日本电影《大逃杀》中的“菊与刀”/日本映画『バトル#65381;ロワイアル』に見られる「菊と刀」毕业论文_日语毕业论文

日本电影《大逃杀》中的“菊与刀”/日本映画『バトル#65381;ロワイアル』に見られる「菊と刀」毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

 《菊与刀》是美国文化人类学者鲁思·本尼迪克特写的讲解日本文化的人类学著作。是为了为战后对日政策提供理论依据,采用了实地考察,文献研究以及对住在美国的日本人进行取材等研究方法,写成了这本书。直到今天,这本书还是研究日本的经典作品。所谓的“菊与刀”就是指日本人性格的两面性。鲁思·本尼迪克特分析了“恩”和“义理”等日本固有文化的价值。强调了日本文化价值体系的独特性。“菊与刀”文化作为日本文化的特征,体现在日本人日常生活的各个方面。因此,在电影中也能发现这种文化的影子。例如电影《大逃杀》,本论文以《大逃杀》为中心,分析了日本的等级制度和耻文化,进一步探讨了日本人的性格特征。

关键词:恩和义理 等级制度 两面性 耻文化 菊与刀

目次

1.始じめに 1

1.1 本研究の目的 1

1.2 研究方法と手順 1

2. 「菊と刀」について 1

3.『バトル・ロワイアル』について 1

3.1監督について 1

3.2あらすじ 2

4.『バトル・ロワイアル』の中での「菊と刀」 3

4.1上下関係の秩序 3

4.2「恩」と「義理」 4

4.3「耻」と「罪」 5

5. 『バトル・ロワイアル』が日本社会に与える影響 6

5.1日本国内からの評価 6

5.2日本社会に与える影響 6

6.終わりに 7

参考文献 9

謝辞 10

1.始じめに

1.1本研究の目的

中日関係は中国でずっと敏感な話題である。にもかかわらず、近年中日は商業貿易と映画、アニメなどの文化領域での交流と協力が盛んだ。昔、米国の文化人類学者ルース・ベネディクトは、戦後対日政策に理論証拠を提供するために、『菊と刀』を書いた。今でも、日本文化を論じた本にこの本は一位である。「菊と刀」をもっと理解しやすいことができるように、さらに、日本人をよく理解するために、本論文は『バトル・ロワイアル』を中心に、日本人の両面性を分析しようと思う。

1.2研究方法と手順

 本論文はまず「菊と刀」の概念について紹介し、それから、ルース・ベネディクトの理論に基づいて、『バトル・ロワイアル』という映画の内容を理論と結びについて、日本の文化を研究し、そのような文化背景における日本人の性格を分析しょうとする。

2. 「菊と刀」について

 『菊と刀』は、ベネディクトの戦時中の調査研究をもとに1946年に出版された。ベネディクトは、フランツ・ボアズより教わった急進的な文化相対主義の概念を日本文化に適用するべく、恩や義理などといった日本文化固有の価値を分析した。「菊と刀」というのは日本人の矛盾な性格のたとえである。

 日本人は喧嘩好きであると共におとなしく、軍国主義的であると共に耽美的であり、傲慢であると共に礼儀正しく、頑固であると共に順応性に富み、忠実であると共に不忠実であり、勇敢であると共に臆病であり、保守的であると共に新しいものを喜んで迎え入れる。彼らは自分の行動を他人がどう思うだろうか、ということを恐ろしく気にかける。同时に、他人が自分の不行迹にぜんぜん気がつかないときは、罪の誘惑に負かされる。

3. 『バトル・ロワイアル』について

3.1監督について 

 『バトル・ロワイアル』の監督は深作欣二である。7月3日、茨城県生まれ。1953年(昭和28)日本大学を卒業後、東映に入社し、1961年に千葉真一主演の小品で監督に昇進。『誇り高き挑戦』(1962)、『狼(おおかみ)と豚と人間』(1964)といった現代劇に才能をみせ、そこに力強く表現された、絶望的に戦いを挑む若者たちの姿やアウトローたちの生きざまは、やがて『仁義なき戦い』シリーズ(1973~1974)のような傑出した群像ドラマとして花開いた。日本映画界の製作本数減少とともに大作を監督することが多くなり、『資金源強奪』(1975)のような小品の味わいが薄くなったのは残念だが、その後も『蒲田(かまた)行進曲』(1982)、『火宅の人』(1986)、『いつかギラギラする日』(1992)などでつねに観客の大きな支持を得た。1996年(平成8)日本映画監督協会理事長に就任(~2003)。2000年『バトル・ロワイアル』を発表、2002年12月『バトル・ロワイアルⅡ』の制作にとりかかるが翌2003年1月12日前立腺癌により死去。

3.2あらすじ

 新世紀の初め、ひとつの国が崩壊した。経済的危機により完全失業率15%。失業者1000万人を突破。大人を頼れない世界に子供達は暴走し、学級崩壊や家庭崩壊が各地で発生。不登校児童・生徒は80万人。校内暴力による教師の殉職者は1200人を突破した。自信をなくした子供達を恐れた大人たちは、やがてある法案を可決、施行する。それが、新世紀教育改革法、通称BR法だ。年に一度、全国の中学校の中から選ばれた1クラスに、コンピュータ管理された脱出不可能な無人島で、制限時間の3日間に最後の一人になるまで殺し合いを強いるという法律である。

 そして、今回それに選ばれたのは岩城学園中学3年B組の生徒たちだった。元担任・キタノの指導の下、食料と武器がそれぞれに渡され、ゲームが開始。極限状態に追い込まれた生徒たちは、様々な行動に出る。昨日までの友人を殺害する者、諦めて愛する人と死を選ぶ者、力を合わせて事態を回避しようとする者。自分から志願してゲームに参加する転校生の桐山和雄に殺戮される者……。

 そんな中、生徒のひとりである七原秋也は、同じ孤児院で育った親友・国信慶時がほのかな想いを寄せていた中川典子を守る為、武器を取ることを決意。当て馬としてゲームに参加した転校生の川田章吾と共に島から脱出しようとする。

4『バトル・ロワイアル』の中での「菊と刀」

4.1上下関係の秩序

 『菊と刀』の1章の中で階層制度を検討してきた。日本の文化のタイプを正式に検討する一つ目の重要な話題として、作者は階層制度を挙げた。これより分かるのは作者の全体の日本人議論体系の中で階層制度が基礎性地位を占めた。深く探ぐれば、日本の道徳体系の形成原因は階層制度と言えるようである。「人々が自分にふさわしい位置を占める」のような日本の階層制度に対する信頼こそ、人間の相互関係、ならびに人間と国家との関係に関して日本人の抱いている観念全体の基礎を成すものである。作者はまず階層制度を反映している日本の日常生活を述べた。日常の会話の中の敬語、儀礼、それぞれの家庭の成員の地位、男女社会の地位の相違などが挙げられた。このような階層制の歴史が7世紀にさかのぼることができる。日本が中国の文化を導入することができた前に、徳川幕府の統治の下に階層制度が完璧になったと言え、徳川の幕府の身分制度として強制推進されたようである。作者はこの身分制度を詳しく述べた後で、わりに大きい移動性があるという特徴を指摘した。それぞれの階層は不変であるが、しかし婚姻を結ぶなどの手段を通じて互いに移動することができる。これは一定の程度の上であまりにも厳しい身分制度の持ってくる可能の抵抗を緩和した。

 映画の始めに次のような話がある。「新世紀の初め、ひとつの国が崩壊した。経済的危機により完全失業率15%。失業者1000万人を突破。大人を頼れない世界に子供達は暴走し、学級崩壊や家庭崩壊が各地で発生。不登校児童・生徒は80万人。校内暴力による教師の殉職者は1200人を突破した。自信を失くし子供達を恐れた大人たちは、やがてある法案を可決、施行する。それが、新世紀教育改革法、通称BR法だ。」。つまり、階層制度が崩壊した後、それをもう一度設立するために、BR法を作った。上層の人は下層の人に尊敬されないので、心に恐れをいだいた。そして、上層の人は新しい秩序を建てたい。BR法は見知りあったクラスメイト同士で互いに殺し合いをさせる。子ともたちに自分の力を見せる後、自分を恐れる、尊敬するようにさせようとしている。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接