日本人の残業問題についての一考察|浅谈日本人加班问题毕业论文_日语毕业论文

日本人の残業問題についての一考察|浅谈日本人加班问题毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

日本是有名的加班大国,加班问题已经成为日本企业的特有问题。对于很多日本人来说,加班已经是生活和工作的一部分。日本人有高度的危机意识,加班问题就是在高度的危机意识上产生的。另一方面,加班对日本的现代经济产生了巨大的影响。本文分析了加班问题的产生、发展及影响。通过本文会更全面的了解日本人的加班问题。

关键词:企业文化 危机意识 加班 过劳死

目 次

はじめに························································1

0.1問題提起····················································2

0.2研究の目的と意義············································2

0.3先行研究····················································3

0.4研究方法····················································4

第一章 残業問題の背景··········································5

1.1日本の企業文化··············································6

1.2近代日本の経済··············································8

第二章 残業問題の原因··········································10

2.1日本人の「危機意識」··········································11

2.2日本の現代企業制度··········································11

第三章 残業問題の影響 ········································12   

第四章 残業問題の解決方法······································14

4.1残業問題のクローズアップ····································14

4.2仕事の時間と質··············································15

おわりに·························································16

参考文献·······················································17

謝辞···························································18

はじめに

0.1本研究の問題点

日本は有名な「残業大国」である。残業は日本企業の伝統の一つである。たくさんの日本人にとって残業がすでに仕事と生活の一部になった。しかし、大部分の日本人は「残業」に反感を持っていない。たくさんの外国人がこれについて理解できない。残業が多すぎることは問題だと思う。

0.2本研究の目的と意義

残業問題の発生は独特な文化と社会背景にあることである。本稿は日本残業問題の発生の背景、原因と影響を詳しく分析し、サービス残業、残業代、残業時間の問題を検討し、本論文を通じて皆が全面的に日本企業の残業制度を理解することができるのを期待している。

0.3先行研究

 青木真(1992)は日本人残業問題を専門分野として先導してきた第一人者であり、「残業問題解決」の中で、大量の例を通して残業問題の発生背景、原因及び現在の状況などを客観的に系統的に分析を行った。日本の残業問題の解決については、青木は問題の背景から解決方法にかけて、具体例を挙げて背景より解決の分析を行った。

平川真梨(2006)は「なぜ日本は残業が多いか」の論文と著作の中で、日本人の残業の問題について論述しており、新しい角度から日本社会または日本語教育に注意を向けている。日本の企業文化から残業問題を詳しく分析している。企業にとっては、あらゆる規則と制度が管理の外部の形式であり、企業職員の共同的な価値観念や集団意識や精神状態などは本質的なものである。自主的な「残業」が企業に献身する行為である。日本人は企業の発展のために、いつも残業することを理解することができる。日本の「残業」文化は日本の企業文化から出てきた産物だと言える。

三宅裕司(2007)の「残業ゼロを実現させる手順」では、上司と部下の関係、仕事の時間と質や企業人などの角度から残業を減らす方法を紹介している。例えば、仕事は時間ではなく成果や質によって評価される。幹部と部下が手際よく仕事を終わらせるという強い意志を共有し、実際に仕事に集中して無駄な残業をしないあるいはさせないという行動をとる。社員各々が仕事を長期・短期に分けてキチンとスケジュール化して取り組む。

高富(2003)が『危机意识与日本文化特性』に日本民族の危機意識はほかの国より強いとし、日本人は強い危機意識を持っているから、仕事にはほかの国の人よりもっと多い責任感を持ち、会社のために全力を尽くすことができるとしている。また、日本社会では、まったく住宅が買えない環境に生活している日本人は生存の危機意識がとても強いとし、生存の危機意識が日本人に必死に残業させられるとしている。それは、危機意識は残業への影響が多いといってもよい。

韦华伟(2006)の『如何让加班文化上升为企业精神』には、日本人の残業問題の新しい視点についての研究も近年現れてきたということがわかる。韦华伟が日本の残業問題をとり上げ、この問題を文化問題とみなすべきであると指摘している。「残業」は日本人にとってはだんだん自覚的な行為になり、知らないうちに日本企業の独特な文化になったといえる。

苏音(2002)の『“过劳死”的发生及其现状』に過労死を引き起こす要因や「過労死」の問題の深刻さなどを詳しく分析した。国に一番重要なのは国民の幸福を実現することを目標にし、社会の調和を求めるの上で経済を発展することである。「過労死」現象を解決するために、一番するべきことは極端な「残業」現象を根絶することであるという結論を提出した。

0.4研究方法

まず、本論文は先行研究を参考して、残業問題の様々な表現をまとめ、この問題を現す背景とそれをもたらした影響を分析することにする。また、自分の関心がある方向を選択し、自分なりの考えを加え、より具体的に検討しようと思う。次に、本論文では残業問題の中に様々な問題を分析する。例えば、サービス残業、残業代や残業時間の問題を研究している。全面的に分析すれば書けることが多すぎるため、本論文ではただ「サービス残業」という視点から手を付けるつもりである。最後、本論文は残業を減らすために、企業あるいは企業人としてはどう取り込むべきであろうかということを検討してみよう。

第一章 残業の背景

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接