化妆活动的心理学—化妆的人的心理状态和行为|化粧活動の心理学ーー化粧する人間のこころと行動毕业论文_日语毕业论文

化妆活动的心理学—化妆的人的心理状态和行为|化粧活動の心理学ーー化粧する人間のこころと行動毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

调查显示,日本女人比世界上任何国家的女子更热爱化妆,有99.9%的女性使用化妆品。据说日本的美容界有一句格言:“化妆是为了更接近理想中的自己”。这反映了日本女人追求更完美生活的一种态度。化妆能带给人们的不仅是外表的简单装饰,对我们的心理状态有很大影响,进而影响我们的生活状态和身体状况。

本论文化妆的基本定义切入,通过对日本化妆的起源、发展历史的分析,进而分析了化妆活动的意识、动机、效用以及对于老年人的治疗效果等方面。发现了化妆对于人们生活的积极作用和巨大影响。换言之, 在生活中,我们可以通过适当的化妆活动来达到我们期待的效果。

关键词:化妆活动 积极影响 心理状态 身体状况

目 次

一、日本の化粧の社会背景………………………………………………………………………………………………1

 1、化粧とは………………………………………………………………………………………………………………….1

 2、化粧の歴史………………………………………………………………………………………………………………1

 3、日本人の美の基準……………………………………………………………………………………………………1

 4、化粧が相手に与える印象……………………………………………………………………………………..1

二、化粧活動……………………………………………………………………………………………………………………2

 1、化粧の意識と動機……………………………………………………………………………………………………2

 2、化粧で「隠す]と[見せる]………………………………………………………………………………….2

 3、化粧による自己表現と効果……………………………………………………………………………………..2

 4、コミュニケーションとしての化粧…………………………………………………………………………..2

三、化粧と健康………………………………………………………………………………………………………………..3

 1、化粧品自体の治療効果…………………………………………………………………………………………….3

 2、化粧の医療効果……………………………………………………………………………………………………….3

 3、化粧と社会参加……………………………………………………………………………………………………….3

まとめ………………………………………………………………………………………………………………………………4

注訳………………………………………………………………………………………………………………………………….4

参考文献…………………………………………………………………………………………………………………………..4

  1. 日本の化粧の社会背景

1.1化粧とは

一般的に考えれば、化粧とは、化粧品を使って発生すること。

医薬品医療機器等法第2条第3項で、化粧品は次のように定義付けられている。人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚や毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう。化粧品は女性だけが使うものではない、男性も化粧品を使っている。「化粧」を定義した辞書がたくさんある。そこで、化粧という言葉の辞書の意味を見てみたい。

『ブリタニカ国際大百科事典 』では、化粧は人間の顔を中心として首、手、足などの表面に直接、化粧料を施し、美化すること。転じて広義には、ものの外観を美しく飾ること。化粧と美容とはほとんど同義に用いられるが、美容は,美顔,美爪 (ペディキュア 、マニキュア ) だけでなく、美髪、美髯 (びせん) 、さらには容姿全体をも人為的に美化する点で異なり、より広い意味で使われる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接