从日本动漫看治愈系文化 日本アニメから見る癒し系文化毕业论文_日语毕业论文

从日本动漫看治愈系文化 日本アニメから見る癒し系文化毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

  提到日本,大概首先会联想到动漫产业。作为日本文化代表的动漫产业,不仅给日本人,而且给全世界人民都带来了巨大的影响。并且,随着日本动漫作品的出现,也出现了各种各样的新兴词汇 。例如,“萌”、“宅”等等。而“治愈系”也是新兴词汇的其中之一。

  另外,“治愈系”这一词汇的出现可以说与当时日本的社会状况有着很大的关联。

  那么,治愈系到底是什么呢?一言以蔽之,治愈系就是能够抚慰人的心灵,传达给人一种柔和的感觉。

  实际上,治愈系这个概念最初出现于音乐领域。随着时间的推移,逐渐发展到电影、动漫等诸多领域中。并且,到目前为止,电影以及动漫在治愈系的流行中发挥着举足轻重的作用。另外,治愈系对于现在生活节奏快速的人们,起着缓和的作用,人们可以在治愈系中追求心灵的平稳。

  本文,首先对于治愈系的概念进行简单的阐述,然后以治愈系动漫中的代表作品《夏目友人帐》为中心,从动漫中分析日本存在的治愈系文化,通过动漫中所表现的治愈系文化,探讨其文化方面的原因。最后对于治愈系的现状以及发展趋势,阐述自己的见解。

关键词:日本动漫;治愈系;《夏目友人帐》 ;文化原因

目 次

はじめに 1

第一章 癒し系の概念分析 2

1.1癒し系の概念 2

1.2癒し系の現れる原因 3

第二章 具体的なアニメから見る癒し系文化 3

2.1粗筋から見る癒し系文化 4

2.2人物の設定、せりふや心理活動から見る癒し系文化 5

2.2.1人物の設定から見る癒し系文化 5

2.2.2人物のせりふから見る癒し系文化 6

2.2.3人物の心理活動から見る癒し系文化 6

2.3画面から見る癒し系文化 7

2.4音楽のかけ方から見る癒し系文化 7

第三章 癒し系の文化根源 8

3.1「自然崇拝」の影響 8

3.2「無常観」の影響 8

3.3「集団主義」の影響 9

第四章 癒し系の現状および成り行き 9

終わりに 10

参考文献 11

謝辞 12

はじめに

 現在、グローバル化な時代に、癒し系は世界のどちらにも見つかるが、日本の癒し系文化は世界でもっとも長い歴史を持つものである。それだけでなく、日本にはすでに完全な癒しの体系がある。1999年、日本音楽家の坂本竜一が癒し系音楽を創作し、大成功であった。そのおかげで、「癒し熱」が成され、「癒し系」の言い方も普及になり、次第にアニメや文学などの分野に浸み込んできた。文学といわず、アニメといわず、癒し系の作品は全部、清新な格調およびゆっくりしているリズムの特徴をしている。それらの作品は人の心を暖かめるや浄化する働きがある。現代の人々は社会や家庭の圧力を引け受けているので、そのような圧力を緩めるために、さまざまな方法が求められている。癒し系はこの状況の下に、ますます重要になった。大勢の人は癒しに関わる映画や音楽、小説やアニメに頼り、圧力解放に達した。ゆえに、本論文は日本に存在する癒し系文化を探求したい。特に、アニメ強国といえる日本はアニメを重要なツールとして、癒し系文化をその中に人々に伝える。このため、本論文は数多くのアニメから『夏目友人帳』という典型的なアニメを選び、それを中心に、アニメに出た癒されるものから日本の癒し系文化を見たい。具体的にいえば、癒し系文化はどのようにアニメを託し、そのヒーリングの役割を果たすのか。そして、癒し系文化における原因は何であるのか、また、それにもたらす影響は何であろうかという多くの問題を解決したいと思う。

 ここ数年、時代の変化に従って、癒し系文化も次第に注目されている。癒し系文化を研究する人も増えている。韓思斉(2010)による『日本癒し系の文化分析』[1]では、世界各民族が癒し系文化を持っているが、ただ日本の癒し系文化が文化、音楽、旅行、映画、アニメ、芸術人などの面にも及ぼす完全な体系が成されると指摘する。その文の中に、音楽や文学、映画やアニメなどの具体的な例を挙げ、癒し系文化を討論した。その上、それらの例を通じ、その文化上の原因を分析し、さらに日本の文化特性を理解し、また、当代日本の社会意識の変化と発展を論じた。

 また、童民の『疗愈经济在日本』(2006)という文章に、日本に圧力を緩和し、心の傷を慰めるいろいろなサービスを癒し系と総称すると述べた。文章の中に、当代のさまざまな面での癒し方法をまとめた。

 そのほか、任知の『完全治愈系』という本において、飲食治癒、旅行治癒、文学治癒、創意治癒、スター治癒、絵本治癒、アニメ治癒などの紹介によって、日本の癒し系文化を中国国民に伝え、気持ちが転じられ、心が癒されるのが求められる。筆者は本の中で癒しについてこう述べた。「癒しとは、悲しいやさまようときに、人の心を暖かめ、そして、浄化し、安心させる力があるということである。」筆者はこの本を通じ、仕事や生活の二重圧力に対する現代人に適当な減圧方法が紹介された。

 以上に述べたように、癒し系はすでにわれわれの生活に離せないものとなった。そのために、本論文は癒し系文化について、分析を行い、癒し系文化を一層深く理解したいと思う。

癒し系の概念分析

1.1癒し系の概念

 癒し系文化を検討するには、まず、癒し系という概念を把握しなければならない。癒し系について、以下のような解釈が見られる。

 「人を癒すような雰囲気を持っていること。音楽・タレント・ペット・キャラクターなどについていう。」[2]

 「癒し系は日本語の文脈には、人の心を慰め、人に持続、永遠そして連続の伸びやかな気持ちを与える一連のことを指す。」[3]

 総じていえば、癒し系は人を癒すのに役立つもので、基本的には清新な格調、暖かいストーリー、ゆっくりしているリズムという特徴を持っている。

1.2癒し系の現れる原因

 第二次世界大戦後、日本は戦敗国として、大きなショックを受け、廃墟のようになり、数多くの問題が出てき、非常に苦しい羽目に陥った。このような状態にいた日本国民たちは不安になった。また、戦後、日本は次産業時代に入り、仕事における圧力が積み重なり、家庭内のコミュニケーションも少なくなり、人々は社会や家庭から依頼感や帰属感が得られなくなった。そのために、人々は心の安定や静かさを追求し、癒し系文化の雛形はそのうち、だんだん姿を見せはじめてきた。

 その上、1990年3月ごろから、バブルが崩壊し、景気が後退し、日本経済は非常に不況になった。全日本は不安定でパニックに陥り、圧力も膨張し、安定を追求する意欲も一層強くなった。このような変化のもとに、癒し系の出現は人々の願いになるともいえるであろう。

 このような時代変化に応じ、1999年に坂本竜一の音楽作品をはじめ、癒し系の作品はアニメ、文学、映画などの分野に広がった。

具体的なアニメから見る癒し系文化

 日本アニメの数量は数えきれないほどで、その中に、癒し系に属するアニメも数多い。たとえば、ほとんどの人に知られる宮崎駿の『千と千尋の神隠し』や高屋奈月の『フルーツ・バスケット』などがあげられる。

 本論文はひとつの典型的な癒し系アニメの『夏目友人帳』を中心に、癒し系文化を見たい。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接