中日の結婚式の礼儀と禁忌の比較研究 中日结婚仪式与禁忌的比较研究毕业论文_日语毕业论文

中日の結婚式の礼儀と禁忌の比較研究 中日结婚仪式与禁忌的比较研究毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

中国和日本是一衣带水的国家,随着中国经济的发展,中日两国的文化方面的交流也越来越繁盛。因为两国人民对于互相之间的习惯、不同点了解的不够,民众之间的不信任感却增加了。婚姻是由家庭、家族、血缘组成,是为了人类社会继续发展的基本形式。婚姻为了得到社会的认可会举行婚礼,婚礼无疑是我们生活中距离我们最近且是我们人生中最重要的事。但是在不同的社会形态下存在不同的礼仪和禁忌。据此本论文将以婚礼为话题展开研究。本论文通过对中国文化与日本文化的对比,以此加深两国人民的互相了解,对中日交流做贡献。

本文首先分别介绍中日两国的婚礼礼仪和禁忌,接着找出两国婚礼的相同点和不同点,最后分析这些不同产生的原因。由于中国和日本的传统思想、社会历史、国民的性格和价值观不同,两国的结婚仪式、服装和禁忌也存在一些差异。中国从古代开始就很重视“六礼”,日本也有同“六礼”相似的礼仪;结婚时中国的新娘穿大红色的衣服而日本的新娘穿一身白。诸如此类的异同还有很多。如果两国的人民能互相理解这些差异,相信中日两国的关系一定会变得更好的。

关键词:婚礼 礼仪 禁忌  中日比较

要 旨

 中国と日本は「一衣帯水」の国と言われてきた。中国の経済の発展につれ、中日両国の文化面の交流も盛んになりつつある。それはお互いに相手の習慣や、相違点などよく理解していないのではないか、両国の国民の間では不信感を増している。婚姻とは家庭、家族、血統を作り上げ、人類自身が社会的発展を続けるための基本形式である。婚姻を社会的に認知してもらうための儀式として結婚式を行い、結婚式は私たちの生活に一番近くて、人生の中でも重要なイベントであることに変わりはない。が、それぞれの社会には異なった礼儀と禁忌が存在する。それにより、本論文は結婚式を話題として研究する。両国の国民の理解を深めたいと思った、本論文を通して身の回りの文化現象を紹介して、日本との比較により、両国の交流に貢献する。

本論文は別々に両国の結婚式の儀礼と禁忌を紹介して、それから中日両国の結婚式の共通点と相違点を見つけ出し、最後にその原因を分析する。中国と日本の伝統思想、社会歴史、国民の性格、価値観などが違うので、両国の結婚式の儀式、服装と禁忌などの方面には異なったところが多くある。中国は古代から「六礼」を尊んで、日本に「六礼」に似る儀礼もある。結婚する時中国新婦は真紅の婚儀衣装をつく。が、日本新婦の婚儀衣装はすべて白いのである。それぞれの差異がいろいろある。両国の国民がお互いに理解できれば中日両国の関係はもっとよくなるに確信している。

キーワード :結婚式、礼儀、禁忌 中日比較

目次

はじめに 1

第一章 中国における結婚式の儀礼と禁忌 1

第一節 中国の結婚式の礼儀 1

第二節 中国の結婚式の禁忌 2

  第三節 形成要因の分析 3

 第二章 日本における結婚式の礼儀と禁忌 4

  第一節 日本の結婚式の礼儀 4

第二節 日本の結婚式の禁忌 4

  第三節 形成要因の分析 5

 第三章 中日の結婚式の異同点とその文化的な分析 6

  第一節 中日両国の結婚式の比較 6

  第二節 中国の伝統文化の影響 7

  第三節 日本文化の開放性と独自性 8

 終わりに 9

 参考文献

 謝辞

はじめに

 日本は中国の近くに位置して、『古事記』の掲載によると、両国は大昔から交流してきたそうだ。日本は中国から技術を習ったと同時に、中国の文化も習ってきた。それで、各方面において類似的な文化を持っている。しかし、その一方、いろいろな原因で両国の間では大きな相違点も見つけられる。さらに、中国の経済の発展につれ、文化交流が盛んになっているにもかかわらず、両国の民間では不信感を増している。それはお互いに習慣や好みなどをよく理解していないのではないかと思う。

 本論文をきっかけとして、中国の文化を日本のより多くの方々に紹介する。中国と日本の結婚式の礼儀と禁忌についての共通点と相違点は何か。その共通点や相違点における原因は何か。中国伝統思想文化が日本の結婚式に与えた影響は何かなどを検討してみたい。

 中国と日本の結婚式の礼儀と禁忌について、昔からさまざまな分野において、さまざまな方法によって研究されてきた。中には中日の結婚式の礼儀と禁忌についての研究は特に数多くある。亓唯唯の『浅析中日婚俗文化异同』と言う論文において、中日結婚式の風俗文化から両国の観念と礼儀形式を比較して、中日文化の間に存在する相違点を述べ、お互いに優秀な文化を習って自分の文化を改良すべきだを主張する。主婦の友社の『冠婚葬祭実用大事典』では、日本の伝統婚礼について、縁談から見合い、結納、挙式、披露宴までのことがひと目でわかる。『日本の結婚史』による、古代から平成まで日本の結婚形式をまとめる。本論文は以上の先行研究を踏まえ、中国と日本の結婚式の礼儀と禁忌を比較して、その共通点や相違点およびの原因を分析する。

第一章 中国における結婚式の礼儀と禁忌

第一節 中国の結婚式の礼儀

 昔の中国では、結婚は人生の中で最も喜びの事と言う。封建社会では結婚を重視するので、結婚に関する厳しい決まりに従わなければならなかった。中国の伝統的な結婚儀式は非常に複雑であり、納彩、問名、納吉、納清、清期、親迎といった六つの儀礼があった。「六礼 」とよく呼ばれている。各時代の変遷や地方の風習などによって相違するが、全体として、 主な婚礼の流れは次のようである。まず男家は媒人を遣わして、女家に縁談の話を申し出し、承諾を得てから、宗廟で先祖の縁談の同意を聞く。こうして、縁談が成立すれば、吉日を選んで、女家に聰財を贈り、そして結婚の当日に女家から嫁を迎えると、再び宗廟で宗族の前に結婚を報告して、宗族からの認知を得た上で、婚姻が正式に成立する。宗族制度が次第に成熟したため、結婚は単に男女の個人的な意識によるものではなく、家のためという比重が高い。要するに家の繁栄、経済生産力の向上のために結ばれたものだといえよう。

 紅色は中国古来より大変めでたい色とされている。中国の伝統的な結婚式は親迎の当日新婦が一般的に真紅の婚儀衣装を纏い、紅色の靴をはく。新郎は新しい衣を纏って新しい靴をはき、上半身には紅色の帯をたすきがけにして胸の前に赤い花を飾る。結婚式を招待された場合、都市部であれば男性はスーツにネクタイ、女性ならドレスで着飾って出席する。地方では出席者はカジュアルでも問題はない。

 旧中国における一連の結婚儀式は、極めて煩雑で盛大なものであったが、1949年の新中国成立に伴い、封建時代の因習は根本的に改革され、自由恋愛、自主結婚と儀式の簡素化、近代化を原則とする文明婚礼が基本となった。特に大都市を中心に西洋式の結婚式スタイルが大幅に取り入れられている。

第二節 中国の結婚式の禁忌

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接