从《幽灵公主》看日本人的自然观 『もののけ姫』から見る日本人の自然観毕业论文_日语毕业论文

从《幽灵公主》看日本人的自然观 『もののけ姫』から見る日本人の自然観毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

日本人对自然抱有特别的感情。因此,日本的艺术、文化、动漫等领域也反应了日本人的自然观。笔者很想知道日本人对于自然和环境是怎样思考的,而且对宫崎骏的动漫很有兴趣,看了他的很多作品。宫崎骏的作品表现了他自己的思想,笔者试着从作品中分析探索日本人的自然观。

本文参考前人的研究,通过宫崎骏的幽灵公主分析并研究日本人的自然观。具体内容包括:

  1. 分析作品中登场人物代表的阶级与个性;
  2. 从登场人物的自身出发,分析不同的自然观;
  3. 研究现实中人与自然的关系;
  4. 提出人与自然相互调和的思想;
  5. 进行适当总结和评述。

关键词:宫崎骏 幽灵公主 自然观 人与自然

目 次

はじめに 1

第一章『もののけ姫』についての紹介 2

1.1『もののけ姫』の背景とあらすじ 2

1.1.1『もののけ姫』の背景 2

1.1.2『もののけ姫』のあらすじ 3

1.1.3『もののけ姫』の中のセリフ 4

1.2重要な登場人物の階級や個性 5

1.2.1アシタカ 5

1.2.2エボシ 5

1.2.3サン 6

1.2.4ジコ坊 6

第二章『もののけ姫』についての分析 6

2.1 主人公アシタカとサンの立場 6

2.2 エボシ御前の立場 7

2.3人物の自然観の比較 8

2.4『もののけ姫』が考えさせること 8

第三章 人と自然についての考え 9

3.1 日本人の自然観 9

3.2 日中の自然観の比較 10

3.3人と自然の融合を求める 12

終わりに 13

謝辞 13

参考文献 14

はじめに

現在、環境問題はますます深刻になっているようである。なぜ人間と自然の関係はよくないようになり、どうしても共存できないのか。その根本的な原因は人間の生存に対する需要が絶えず増えていることである。人間と自然の矛盾は実は生存の空間を奪い取る衝突にある。宮崎駿から見れば、生存空間の問題を解決しなければ、人間と自然の戦いは避けられない。

宮崎駿の作品は題材は違うが、夢、環境保護、人生、生存それぞれを再認識させる情報を作品のなかに融け込ませている。美しい画面、豊かな想像力がストーリーで人々にほかの世界を現すと同時に、社会の多くの問題を指摘し、皆に深く考えさせる能力を持っているようである。例えば、作品の『もののけ姫』の中では、人間は自分の生活を発展させるために、生存環境を壊してしまう。

そのために、本論文で宮崎のアニメーションにおける人と自然の関係について考察し、どのように自然観を皆に伝えているのかということを分析する。そのために、『もののけ姫』の主旨を把握するのは重要であり、象徴的な意義も身につけなければならない。

第一章『もののけ姫』についての紹介

1.1『もののけ姫』の背景とあらすじ

1.1.1『もののけ姫』の背景

『もののけ姫』は宮崎の環境意識を表す作品の中で、代表的な作品である。

『もののけ姫』の背景は日本中世世紀の室町時代である。あの時代の人間は戦火と厳しい政治の中から逃げるために、次々に深山に分け入って、家を建て、そのせいで、森の動物たちの生存環境が破壊された。だから、人間と自然の矛盾がますます大きくなる。

このアニメーションに出場する「シシ神」と呼ばれる神の原型は鹿である。「シシ神の森」の一切を支配している。「シシ神」の存在の原因は人間が森を破壊することを食い止めるためである。人間は「シシ神」を殺すために戦争を引き起こす。戦争が大きな破壊をもたらして森が緑を失ってしまう。「シシ神」が死んだので森も活気がなくなる。主人公のアシタカは最後に、「『シシ神』は死にはしないよ、命そのものだから。」と語る。この台詞の深い意味はなんだろうか。自然は人間に資源を与えて、そこここにつもる。

  自然と共存することはすべての基本である。これも宮崎が観衆に伝えようとしている環境意識である。

 人間は自分の利益を獲得するために、自然と生態を破壊してしまう。しかし、作品の終わりでは、人は自然の力の大きさ、偉大さを理解するようになる。宮崎は我々に「自然を認識し、敬い、共存する」という概念を教え、環境問題へ目を向けさせる。

ストーリー

象徴的な意義

鉄鉱石を採掘し続け、冶金技術を開発し、火器を造る。そのためには、不思議な力を持つ「シシ神」と戦うことも厭わない。

人間は自らの利益のために、自然保護・環境保護への配慮を全く無視してきた。

戦いの中で、シシ神が倒されるとき、森は破壊され、万物の命が失われてしまう。

人は環境保護の重要性を認識する。

主人公のアシタカは最後に、「『シシ神』は死にはしないよ、命そのものだから。」と語る。

人は自然を征服し、勝ち続ける必要はない。自然に従い、自然を愛するべきである。人と自然の融合は、まず自らを自然の中に投じ、かつ自らを自然のひとつであるという事実を受け入れることである。

人と自然の関係について、日本人は今も変わらず自然と一体になる親近感を持っている。

1.1.2『もののけ姫』のあらすじ

室町時代、北の地に生きるエミシー族の村をタタリ神となった巨大な猪が襲う。王家の血をひく青年アシタカは村を救うためにタタリ神に矢を放つが、その代価としてアシタカの右腕が死の呪いをかけられる。この呪いがアシタカに爆発的な力をあたえるが、代わりに少しずつ命を奪っていく。ただ死を待つより、村の老巫女ヒイさまから、西に行けば呪いを取り除く方法が見つかるかもしれないという忠告を受けたアシタカは、遥か西方の地を目指して旅立つ。それは、呪いを解くためでなく、なぜ彼が呪いを受けたのかという理由を確認するためである。

その途中、アシタカは犬神モロに襲われて谷に落ち込んだ。その後、製鉄工場・タタラ場に泊まることになった。アシタカはそこで女頭領エボシ御前と会い、彼女たちが山と林を開拓して砂鉄を得るため、猪神をアシタカの村を襲ったタタリ神に変えてしまった原因であるということを知る。

ある夜、サンが山犬とともにタタラ場を襲撃した。サンは犬神モロの君に育てられたもののけ姫で、森を破壊するエボシ御前を激しく憎んでいる。エボシ御前とサンの闘いを止めようとしたアシタカは、重傷を負いながらサンを背負ってタタラ場から逃走した。でも、サンはそんなアシタカに疑惑を抱く。人間の中にもほかの人間と違う人間がいるということを感じた彼女は、アシタカのことをシシ神に頼んでおく。そして、森の中から現れたシシ神は、アシタカの傷を癒してくれた。それから、齢500歳の老猪・鎮西の乙事主が、猪神を引き連れて森を侵す人間との戦争に決着をつけようとする。

一方、謎の坊主ジコ坊は唐傘連などの不気味な配下を率いて、不老不死の力があるためにシシ神の首を狙おうと、エボシ御前と結託してその計画を準備していた。アシタカが人間と神々の争いを制止できないまま、ついに闘いの火蓋が切られてしまう。戦争に火花を散らす。双方が次々と相手を倒し、シシ神の首を手に入れた。首を失ったシシ神は、触れるものの命と活力を全て吸い取ってしまうディダラボッチに姿を変えて人間を襲い始め、アシタカとサンは逃げ回るジコ坊を遮り止めると、シシ神に首を返す。すると、ディダラボッチの姿は朦朧とした月の光の中に消えていった、全ての森が元の姿に回復した。シシ神の死んだ森を見て嘆くサンを、アシタカは一緒に生きようと説得する。その時、アシタカの手の呪いが解けていた。

1.1.3『もののけ姫』の中のセリフ

  映画の冒頭で、「昔、この国は深い森に覆われ、そこには、太古からの神々が住んでいた。」と、説明される。映画の物語は、主人公アシタカの住む村を「タタリ神」が襲う場面から始まる。アシタカは村をまもるために、タタリ神を殺した。タタリ神の正体は一頭の猪だった。猪は死ぬとき、「汚らわしい人間どもめ、我が苦しみと憎しみを知るがいい。」と言う。巫女はこの猪がどのようにしてタタリ神になったのかを語る。「深手の毒に気ぃふれ(気がふれ)、身体は腐り、走り走るうちに呪いを集め、タタリ神になってしまったのだ。」と、いうことだ。そしてその原因として、死んだ猪の身体の中にあった黒くて小さな丸い塊を示す。そして、「見なさい。あのシシの身体に食い込んでいたものだよ。骨を砕き、腸を引き裂き、むごい苦しみ与えたのだ。さもなくば、シシがタタリ神などになろうか。」と、語った。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接