日常生活から見る中日の環境保護 从日常生活看中日环境保护毕业论文_日语毕业论文

日常生活から見る中日の環境保護 从日常生活看中日环境保护毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

环境保护是当今社会不可避免的话题,与人类生活息息相关。但是,随着经济的发展,世界环境也受到不同程度的破坏。因此,本文以发达国家的日本与发展中国家的中国为例,比对两国在日常环境保护的垃圾分类与秸秆处理的方法,以寻求环境保护的途径。

本论文从中日两国的环境意识开始分析,之后说明两国垃圾分类与秸秆处理情况,对比中日两国在垃圾分类与秸秆处理上的不同之处,结合两国国情,分析两国环境保护之路所得出的启发。

中国比起日本环境问题更为严峻,但对环境保护的强度弱于日本也是事实。本文分析两国环境保护中的措施后,对相似点做了归纳。同时,从中国对环境保护比起日本来的不足出发,参考日本环境保护的成功例子,试着提出以下解决方案。一、环境保护从身边做起;二、根据地区及场所的不同提出适合当地实行的解决对策。

关键词:环境保护 中日 垃圾分类 秸秆处理

 

目 次

はじめに 1

第一章 日本の日常生活における環境保護 2

第一節 日本人の環境意識とその原因分析 2

第二節 環境保護の成功例その一:ゴミの処理法 3

第三節 環境保護の成功例その二:日本におけるわらの利用 4

第二章 中国の日常生活における環境保護 6

第一節 中国人の環境意識 6

第二節 環境保護に対する措置 7

第三章 中日の環境意識の比較からの示唆 9

第一節 身近いころから環境保護を 9

第二節 地域・場合によって適当な解決案を出す 10

終わりに 12

謝 辞 13

参考文献 14

はじめに

環境保護とは、人は現実的な存在する或いは、潜在的な環境問題を解決し、人間と環境の関係を調和し、人間の生存環境を守って、経済社会の持続可能な発展を保障するため、色々な行動を採用する総称である。世界経済の急速な発展に伴って、オゾンホール、気候温暖化、エネルギー不足などの一連の環境問題も人々の目の前に暴露した。本論では日本と中国を例として選んで分析する。日本は20世纪の「水俣病」などの環境事件を経験した後、中国は「白い汚染」を経験した後、両国は環境保護の重要性を切実に認識した。

日本での映画と文学作品には環境保護意識を体現する作品が沢山ある。例えば、宮崎駿が監督したアニメの中で、「風の谷のナウシカ」と「もののけ姫」はその代表作品で、人間と環境の共存の問題を検討する。筆者はこれらの作品から、日本の環境保護についての措置に興味があり、大量の方面から一番我が身近い―日常生活を検討してみたい。

本論は中日のゴミとわらについての処理方法によって、日本と中国の良い環境保護の方法からの経験をまとめる。両国でのゴミとわらの処理方式についての研究は、数多くの作品に見られる。中国で、王京钰、吴敏による「日常生活と日本人の低い炭素の環境保護意識について」では、日常生活の環境保護措置を中心に、また意識、エネルギーの方から、日本人の低い炭素の環境保護意識を詳しく述べる。日本では、斎藤渡、泉谷真実による「積雪寒冷地におけるわらの処理、利用方式の特質」では、青森県つがる市、広前市における農家アンケート調査結果の分析を求めて、大量の数字で日本の寒冷地のわらの処理方法を明らかにする。

本論の研究の目的は日本と中国のゴミとわらの処理法についての環境保護への措置によって、両国の日常生活の環境保護の方法を対比し、両方の環境意識とその原因を分析し、日本と中国の良い環境保護への方法から経験をまとめる。それと同時に、今、経済高速発展の道を歩いて、環境問題はますます深刻となる中国に、日常生活で何かの方法を利用して環境保護に有利であるかの問題を提出する。

第一章 日本の日常生活における環境保護

日常生活から言えば、小さいところから表現する環境保護は非常に重要である。その中で、ゴミの分別は人々にとって毎日にしなければならない仕事である。日本でゴミの分別の制度は過酷に至る程度と言ってもいい。従って、本論はゴミの分別を選ぶ。

取り入れる季節の時、筆者は一度田舎にある故郷に戻って、道路の両側の農地はどちらのでも煙だらけの様子であって、目を開けられなかったことがある。未利用のバイオマスは大量にこのような方法で処理された。日本ではわらをどのように処理するか、このような問題を思い出した。その二つの例を説明する前、まず日本人の環境意識を分析してみる。

第一節 日本人の環境意識とその原因分析

一、日本人の環境意識

 日本人にとっては、資源を無駄遣い人は恥ずかしい。省エネルギーや資源の最大化の利用を実現するのは日本人の目的である。その目的を達するために、日本人は平日の生活で小さいところでも軽視しない。それに、日本政府が小さいところへの注意さは非常に高い。その一つの例はゴミの分別である。

 何の仕事でも、一人の力で完成するのは難しい。痩せ牛も数たかれ。環境保護は個人とか、政府とか一方だけの責任ではない。皆にいいことは皆が参加するべきである。それに、環境保護の意識は日本国民の肝に銘じる。皆は環境保護のため、自分のできることをやる。ゴミを勝手に捨てる人はほぼない。

 環境の重要さは人々の暮らしと密接な関係がある。美しい環境が人間の暮らしと仕事への優しさは他の物に替わられないのである。環境保護の目的はもっと良い環境を築く。従って、環境保護の途中で、再び人間への消極的な影響を減少するのも環境保護の追求である。

二、日本人の環境意識の原因分析

日本の国土面積は37.7873万平方キロメートルで、総人口は1.27億である。土が少ないが、人が多い、資源が貧乏で、人の生活は自然への依頼度が高い。従って、古来から自然への畏敬はとても高い。八百万の神はその表現の一つである。

日本は島国で、プレートの境にあるし、自然災害が多い。日本の先賢達は他の民族よりもっと自然に畏敬し、すべてのものには神があると思う。八百万の神の八百万は数が非常に多いことの意味である。日本人が自然への畏敬することはここから窺える。地震多発のせいで、日本の家屋は耐震建築で、子供らは小さい時からを防災の知識を教育させる。日本人は自然に適応するため、この依頼度はますます環境保護意識と変化する。

国土が狭くて、資源の欠乏や自然災害が頻発するなど、ずっと日本人の心に警鐘を鳴らさせる。従って、日本国民の危機意識は幼い頃から育成し始まる。資源不足の意識が強いため、80年代初頭から、日本は非常に低い価格で中国から多くの石炭を輸入し、海を埋め立てや蓄えをする。このような資源への危機意識は日本人を特に省エネや環境保護を注意させられる。

また、欧米が個性を求める価値観と違い、日本人は集団の一員となるため努力する。集団のうちとそとには鮮明的な差別待遇がある。日本では、集団以外の人は人気がなく、集団以外の人自身も受けられない感じがある。集団意識は人に集団からのプレッシャーをあげる。ゴミとわらの処理の過程で各方面の協力と秩序の整然さは集団意識と関係があるであろう。

第二節 環境保護の成功例その一:ゴミの処理法

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接