山本文绪《蓝另一种蓝》的研究 | 山本文緒「ブルーもしくはブルー」についての研究毕业论文_日语毕业论文

山本文绪《蓝另一种蓝》的研究 | 山本文緒「ブルーもしくはブルー」についての研究毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

山本文绪是日本当代女作家,已发表多篇小说随笔集,擅长发掘平淡生活之下的精彩故事,多以爱情故事为主旋律。

《蓝另一种蓝》是山本文绪众多代表作之一。但是却是唯一一部超现实类小说。小说描述的是分身的故事。与广告总代理这样优秀的男人结婚,在东京生活的佐佐木苍子在与比自己年龄小的恋人旅行途中与自己相同面孔的苍子b邂逅。她与自己有着相同的记忆,并且与前男友结婚生活在一起。之后互相羡慕对方的生活而商定互换身份,到对方的生活中生活。可是因为佐佐木苍子的自私残酷虚伪,使得自己与分身的生活面目全非。经历了许多事情之后,最终佐佐木苍子与分身互相坦诚,认清并承认自己,最终直面生活。作品被作者赋予强烈的真实感,读毕令人唏嘘不已。

本篇论文主要从以下几点来进行论述:首先,简单介绍作者山本文绪的个人经历,包括写作契机,作品特色以及背景。同时,这篇作品的整体内容也会被简单概括。其次,分析主要人物佐佐木苍子以及河见苍子的性格特征,并进一步探究人物的联系以及作品的现实意义。最后,分别从创作要素,情节开展以及具体的心里描写等角度对为何这个超现实的故事却让读者感到如此强烈的真实感这样的问题进行剖析。

关键词:山本文绪 超现实 自我认知 性格特征 写作手法

     

要 旨

山本文緒は日本当代の女流作家であり、小説、エッセイなどをたくさん発表した。平凡な生活にある素晴らしいストーリーを掘り出すのは得意だ。それに彼女の作品に一貫して流れるテーマは愛である 

『ブルーもしくはブルー』はたくさんの代表作品の一つだが、唯一の超現実の小説である。この作品は主に分身についての物語を叙述する。広告代理店勤務のスマートな男と結婚し、東京で暮らす佐々木蒼子。年下の恋人と旅行中に自分のそっくり<蒼子b>とでくわした。彼女は過去の記憶をすっかり共有し、昔の恋人河見と結婚して生活を送っていた。その後で互いの生活を羨んで二人は入れ替わることを決意した。佐々木蒼子のエゴイズム、残酷それに偽りは二人の生活を滅茶苦茶にさせていた。幾多の事情を経て佐々木蒼子はやっと素直になって本当の自分を認め、生活に向き合う。この作品は作家の強い真実感を与えられている。読み終えるとしきりに人をすすり泣かせる。

本論は主に三つの部分から論述する。まず作家の山本文緒の生い立ちを簡単に紹介し、その内容は創作のきっかけ、作品の特徴及び背景を含む。それと同時にこの小説の内容も大体まとめる。次は主な人物の佐々木蒼子と河見蒼子のキャラクターと心理を分析し、そして人物たちの繋がりと現実の意義を探求する。最後に、どんな創作要素、プロットの展開と複雑な心理描写の組み合わせがこの作品に強い真実感を与えているかという問題を分析する。

キーワード:山本文緒 超現実 自我認識 キャラクター 創作技法

目 次

序章 1

第一節 研究の内容 1

第二節 先行研究について 2

一 日本における先行研究 2

二 中国における研究 3

第三節 本論文の構成 3

第一章  山本文緒の生い立ちと「ブルーもしくはブルー」の概要 5

第一節 山本文緒の生い立ち 5

第二節 山本文緒小説の特徴 6

第三節 『ブルーもしくはブルー』の概要 7

第二章 登場人物のキャラクターと心理変化 9

第一節 佐々木蒼子のキャラクター 9

第二節 『ブルーもしくはブルー』の現実意義 11

第三章「ブルーもしくはブルー」創造技法 13

第一節 現実元素と推理小説の組み合わせ 13

第二節 プロット展開のうまさ 14

終章 16

参考資料 17

謝  辞 19

序章

第一節 研究の内容

山本文緒は日本において、人気女流作家の一人である。「日本の小説界において特異な存在であることを強調すべきだろう。」彼女の創造範囲は、自分によると「普通の人達を書くということはデビューした時から一貫してやってきたことだけれど、何が普通かというのかは刻一刻と変わっている。普通に平凡に生きているだけでいつの間にか瀬戸際に追い込まれる現代の人達の様子を、まだまだ私は書いていきたいような気がしている。」といった。『ブルーもしくはブルー』この作品はいままで山本文緒の唯一の超現実の小説である。同名のテレビドラマも上映されるほど非常に人気がある作品である。日本では、山本の作品を読むほど、「クセ」になる読者も多い。平凡な物語にどんな非凡な魅力があるのか。

小説『ブルーもしくはブルー』は“私”と“他の私”の物語である。主人公佐々木蒼子は、夫・佐々木祐介と結婚してから6年目で東京の高級マンションで生活していた。その暮らしはかなり裕福ではあるが、夫婦関係は完全に冷えきっていた。祐介には、結婚前から藤沢美樹という恋人がいて、そのことを知っている蒼子にも牧原直也という3つ年下の恋人がいる。

そんなある日、牧原と不倫旅行で沖縄に向かう途中、アクシデントでたまたま博多に立ち寄った蒼子は、自分と瓜二つの女性・河見蒼子と出会う。彼女はかつての恋人・河見俊一と結婚していた。二人の蒼子は誕生日も生い立ちもすべて同じだったが、違っていたのは結婚相手とその後の人生。河見蒼子は、かつて佐々木蒼子が祐介と俊一、どちらと結婚しようかと悩んだ時に分離してしまった「もう一人の自分」=ドッペルゲンガーであった。ほんの少しでも今の生活から抜け出したかった佐々木蒼子は、一ヶ月だけ互いに入れ替わって生活することを河見蒼子に提案する。しかし、そのことが彼女の運命を大きく狂わせ、最悪な結末を迎えようとは思っても見なかった。

この小説は主に二つの部分にプロットを展開し、第一人称の角度から蒼子Aと分身の蒼子Bの経歴を分けて描く。“自分”の口からこの経歴を述べ、それに生き生きとしている心理描写とあわせ、人物の細部描写に長けて、素晴らしい真実感を読者に与える。

自分で読んだ時、自分なりの作品の理解もできる。三橋暁は、「もしたとえ作家の山本文緒のことを形容すれば、万華鏡はすごくぴったりだと思います。読者の読む方式によると、彼女の小説の形と色彩も変わる。『ブルーもしくはブルー』この作品は山本文緒の不思議な魅力を始めに私に感じさせる。」と評価している。この論文は先行研究をまとめ、評価した上で自分なりの目新しい意見を提出する。

第二節 先行研究について

一 日本における先行研究

日本での研究は幅広くされている。山本文緒の生活の環境、子供時期までの家庭環境も分析されている。島崎今日子[1]は、『あの母がいたから 作家山本文緒』というインタビューで彼女の一度目の婚姻に触れて、「生活費を折半するという前提で始まった結婚生活は、満ち足りたものだった。家族から決して得られなかった安心感を与えてくれる他者がいる。小説家よりも妻である意識が強かった。だが、山本は言いたいことを言わず、夫の機嫌を損なわないように気を使っていた。……夫はだんだん無口になった。玄関を開けるとひどく不機嫌な人がいる。それは子供のころの恐怖の再現だった。」と紹介する。

「普通に会社で事務をやっていまして、一人暮らしはしたいけれど、お給料は安い。副業したいと思ったとき、そうだ、少女漫画は描けなかったけれど、字で読む少女漫画はできる、と思ったんです。それで『公募ガイド』を見たら、少女小説が流行っているところだったので、これだ、と思いました。」[2]と山本さんはこういった。普通な理由で作家の道を歩き始めた。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接