術:割腹 7
  6. 政府の自殺防止対策 8
  7. おわりに 9

参考文献 10

謝辞 11

はじめに

自殺とは何か。一般に、「自ら、死ぬことを念頭に行われた行為」のことを自殺企図といい、結果として死に至ったものを「自殺」、あるいは「自殺既遂」という。

現在の日本において、自殺は法的には犯罪とはされていない。日本の自殺者数は今年で8年連続年間 3 万人以上であると報告されている。これは交通事故による死亡者数をも上回った。正に「自殺大国」である。国際的な自殺率を見ると、日本の自殺率(10 万人あたりの自殺者数)が 24.4%に対し、アメリカの自殺率は 11.0%、イギリスの自殺率は 6.4%である。

自殺は日本が固有なものでなくて、しかし日本にその特殊な性質がある。本論は日本の自殺の現象に対して系統的な総括を行い、日本人の自殺心理を通じて日本人の死生観と日本の文化を理解し、日本民族をより深く理解するものである。

日本社会の自殺現状

青少年

日本の巨大な自殺者数の中において、様々な自殺者が存在している。

統計によると、2006 年の自殺者の中で、年齢 19 歳以下の青少年は 22を超えたそうである。その中には 886 人の学生がおり、小学生と中学生が学生全体の約 100 人を占めて

いる。これは警視庁が 1978 年から自殺率を統計している中で自殺する学生数のもっとも多い年である。

青少年の自殺の原因は多様である。その中の最も重要な原因は日本の学校でのいじめ現象が深刻である。日本の青少年がいじめを受けた後、57.1の人は親に報告し、36.2 の人は先生に報告し、31の人は直接に警官あるいはその他の政府機関に報告している。しかし、20の青少年がいじめを受けた後、沈黙するに至る。そして、青少年は精神的なストレスのため、生活の態度は消極的になり、結局、自殺などの極端な行動に追い込まれる。

次に青少年の自殺行動の 1/2 以上は、うつ病によるものである。他の素因としては、家族や親友の自殺歴、最近の家族の死、行為障害などが挙げられる。より直接的な要因としては、自尊心の喪失(例,家族との口論,屈辱的な懲罰の経験,妊娠,学校での落第),恋人の喪失,転居による慣れ親しんだ環境(例,学校,近隣住民,友人)の喪失などがある。他の要因には,構造と境界が欠如した結果生じる方向性がみえないという耐え難い感情や,成功を期待する親の大きな重圧とそれに伴う期待に応えられないと考えられる。

若い女性

日本人の 20~24 歳の若い女性の自殺率は、アメリカの同タイプの自殺率の 6 倍近くであり、この数字は世界の中で非常に高いと言える。日本の 15~29 歳の青年の死亡事件の中では、自殺が主な死亡原因の第 2 位であったが、これに対して女性側は同項目の中で

1 位である。

女性の自殺する原因はまず自身の地位の問題で、戦後日本の女性の地位は高くなったが、現実には、日本はまだまだ男女平等な社会であるとは言えない。「女性の生活と意識の報告書」によれば、日本の女性は、職業のない人が 49.5を占めており、「家庭生活に於ける夫の地位が自分より高いと感じている女性」が 66.8を占めている。「夫婦が平等であると感じている女性」はわずかに 27.1だけであり、家庭生活の中で妻が特権を持っているのはわずか 15 . 7 %である。また、社会生活に於いて、就業問題での不平等

を感じている」という回答は 59 . 4 がある。約 10 年ぶりに日本の女性の地位の

向上が感じられるという報告が続いているが、50 以上の日本の女性は、日本社会に於いて依然として深刻な男女不平等現象が現れているという。日本の男女間の境界線と 差別は社会の組織形式に影響を与えるため、他者が調停することは難しい。これは日本 女性に与えられた心理的な圧力と心理上の不均衡になるからである。日本の女性は家庭、社会の中で他国に比べて特殊な地位を持ち、家庭関係や人間関係の中で挫折した可能性 が男性より大きく、自殺の可能性も大きいと考えられる。

中年の群体

2002 年の自殺者の中で、40~50 歳の中年の人は 4 割以上を占めて、史上新高値を更新

した。特に 50 代の男性はすでに 10 年前の 3472 人から 6660 人に昇った。

バブルが崩壊し、景気が落ち込むと、厚化粧が剥げ落ちるように、日本的な会社(雇用制度)の醜悪な面が現れた。大卒内定率が 50以下になることもあり、労働者の 3 人に 1 人が非正規雇用になることもあるが、このことが中高年のサラリーマンにうつ病が急増することの原因である。一人暮らしで、頼れる人がいないという状況は、心の健康も害し、長時間の残業は過労を招く。また、精神的なストレスも大きく、心身は疲れきっている。また、悪性腫瘍、腎臓透析、肝硬変などで、体の自由が制限され、苦痛を伴いやすい慢性疾患では、憂鬱の状態になりやすいので、自殺のリスクも高いと言える。

老人

現代日本社会に自殺が蔓延している。年間 3 万人を突破しており、交通事故死がこの

ところ年間 15 千人前後であることを考えるときわめて深刻な事態であるといえるであろ

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接