中日两国“草食男”的对比研究中日両国における「草食系男子」の比較毕业论文_日语毕业论文

中日两国“草食男”的对比研究中日両国における「草食系男子」の比較毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

近年来,从日本诞生的“草食男”这个词汇在全世界十分流行。一般来说“草食男”有着“温和,不被男子汉形象束缚,对于恋爱和性不如狼似虎”这样的特征。“草食男”不是“狼”那样的肉食动物,简直就是温和小羊一般。这样的男性增多也给予了人们一种全新的男子形象。因此进一步理解“草食男”、以及对于“草食男”将来应该采取什么样的正确态度,已经成为深刻的话题。本研究主要研究了中日“草食男”的特点。通过对草食男的比较,中日两国“草食男”的异同点也变得清晰。

关键词:中日 草食男 比较

目 次

1.始めに 1

 1.1問題提起と本論の目的 1

 1.2研究手順と方法 2

 1.3先行研究 2

 1.4研究の難点 3

2.「草食系男子」の概況 4

 2.1「草食系男子」の背景および流行 4

 2.2「草食系男子」の定義 5

3.日本における「草食系男子」の実態 6

 3.1日本人の「草食系男子」の特徴 6

 3.2「草食系男子」の影響 7

4.中国における「草食系男子」の実態 8

 4.1アンケート調査の概要 8

  4.1.1アンケートの目的 8

  4.1.2アンケートの内容 9

  4.1.3アンケートの実施 9

 4.2アンケート調査の結果の分析 10

5.中日の「草食系男子」の比較 11

 5.1共通点 11

 5.2相違点 11

6.「草食系男子」に対する態度と発展の予測 12

 6.1「草食系男子」に対する態度 12

 6.2「草食系男子」の発展の予測 12

7.終わりに 12

参考文献 14

謝辞 15

1.始めに

1.1問題提起と本論の目的

 日本語の授業で『流行語を通して日本を見る』という教材があって、その教材の中で私、初めて「草食系男子」という言葉を聞いた。その文章によって「草食系男子」が主に恋愛やセックスに興味がなく、積極的ではなく、まるで牧場でのんびりと草を食む「羊」のような男を指すと言われている。どうして草食系男子が固定観念の「狼」のような男性と違うかという問題を持って「草食系男子」を研究しようと思った。

 「草食系男子」を調べて、日本に誕生した「草食系男子」という言葉が近年から世界中にも流行っていることがわかった。その名詞は2006年10月に、コラムニスト・編集者の深澤真紀が『日経ビジネス』のオンライン版で連載している『U35男子マーケティング図鑑』において「草食男子」と命名されたものである[1]。それから2008年に森岡正博、牛窪恵の関連書籍を刊行したにつれて、「草食系男子」の認知度が迅速に深まり、テレビドラマや映画までも製作されるほど大流行している。

 「草食系男子」という名詞が流行っている現状から見ると男子が草食化になる傾向がかなり明らになっていることが分かる。すなわち「草食系男子」が大幅に増えているのは今どきの日本の社会現状である。草食男子に会うのは日常生活に当然のことになる。女性にも草食男子に出会って恋をする可能性もかなり高まる。どうしてそういう傾向が強くなっているのか、中国にも「草食系男子」がたくさんいるのか、どのように「草食系男子」と仲良くなれるか。そして「草食系男子」という斬新な一族に対して、我々は彼らのことをさらに理解するためには、どのようにすれば良いのか。

 以上の問題に対して、本研究の目的は、「草食系男子」を全面的に分析することを目指すことである。先行研究を参考して、日本における草食男子の背景、

原因、定義、表現、評価、影響をまとめる。独自の統計結果から中国における「草食系男子」の現状を検討する。さらに中日両国の「草食系男子」の比較を通して「草食系男子」の進路を探ってみようと思った。

1.2研究手順と方法

 本論は先行研究を参考して、草食系男子をまとめ、その背景と定義を分析することにする。日本の「草食系男子」の特徴をまとめ、その特徴により代表例を挙げて、更に民衆からの評価と社会影響を分析した。

 それから、本論では中国における草食系男子を中心にアンケート調査を行い、中国には草食系男子の存在を証明した。そして、図表を作りその特徴や未婚者からの感想を分析した。以上の研究により中日における「草食系男子」を比較して、異同点を見つけ出すことができる。

 最後には、以上の研究結論に基づいて、それから「草食系男子」の進路を探してみた。いかに正しい態度をとるかということを客観的に論じたみた。

 研究方法については、本論は「文献研究法」、「アンケート調査」と「図表」などの多様な方法を採用した。

1.3先行研究

 「草食系男子」が2006年10月に、コラムニスト・編集者の深澤真紀が『日経ビジネス』のオンライン版で連載している『U35男子マーケティング図鑑』において「草食男子」と命名された名詞である。あのITベンチャーのトップ、世界レベルのサッカー選手から、巷で話題のワーキングプアや引きこもりまで、彼ら「男子」の正体を23のタイプに分類し、鋭くおかしく温かく、活写したのが本書の『平成男子図鑑』である。「仲間を誉めあう地元志向のリスペクト男子」、「母ちゃん大好きオカン男子」、「セックス淡白、草食男子」、「酒よりスタバのしらふ男子」、「オーラの泉で涙を流すスピリチュアル男子」や「父さんにだって、殴られたことないのにっ、ガンダム男子」など色々な分類がわかる。この本によると、著者の深澤真紀は「草食男子」を、『恋愛に「縁がない」わけではないのに「積極的」ではない、「肉」欲に淡々とした「草食系男子」』と定義したことが分かる。

 2008年から日本のマーケティグ会社の牛窪恵社長の出版した『草食系男子「お嬢マン」が日本を変える』のベストセラーとなるを機会にその名詞が大流行になっている。この本においては、著者は「人」に取材して多くの「お嬢マン」を引き合いに出せて、実例が豊富で、具体的に草食男子の姿を現す。そのほか、この著作では、草食男子の社会影響も論じられている。例えば、「お嬢マンという生き方は、格差社会で男性間に広がる格差を埋めるための平等力」という斬新な観点が指摘された。

 それから、「草食系男子」の定義と特徴に関する研究を先行として、さまざまな恋愛遍歴の果てに草食系男子との出会い、愛を育んだ結婚して、30代半ばの元肉食系女子の著者のアルテイシアは『草食系男子に恋すれば』という本を書いて、自分の体験、周囲の見聞をまとめ、「草食系男子は最高のパートナーだ」と主張する。そして草食系男子との付き合う方法も詳しく紹介している。

 さらに2008年に森岡正博などの著者の作品が刊行されたにつれて、「草食系男子」の認知度が深まり、テレビドラマや映画までも製作されるほど大流行している。森岡正博は『草食系男子の恋愛学』、『最後の恋は草食系男子が持ってくる』2本の著作の中で、「草食系男子」に恋愛においては積極的な態度を持つようと主張している。アルテイシアの『草食系男子に恋すれば』中の観点と同工異曲の妙を得ている。

 中国においても、日本の「草食系男子」についての研究者も多数いる。例えば、陳文林氏《日本新语、流行语折射出的日本世相》の中で、近年から日本における流行語を分類して、その流行語の源、意味および使用状況を研究した上で、流行語が日本の世相の変化を反映するということを論じた。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接