关于日本人以小为美的审美意识的考察/小さいものを美とする日本人の美意識についての考察毕业论文_日语毕业论文

关于日本人以小为美的审美意识的考察/小さいものを美とする日本人の美意識についての考察毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

以小为美是日本特有的一种审美意识,这背后反映了日本人独特的性格特征,十分具有研究价值。而这种意识的产生和与地理、文化、宗教密切相关。

本文立足于展示日本人生活中方方面面体现“以小为美”审美观的事例,着重于分析其产生的原因,进而从审美观分析日本人的性格以及这种性格给日本日后发展所带来的影响。

关键词:审美意识 日本人 性格

目 次

始めに

1. 問題の提起と本論の目的 ————————————- 1

2. 先行研究 ————————————————— 2

第一章 各領域に見られる「小さいものを美とする」美意識

1.「美しい」の意味 ——————————————— 2

2. 文学形式における「小さいものを美とする」美意識 ————- 3

3. 作り物における「小さいものを美とする」美意識 ————— 4

4. アニメや漫画における「小さいものを美とする」美意識 ——— 5

第二章「小さいものを美とする」美意識が生まれた原因

1. 地理的な原因 ———————————————– 5

2. 文化的な原因 ———————————————– 6

3. 宗教的な原因 ———————————————– 7

第三章「小さいものを美とする」美意識と日本人の性格

1.「小さいものを美とする」美意識から見られる日本人の性格 ——- 7

2.「小さいものを美とする」美意識が日本の発展に与える影響 ——- 8

終わりに —————————————————— 8

参考文献 —————————————————— 9

謝辞 ———————————————————- 10

始めに

1.問題提起と本論の目的

昔から今まで、中国人の伝統的な美意識と比べると、日本人は小さいものに特別な感情を持っている。日本文化の授業で伝説を聞いて、その中の主人公は多分小さな体を持っている。おかしいと感じるから、そのことにもっと気になっている。それから、彼らの小さいものを美とする美意識は伝統的な文学だけでなく、日常生活の上でもいろいろと見られる。そのような特別な美意識は日本の自然地理、文化や宗教などに関係がないとはいえない。本論の考察の目的はいっそう深く「小さいものを美とする」美意識を認識し、また、美意識の形成背景から日本人の特別な性格を究明することにある。

2.先行研究

日本人の「小さいものを美とする」という美意識について、具体的な研究は韓国の李御寧より始められた。

李御寧の『縮み志向の日本人』という本において、小さいものに美を認め、あらゆるものを「縮める」ところに日本文化の特徴がある。入れ子型・折詰め弁当型・能面型など「縮み」の類型に拠って日本文化の特質を分析し、大量の例を通して、日本人の縮み意識の体現が生活にどこでも存在し、卓抜な視点で日本人の「縮み志向」を鮮やかに説き、日本文化の本質や日本が工業化社会のトップに躍り出ることができた秘密を明快に分析する。さらに、「拡がり」に弱い日本的特性も指摘する。その本は後世の研究者にとって、大事な研究資料となっている。

渡辺俊生は「日本のものづくり その精神背景を探す」の論文の中で、家庭の床の間を通して、日本人の潜在意識を分析して、小さい空間の中に美を見出す特徴を指摘した。また、小さいものが大きいものを凌駕する例が多いと言って、ほかの国の価値観に反して、「短小」という理念を追求する。そのような小さくて価値のある製品に力を尽くす、日本人の特別な性格が見えると言及されている。

中国においても、韓国の李御寧の研究に踏まれて、「小さいものを美とする」日本人の美意識についての論文が多い。

任芳の「庭園から見る日本人の縮み志向」という論文の中で、まず縮み志向の代表例を具体的に分析することによって、縮み志向を認識する。それから、伝統的な文化の代表例として日本庭園にあらわれた縮み志向を具体的に分析した。最後に、自然風土、稲作生産、美意識の方面から「縮み志向」を形成する原因を究明した。

 以上は読んできた代表的な文献である。多数の研究者の努力のおかげで、この課題の研究はますます明らかになってきた。しかし、触れていないところもあるので、本論文ではその美意識の形成背景を探ってみて、日本人の性格をもっと理解して、日本の発展におかる影響を分析しようと思う。

第一章 各領域に見られる「小さいものを美とする」美意識

1.「美しい」の意味

中国からではの漢字「美」を借りて日本語の「うつくしい」の意味を表すが、その意味が微妙な違いがある。中国人は「大きいものを美とする」思いを持って、立派で広大なものが好きである。逆に日本人が「美しい」という言葉の解釈はどうであるか?平安時代からそれは小さいものに対しての愛嬌な気持ちである。有名な文学者清少納言は著作の「枕草子」の中で「うつくしきもの瓜にかきたるちごの顔。雀の子の、ねず鳴きするにをどり来る。二つ三つばかりなるちごの、急ぎてはひ来る道に、いとちひさき塵のありけるを目ざとに見つけて、いとをかしげなるおよびにとらへて、大人などに見せたる、いとうつくし」という文字を書いて、「何も何も小さきものはみなうつくし」を結論した。また、大野晋は「日本語の年輪」で平安時代に「美しい」の意味を説明して、そのときの人にとってうれしいものとは、「小さくて可愛い」ものである。

2. 文学形式における「小さいものを美とする」美意識

文学から精神と文化を反映することができるから、「小さいものを美とする」美意識を考察しようとすれば、文学から見ることが大事だと思う。 

その美意識を表現できるのは日本文学における俳句である。俳句とは、五・七・五の十七音から成る日本語の定型詩である。世界最短の定型詩とされる。字数は少ないですが、意味が豊かで、読む人に奇妙な感情を与える。李御寧   が「俳句は日本縮み文化の産物である」といって、形式だけでなく、内容もそうだ。いつも小さくて精巧なものをテーマにして、その中に美を発見する。たとえば、松尾芭蕉の名句、「古池や 蛙飛こむ 水のをと」。この俳句は繊細にカエルが小池に躍り込む姿を描いて、小池、カエル、水の音、作者は視点をこの大きな世界の中の小さな物体に置いて、細かいところから特別な美学の芸術を見せる。文字が少ない俳句は常に自然の些細な変化で世の中の激変を表して、言葉の中にも豊かな人生の哲理を含めている。これは日本人の「小さいものを美とする」という美意識の手本と言わざるを得ない。

また、文学の領域に短歌も日本人のこの美意識を表せる。奈良時代に和歌は長歌と短歌の二つの種類が有る。長歌という形式は、「五、七」の文字数で書き続けて、作者が書きたいものがあったら長歌が終わらない、比べれば短歌がより簡潔で、「五、七、五、七、七」の形式で、決まった文字数で作者の書きたいものを表れて、作者の文学能力が更に重要になる。平安時代になったら、人々はみんな短歌を創作して、長歌がほとんど消えた。それでも長歌も短歌も「小さい」ものを表現する場合が多い。平安時代の初期に書き終わった『万葉集』は日本の一番古い和歌集と言われて、日本の詩経と呼ばれる。その中には短歌が主として、数多い作品は自然、季節と作者の感情を詠って、そして調査により、短歌の中に描いた山と川などは我が国の詩に描いた険しい山と違って、大体は低くて静かな山、「小さいものを美とする」考え方が溢れ出す。それに『万葉集』の中に詠む花は大体梅、橘、桜のような小さくて美しい花、これも古い日本人は、「小さい」ものに対する愛情が感じられる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接