青山七恵の『ひとり日和』に見られる「フリーター族」像|青山七惠的《一个人的好天气》中的“飞特族”形象毕业论文_日语毕业论文

青山七恵の『ひとり日和』に見られる「フリーター族」像|青山七惠的《一个人的好天气》中的“飞特族”形象毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

“飞特族”是日本现代社会的一个特点,他们有着特有的生活方式。如果不能很好的了解飞特文化,不仅是日本,对全世界我们都很难认识。因此,本文在先行研究成果的基础上,从现代年轻人的视点出发,以青山七惠的小说《一个人的好天气》为代表,对日本社会中出现的“飞特族”形成原因以及飞特文化的特点进行研究。

通过分析得出,飞特族是避免不了的发展趋势,轻视飞特族的人并不在少数,飞特族对社会发展产生了巨大的影响。

关键词:飞特 特点 原因 影响

目 次

はじめに …………………………………………………………………

1.1問題提起 …………………………………………………………………1

1.2先行研究 ……………………………………………………………………1

1.3 研究目的 …………………………………………………………………3

1.4研究方法と手順 ……………………………………………………4

2.0『ひとり日和』における「フリーター」 ………………………………………

2.1 主人公の精神から見る「フリーター」 ………………………………………4

2.2 主人公の行為から見る「フリーター」…………………………………………

3.0「フリーター族」が生じる原因…………………………………………………8

3.1若者自身の原因…………………………………………………………………8

3.2会社の原因 …………………………………………………………………8

3.3政府の原因……………………………………………………………………8

4.0「フリーター族」の社会に対する影響…………………………………………

おわり ………………………………………………………………………13

参考文献

謝辞

はじめに

1.1 問題の提起

「フリーター文化」は現代日本社会の重要な特徴の一つと考えられている。それに関する研究が数多くあるものの、「フリーター族」に対して正確な態度をとる人は少なくないように見える。フリーターにつき、現代日本社会の就職形態をよくより理解すると思われている外国人は少なくないであろう。実は、フリーターの出現は日本現代社会に避けられない傾向があるということである。青山七恵の小説『ひとり日和』はフリーター文化の代表作といわれる。

日本内閣府・国民生活白書/厚生労働省・労働白書によると、15-35歳の人を調査対象として、フリーターの実態調査を行ってみた。以下のように、調査で収集したフリーターと考えられる部分の数を表1にしたものである。

【表】15〜35歳までの労働力人口とフリーターの推移(単位:万人)

年/定義

労働力人口

内閣府定義

厚労省定義

1991

2109

182

62

1993

2171

215

79

1995

2213

248

94

1997

2271

313

119

1999

2272

385

143

2001

2275

417

159

2003

2200

_

217

2005

2137

_

201

2007

2036

_

181

2009

1931

_

178

 調査の結果によると、厚労省定義の数値は2001年以前が1-12月の平均値であり、2002年以降は毎年2月の数値のため、その前後の数値は接続しない。厚生労働省が定義するフリーターの総人口は、1991年のバブル期には約62万人であったが、その後急増し、2003年には217万人に達した。しかし、その後は緩やかに減少し、2009年の時点では178万人となっている。ところが、将来、フリーターの発展はいかがであるのか、また、フリーターの発展の影響はなんであるのか、という点については、まだ十分に明らかにされていない。

1.2 先行研究

 まず、フリーターに関する研究を概観してみよう。

 最初は、小杉礼子(2003)によって著された『フリーターという生き方』には、若者がフリーターないしはニートに陥りやすい要因を解明するために、主に「学校から就業へ」という時期に、その移行がスムーズに行われないことを多くの実例と主に雇用政策の観点から明らかにしたものである。その後、青山七恵(2007)の『ひとり日和』は「世界に外も中もないのよ、この世は一つしかないでしょう」という考えをしている二〇歳の知寿が居候することになったのは、二匹の猫が住む、七一歳・吟子さんの家である。駅のホームが見える小さな平屋で共同生活を始めた知寿は、キオスクで働き、恋をし、時には吟子さんの恋にあてられ、少しずつ成長していく。主人公20歳の“三田知寿”が一年の生活を自立にしているに対する描写により、日本現代若者の特徴が現れた。この小説は「フリーター」文化の代表作といわれる。

 次にフリーターに触れているのは蘇莹(2008)、頼格(2011)などが挙げられる。蘇莹(2008)は、「论日本社会“飞特族”的增加」において、現代日本社会ではフリーターの問題が非常に深刻化しているが、フリーター数の増加に従い、さまざまな社会問題が出てくることが明らかになった。文章ではフリーターの生き方、心理状態に対する考察によって、増加要因と職業意識などについて検討した。さらに、社会への影響[1]、フリーターへの対策を検討した。頼格(2011)の「论“飞特族”与日本“失去的20年”」は1990年代の初期、バブル経済崩壊後、いろいろな企業が伝統の雇用制度を打破し、正職員の数が減り、たくさんのフリーターが出現した。この論文においては、この「20年間」を特定の背景として、フリーター族が日本の経済に与えた影響を中心に、フリーター族の生じた背景や原因を分析し、フリーター族の実態を並べ挙げ、フリーター族に対する日本政府の最新政策の面までも論じている。また、フリーターとする立場に立っている研究は田莎莎(2011)もある。田莎莎(2011)が「日本“飞特族”的光与影——格差社会中彷徨的日本年轻人」に「制度の面からどのようにフリーター族の問題を扱うのか、ということは、日本政府の今後の重要な課題になる」と述べている。

 一方、劉同 (2012)の『谁的青春不迷茫』は作者自身10年間の北京流離族の生活およびどのように「フリーター」になるか、を描写したというものである。この10年間、作者がフリーターならではの苦しい生活をしなく、自分の信念を持ちながら自分がやりたいことをしている。若者たちにとっては、成長の案内書といっても過ぎないはずであろう。。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接