日本人の手工芸の伝承に対する保護策日本人对手工艺的保护策略毕业论文_日语毕业论文

日本人の手工芸の伝承に対する保護策日本人对手工艺的保护策略毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

2014年11月27日(当地时间26日),日本政府提出的「日本的手漉和纸技术」成为非物质文化遗产。另一方面,现在日本手工艺从业人数正在慢慢减少,许多手工艺品产地和传统工艺技术都已经消失不复存在。众所周知,传统染织的技法是利用民间机构、团体和个人的力量来继承学习的。而重要的非物质文化遗产,比如日本的手漉和纸技术是通过指定来达到旧工艺技法继承的目的。

作者通过学生调査问卷的形式,以“手工艺”印象为中心考察手工工匠的技术传承情况。手工技术,现代化设计和用途是一般消费者所关注的,因此,阐明保护措施是传统手工艺技术传承很重要的一部分,对于中国的工艺保护也有重要的启示作用。

关键词: 手工艺 传承 染织 手漉和纸 职人

目 次

はじめに …………………………………………………………………… 1

0.1問題提起………………………………………………………………… 1

0.2先行研究…………………………………………………………………… 2

0.3研究目的………………………………………………………………… 2

0.4研究方法と手順………………………………………………………… 3

第一章 日本の手工芸について………………………………………………  4

1.1工芸・手工芸と工芸職人文化………………………………………… 4

1.2両者の効用と保護する必要性……………………………………… 5

1.3伝承における歴史事件や運動…………………………………………… 6

第二章 手工芸の染織と手漉和紙の現状………………………… 10

第三章 手工芸の伝承に対する保護策…………………………… 12

3.1アンケートの目的と対象者…………………………………… 12

3.2アンケートの調査結果…………………………………………… 12

3.3伝承に対する保護策・経験……………………………………………… 13

第四章 中国の手工芸保護に対する啓示………………………………… 15

おわり……………………………………………………………………… 16

参考文献……………………………………………………………………… 17

謝辞…………………………………………………………………………… 18

はじめに

0.1問題の提起

塩野[1](2014)の『留住手芸』には「手仕事」によってつくられたものは、自由で個性的で人間的な温かみがあると分ける。全国各地の漁師、職人の聞き書きや失われてゆく伝統文化・技術が記録された。また、塩野(2006)は古いものまでも、時代を超え、現代生活のなかに溶け込められるとし、手工芸従業者数の減少が著しいように見える現在、日本では手工芸品の産地や多くの伝統的な工芸技術は、消滅することなく存続しているとしている。これは国や自治体が他国に先駆けて、早い時期から保護策を講じた成果といえるであろう。

周知のように、伝統染織技法を習得したり、継承したり、活用したりすることが民間の諸機関や団体あるいは個人によって様々なかたちで行われてきた。さらに、重要無形文化財[2]に対する指定を通して、古きよき工芸技法が後世に引き継いでいる同時に、人から人へと技法が伝達しうる態勢が整った。しかし、日常実用品と見なされる手工芸品の社会的機能はますます変容になる現状であるといえろう。保護策を解明することは伝統手工芸技術の伝承にも重要であり、中国の手工芸の保護にも啓示となるのではないかと思われる。

本稿は、手工芸技術としての染織と手漉和紙技術、という分野において、これまで行ったアンケート結果に基づいて、染織と手漉和紙技術に関する保護策を中心に、今日我々が直面している現状、問題点と改善策、中国の手工芸の啓示、今後の課題について述べてみよう。

0.2先行研究

[3](2006)は名のない匠人による生活雑器や民具、実用的な手工芸品などに健康で素朴な美が見えるとし、これらこそは工芸のあるべき姿で存在されるとしている。そこで、大正末期のころ、柳や工芸家たちが、発見や収集や保護などの運動を展開しはじめた。それまで見逃しのなかった日用雑器に新たな美と価値を見出したことを「民藝運動[4]」と呼ばれる。それは日本の近代工芸の展開に重要な役割を果しているといえる。

『「和紙:日本の手漉和紙技術」の提案の概要』によると、国連教育科学文化機関[5](ユネスコ)が2014年11月27日に日本政府が提案した「和紙日本の手漉(てすき)和紙技術」の無形文化遺産を登録することに決めたといわれる。島根県の「石州半紙」、岐阜県の「本美濃紙」、埼玉県の「細川紙」に使われ、クワ科の植物やコウゾしか原料にされない手すきによる製作技術が 「伝統工芸技術」として認められた。『和紙』の文化を後世へ大切に継承していきたいというメッセージが出た。

0.3研究目的 

本研究の目的は、工芸や手工芸などの定義、種目をまとめ、工芸職人文化を説明し、その社会や人類への効用に基づいて染織と手漉和紙を例に挙げながら日本の手工芸を保護する必要性や現状を検討してみる。本研究を通して、伝統手工芸技術が伝承できるように、保護策を解明する、と同時に、中国の手工芸の保護に対する啓示となるはずであろう。

0.4研究方法と手順

まず、本稿は先行研究を踏みつつ、「手工芸」に関係する定義をまとめる。社会や人類への効用に基づいて、日本の手工芸を保護する必要性や現状を分析してみる。それから、典型的な保護策を取り上げ、自分なりの考えを加えてよりよく検討しようと思う。

次に、整った代表例となる染織、手漉和紙を挙げて手工芸の伝承に対する保護策を詳しく紹介してみる。最後、日本の学生たち向けの「手工芸のイメージに関するアンケート」調査の結果により、手工芸という言葉からイメージされる事象とイメージから捉えられる手工芸の保護策を中心に考察しよう。

第一章 日本の工芸について

1.1工芸・手工芸と工芸職人文化

 『広辞苑』[6]によると、「工芸」という用語は「人間の日常生活において使用される道具類のうち、その材料・技巧・意匠によって美的効果を備えた物品、およびその製作の総称」と定義されている。

もともと生活用具としての実用性を備えたものであるものの、彫刻や絵画と異なり、建築とともに応用芸術の一つとみなされる。工芸は材料によって多くの種類に分けられる。例えば、陶磁、金工、漆工、木工、竹工、ガラス、染織など。つまり、実用性を兼ねた鑑賞目的の芸術作品とは異なり、実用品に芸術的な意匠を凝らし、機能性と美術的な美しさを融合させた工作物とも言え、その中に緻密な手作業によって製作される手工業品が多くある。ただし、両者の境界は曖昧であり、人によっても解釈が異なることがある。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接