从東野圭吾的小説看人性 東野圭吾の小説から見る人間性毕业论文_日语毕业论文

从東野圭吾的小説看人性 東野圭吾の小説から見る人間性毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

推理小说在日本是受关注的一种文学形式,有很多种类。各派别的代表作家对推理小说的法杖起到很大的作用。其中东野圭吾的推理小说是从早期本格推理的作品到后期社会派推理的现实作品的演变,而且他的作品中所反映的人性在世间也引起了很大反响。本论文是在东野圭吾的推理小说的基础上,以《嫌疑者x的献身》和《白夜行》作为出发点,分析小说背后所隐藏的日本人的犯罪心理和犯罪行为背后所隐藏的原因和温暖的本性。

关键词:东野圭吾 推理小说 嫌疑者x的献身 白夜行 人性

目 次

はじめに 1

第一章 日本の推理小説 2

第二章 東野圭吾について 4

2.1 東野圭吾の略歴 4

2.2 東野圭吾の推理小説 4

第三章 『容疑者Xの献身』について 5

3.1 あらすじ 5

3.2 感想 5

3.3 主要人物の分析 6

3.4 人間性 8

第四章 『白夜行』について 9

4.1 あらすじ 9

4.2 感想 9

4.3 主要人物の分析 10

4.4 人間性 10

第五章 二つの小説の比較 12

5.1 主人公の感情の比較 12

5.2 今後の展望 13

参考文献 15

はじめに

日本の推理小説の種類は多彩である。様々な作品があるが、それぞれの時代の社会や人間像が反映されている。そこで、今でも多くの人に興味を持たれている作家として「東野圭吾」に注目し、その作品の持つ意味と価値を明らかにしたい 。東野圭吾は当代日本の推理文壇の社会派を代表する作家で、受賞した作品が数多い。彼の小説はとても特色を持つ。彼の作品の多くは複数の視点、多くの伏線とリンク、それらがピタリと組み合わせた時のこの上ない緊張感を持たせてくれる。また、彼の作品は、現実性のある社会性の強い題材を扱い、動機が重視され、リアリティを持たせた推理小説である。作品に潜むのは単なる娯楽性のみではなく、現実と社会性に対する描写も重視しているされている。東野圭吾の影響で、日本の推理小説はもっと現実的に、大衆向けになる。読者が印象深く感じたのは事件そのものより、人と人の繋がりと人間性の方がもっと多い。

本論文は「容疑者Xの献身」と「白夜行」という作品を代表して、小説の事実叙述と人物描写から日本人の人間性まで研究する。二つの小説中の登場人物の心理描写を通じて、人間性を探索する。また、二つの小説の差異を踏まえて、犯罪行為と人間の本性を深く研究する。また登場人物について、それぞれの人物の性格と行為を詳しく分析する。小説の中で起きる犯罪行為の背後にある人間の暗い心理と人の本性的な優しさを研究などすれば、社会人間性を深く理解できるであろう。その上で、当時の社会現実を背景として、様々な原因と影響をより具体的に検討する。

第一章 日本の推理小説

1.1 推理小説について

1.1.1 推理小説の定義

推理小説とは、犯罪に関する難解な秘密が、論理的に、徐々に解かれて行く経路の面白さを主眼とする文学である。このほか探偵小説、ミステリー小説、サスペンス小説という呼び名もある。

1.1.2 推理小説の発展

初期の本格推理、変格推理、社会派などのほかに、今は新本格派、旅情ミステリーなど、新しい種類も次々生み出されている。日本の推理小説の萌芽期は大正期である。当時の日本では、まだ欧米の翻訳推理小説が主流であった。しかし、江戸川乱歩が大正12(1923)年に「二銭銅貨」を発表し、そのユニークなトリックや巧妙な筋の展開などが欧米の推理小説に劣らぬほど優れているものだったので、大きな反響を得られた。

「江戸川乱歩や横溝正史を先達とする本格ミステリーは、探偵が知的に謎解きをするスタイルで、戦前に大ブームを巻き起こしました。ところが、戦後になって社会派ミステリー作家の松本清張が登場したことで、ミステリー小説はトリックよりも、犯人が犯罪に手を染めた動機や社会的背景が重視され、文学の一表現と見なされるようになります。しかし、綾辻行人のデビューをきっかけに、「もう一度、本格ミステリーに戻ろう」という動きが出てきました。こうした新しい世代が生み出す本格ミステリーを、「新本格ミステリー」と呼びます。」[1]

1.1.3 社会派推理について

社会派推理小説は荒唐無稽なトリックを否定し、現実性のある社会性の強い題材をあつかい、動機を重視した推理小説といわれている。また重要な人物の人間性、周りとの人間関係、社会的背景について深く描く。それが推理小説を、簡単な事件から文学の分野へと高める役割を完成させたのである。そのことがその代表である松本清張が日本の推理小説を大きく変えたといわれるゆえんである。

「われわれが、ふつう平凡な日常生活を送っているときには、まったく影をもとどめていないように見えるけれど、じつは、自分でもきのつかない意識を心のどこかに持っている、ということが考えられるのです。そして、ひとたび、なにか異常な事件にぶつかると、ヒョイとその隠された意識が飛び出し、それが行為に発展するのではないかと考えられます。したがって、隠された意識、われわれが気がつかないところの第二の意識、奥底の意識をひき出して、それから起こるところの事件なり犯罪は、それこそ相当人間性の突っ込める分野ではないかと思います」[2]

動機を追及して犯罪を描くということは、性格を描くことであり、人間くさい人間を描くことであり、人間社会を描くことである。

第二章 東野圭吾について

2.1 東野圭吾の略歴

東野圭吾は1958年2月4日に日本の大阪で生まれ、1985年に『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、翌年日本電装を退社して、専業作家となった。しかし、専業作家になって以後、1999年に『秘密』で日本推理作家協会賞を受賞するまでは、文学賞に何度も落選した辛く長い時間を過ごした。それが『秘密』を出版後、多くの人々から注目されるようになり、1999年に出版された作品『白夜行』は読者の大きな反響を呼び、人気作家になった。2006年に『容疑者Xの献身』で直木賞を取ることによって、本格的な流行作家の一人として評価され、その評判もだんだん高まってきているようである 。

2.2 東野圭吾の推理小説

東野圭吾は当代日本の推理文壇で社会派を代表する作家で、受賞した作品が数多い。彼の小説はとても特色を持つ。複数の視点、多くの伏線とリンク、それらがピタリと組み合わせた時のこの上ない緊張感を持たせてくれるものがある。東野圭吾は日本社会派推理小説家である松本清張の小説から影響を受けた。清張の推理小説は犯行動機を重視したり、社会へ鋭いまなざしを向けることで、その本質を抉り取ろうとしている。その意味で、松本清張は日本の推理小説史に新しい時代を作ったと言える。松本清張の創作理念が「文学はすなわち暴露」であるので、彼の推理小説は批判の性格を持っているらしい。松本清張は数多くの作品の中で日本社会でよくみられる問題を批判している。その影響で東野圭吾の推理作品は現実性のある社会性の強い題材を扱い、動機を重視し、リアリティを持たせた推理小説である。東野圭吾の作品に潜むのは単なる娯楽性のみではなく、彼は現実と社会性に対する描写も重視している。

第三章 『容疑者Xの献身』について

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接