世界金融危机启示录~论金融的今后~|世界金融危機(2007年ー)について~今後の金融の在り方~毕业论文_日语毕业论文

世界金融危机启示录~论金融的今后~|世界金融危機(2007年ー)について~今後の金融の在り方~毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

美利坚合众国于2007年发生了次贷危机,这一问题导致了众多金融企业在2008年的相继破产。最终发展成为股价暴跌、资金链断裂的世界性金融危机。这场危机袭击了全球各地,引起了严重的经济衰落现象。

在当今时代,金融的自由化和国际化已达到极其发达的水平,从而导致本次金融危机超越了一国国界,波及至世界的每一个角落。在“百年一遇”的金融危机的名头下,这场金融危机在世界各地横行。

本论文将就金融危机的原因和发生过程进行探究,并以此为基础记述本次危机的影响和各国应对金融危机的措施。通过对这些内容的调查研究,分析今后金融危机的理想存在方式。

关键词:

金融危机、次级贷款、金融改革、金融监管、理想的金融存在方式

目次

要 旨 I

摘要 II

第一章 世界金融危機(2007年―)の先行研究 1

1.1 研究背景 1

1.2 先行研究 1

1.3 研究方法 4

第二章 世界金融危機の概況 5

第三章 世界金融危機の経緯 6

3.1 アメリカ発の金融危機 6

3.2 欧州諸国への波及 7

第四章 金融危機の発生原因 9

4.1 サブプライム·ローン 9

4.2 証券化 10

4.3 格付け会社 10

4.4 金融危機発生の原理 11

第五章 金融危機への対策 12

5.1 G20金融サミット 12

5.2 国際通貨基金「IMF」 12

5.3 世界貿易機構「WTO」 13

5.4 米国の対策 13

5.5 ヨーロッパの救済策 14

第六章 今後の金融のあり方 15

6.1 金融の位置付け 15

6.2 金融規制の強化 15

6.3 リスクの管理 16

6.4 金融システムの監督 16

6.5 金融市場の公正性と透明性 17

6.6 金融における倫理観 17

6.7 危機対応制度 17

6.8 ほかの啓発 18

おわりに 19

参考文献 20

謝辞 22

第一章 世界金融危機(2007年―)の先行研究

1.1 研究背景

金融は「資金の融通」の略語で、資金余剰者から資金不足者へ資金を融通することである。

一方、2007年夏に騒がれ始めたサブプライム·ローン問題は、世界的な経済恐慌へと広がった。金融機関の相次ぐ破綻、株価急落と資金不足の巨大な金融危機に発展し、「100年に一度の経済危機」の名の下に横行して、世界的な不況を引き起こしていった。金融の自由化やグローバル化の程度が高い現代に、その影響は想像以上に大きい。

他方、金融の規模・グローバル化は非常に大きくなっている。その上に、近年、世界標準のリスク管理体制の構築される必要性、少子高齢化社会に対応する年金制度や資産運用業務の整備される必要性が高まっている。金融という分野はとても重要な地位を占めている。

それで、本稿は世界金融危機(2007年―)の原因、経緯、影響などを分析して、今後の金融のあり方についての研究を進めたい。

1.2 先行研究

世界金融危機(2007年―)についての先行研究が数多い。

まず、奥田宏司・神澤正典による『現代国際金融』では、それについてを討論したのである。2007年からの金融危機の根底にはサブプライム·ローンが横たわった。そのサブプライム・ローンによって、住宅バブルは発生した。一方、その住宅バブルには証券化という金融技術が大きくかかわっていた。と同時に、アメリカの住宅バブルは証券化によって大量の資金をモーゲージ市場に引きつけながら一層拡大していった。住宅バブルを背景にしたのは証券化バブルの発生である。この二つのバブルはともに手を携え膨らんでいった。2007年から格付け会社がサブプライムを組み込んだ金融商品の相当数を相次いで格下げしたことで、一気に不安が増大した。だから、アメリカの住宅価格は下落し始まって、住宅バブルは崩壊し始まったのである。それによって、証券化バブルも崩壊して、金融機関を危機的状況に陥れていった。サブプライム関連の証券化に直接に関わった住宅公社や投資銀行だけでなく、商業銀行や保険会社などの他の金融機関にも波及していき、連鎖的に破綻した。2008年後半以降、実体経済も急速に悪化した。それから、アメリカ発金融危機が速く欧州に伝播した。2008年秋から金融危機は急速に実体経済を悪化させ、GDPは全世界で低下した。こういう経緯で、サブプライム・ローンから世界経済危機に発展してきたと述べた。

山田博文の『99%のための経済学入門』には、アメリカ型金融モデルの特徴は、伝統的な銀行業務(預金の受入と貸し出し)に伴う金利収入より、様々な金融商品(資産管理や企業の合併・買収)の開発、投資、売買に伴う手数料収入などの非金利収入を最優先する金融ビジネスであると考えている。アメリカの金融企業はハイリスク・ハイリターン型の資金運用に精を出してきた。一方、現代経済の中に、経済のグローバル化、情報化、金融ビジネス化が進展しているのである。以上の三つのキーワードによって、アメリカ型金融モデルと金融ビジネスが世界に展開されてきた。証券化商品は世界中に拡散しているので、各国の金融機関や投資家は巨額の損失を抱え込み、世界の実体経済に対しても深刻な影響を与え、世界の経済混乱と不況への引き金をひいた。そのほかに、アメリカは戦後、国際取引で使用される基軸通貨(ドル)特権を使い、国内でも対外支払いでも、ドルで支払ってきた。数多くの国の政府や企業もそれに従ってきた。金融の面から見ると、巨大の問題があって、改善しないといけない。例として、只今日本は世界最大の対外資産大国で、しかし、これら対外資産の大部分はアメリカのドル建てで保有されている。作者は今の日米経済関係で、アメリカ・ドル依存のマネー循環から脱却すべきであると主張している。

野崎哲哉の『「日本再生戦略」下の日本の金融』という学術論文において、「世界金融危機後は、日本は市場安定化などのための緊急的な措置が講じられるとともに、市場発の金融危機を再び起こさないための対応策が求められることとなった。空売り規制の強化や銀行の自己資本強化のための公的資金の効用、さらには為替安定への巨額の介入などである」と述べた。日本政府は、金融危機後に、金融についての規制を強化してきて、正しい金融モデルを求めてきた。

岡里衣子・山下真理奈・関万里子の『危機から学ぶ金融システム』という論文において、リーマン・ショック後の2008年10月に、G20サミットによって、金融市場の安定・機能回復のため、すべての経済的・金融的手段を用いるという共同意識を達成した。米国では危機後の金融規制として、2010年7月に「ドットーフランク・ウォールストリート改革及び消費者保護法」を成立させて、四つの骨子がまとまったと書いている。また、金融業界についての規制強化を次第に、しかしできるかぎり速やかに行うべきであると薦めた。

潘文静の『アメリカ金融危機発生の原因と日米バブルの比較』という修士論文の中に、規制緩和で生まれた証券化商品は、その実態が分からないまま肥大化を続け、最終的に金融危機を引き起こした。米国が主導してきた新自由主義的なイデオロギーに基づくアメリカスタイルの金融は、結局的に大きく躓くことになった。これまで最先端の金融市場として、各国のモデルとして位置づけられてきたアメリカの金融システムには、金融規制・監督やリスク管理に不備があることも明らかになった。また、グローバリゼーションの進展の中、これから金融のあり方に対する様々な世界的な取り組みが始まるが、どのように議論を深めることができるか、注目されるところであると指摘した。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接