论《浮华世家》的悲剧性 『華麗なる一族』の悲劇性毕业论文_日语毕业论文

论《浮华世家》的悲剧性 『華麗なる一族』の悲劇性毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

山崎丰子是日本著名的社会派小说家,是当代日本文坛三大才女之首。初期的作品描写,多贴近船场等大阪的风土人情。1963年(昭和38年)《白色巨塔》开始连载,小说描写了大学医院的现实,唤起了尖锐的社会话题。她的小说直面日本社会问题,犀利地剖析了社会阴暗面,因此成为日本“社会小说家”。作为《白色巨塔》的姐妹篇《浮华世家》也是以社会问题为题材的社会派小说。《浮华世家》以金融界为舞台,真实的反应了银行内部的卑鄙阴暗以及银行家与政界间相互勾结、狼狈为奸的丑恶行径,深刻地揭露了资本主义人吃人的社会本质。本论文以《浮华世家》为中心,从小说的情节,创作手法,人物的描写等方面来分析小说所体现的悲剧性。

首先,从小说的故事情节上来分析它所表达的思想,从而分析它所折射出来的悲剧意识。

其次,在对小说进行深入阅读之后,分析小说中的人物形象,从人物的心理活动以及语言动作等方面来解读人物。

最后,总结,通过分析小说的悲剧性,看当时社会所存在的问题,当时的社会状况下,又会产生怎样的社会悲剧。

关键词:《浮华世家》 山崎丰子 悲剧性 社会性质

要 旨

山崎豊子は社会派小説家である。山崎豊子の初期作品は大阪の風土人情を背景とする。例えば、『暖簾』、『花のれん』などの作品である。1963年『白色巨塔』を刊行して、大学病院の現実を描写して、社会の先鋭問題を呼び起こした。社会現実にもとづいて、自分の調査したことを素材として、多くの小説を作成した。『華麗なる一族』は銀行を背景として銀行家政治家と互いに結託することを反映する。本論文では『華麗なる一族』の創作背景、小説人物の描写手法、小説のあらすじを紹介する。

  1. 小説のあらすじから小説の主題思想を分析して、それから小説の悲劇意識を分析する。
  2. 小説を熟読して、人物の形象を分析して、人物言語、心理、動作から人物を解読する。
  3. 小説の悲劇性に研究を通じて、社会の問題を分析して、何の社会悲劇を生み出すか。

キーワード:『華麗なる一族』 山崎豊子 悲劇性 社会性質 

目 次

はじめに 1

1  山崎豊子について 2

2 『華麗なる一族』の創作背景とあらすじ 4

2.1 創作背景 4

2.2 あらすじ 4

3 悲劇形式から見る『華麗なる一族』の悲劇性 5

3.1 生命の悲劇 5

3.2 精神の悲劇 6

4 人物形象から見る『華麗なる一族』の悲劇性 8

4.1 心理描写 8

4.2 人物の言葉と表情 8

おわり 11

参考文献 12

はじめに

1963年から、山崎豊子は社会現実を創作素材として、長編小説を作成しはじめた。たとえば、1963年医学界を背景として、『白い巨塔』を作成した。金融界を背景として、『華麗なる一族』を作成した。1970年3月より1972年10月まで『週刊新潮』に連載され、1973に新潮から全3巻で出版された。『華麗なる一族』は深刻な内容と鋭い洞察力と激しい時代感で巨大な社会反響を引き起こした。それから、山崎豊子は現代日本の十大女性作家の一人になった。『華麗なる一族』は何度もスクリーンに運ばれ、たくさんの人に愛されている。

『華麗なる一族』の中で環境描写、人物形象、思想深度などの方面から小説の魅力が体現できる。小説は始めから終わりまで悲劇性を帯びて、小説において、自然環境の描写でも、人文環境の描写でも、基調はすべて悲しいのである。人物は小説の主な要素である。人物描写の方面で、人物を特定の環境に置いて、人物の性格、言語、動作、心理活動などから人物の特徴を表現して、人物描写は極めて生き生きしている。それから、読者は人物の現実意義を了解しやすくて、小説の悲傷情調が感じられる。

『華麗なる一族』は悲劇的小説である。作者は社会を深く探って、社会の問題を探求して、『華麗なる一族』を作成した。小説の悲劇性はその時代の悲劇が代表できる。その時代の社会問題とは何か、社会に何の影響を与えるかとはっきりできれば、それなりの価値があると思う。

1  山崎豊子について

山崎豊子は本名が杉本豊子で、1924年11月3日大阪市に生まれた。出身は船場で、実家は老舗昆布屋の小倉屋山本である。1937年、旧制大阪市芦池尋常小学校を卒業した。1941年、旧制相愛女学校を卒業した。1944年、旧制京都女子専門学校の国文学科を卒業した。旧制女専を卒業した後、毎日新聞社に入社した。大阪本社調査部を経て、1945年学芸部に勤務し、井上靖のもとで記者としての訓練を受けた。勤務のかたわら小説を書きはじめ、1957年に実家の昆布屋をモデルに、親子二代の商人を主人公とした『暖簾』を刊行して、作家としてデビューしたのである。翌年吉本興業を創業した吉本せいをモデルにした『花のれん』により第39回直木賞を受賞した。新聞社を退職して作家生活に入った。

初期の作品は船場など大阪風俗に密着した小説が多く、その頂点が足袋問屋の息子の放蕩・成長を描いた『ぼんち』であり、市川雷蔵主演により映画化された。1961年『女の勲章』の取材中で同僚と結婚した。1963年より連載を始めた『白い巨塔』は大学病院の現実を描き、鋭い社会性で話題を呼んで、田宮二郎主演で映画化された。これも大阪大学医学部がモデルとなっており、大阪の風俗が作品への味付けとなっている。神戸銀行をモデルとした経済小説、『華麗なる一族』も佐分利信の主演で映画化され、さらに2度に亘りテレビドラマ化された。

その後、テーマ設定を大阪から離し、戦争の非人間性など社会問題一般に広げていった。『不毛地帯』、『二つの祖国』、『大地の子』の戦争3部作の後、日本航空社内の腐敗や航空機事故を扱った、『沈まぬ太陽』を発表した。

1991年、菊池寛賞受賞。最近では『文藝春秋』2005年1月号から2009年2月号まで西山事件をモデルとした『運命の人』を連載した。2009年『運命の人』で毎日出版文化賞特別賞を受賞した。

『大地の子』で引退を考えたが、「芸能人には引退があるが、芸術家にはない、書きながら柩に入るのが作家だ」と新潮社の斎藤十一に言われて、執筆活動を継続した。

2013年8月より週刊新潮に新作「約束の海」の連載を開始していたが、第1部(20話)を書き上げた後で、体調が不良となって、堺市内の病院に緊急入院した、2013年9月29に呼吸不全のため88歳で亡くなった。故人の遺志により密葬形式が取られた。

2 『華麗なる一族』の創作背景とあらすじ

2.1 創作背景

六十年代は第二次世界大戦の直後であった。当時の日本経済は早く発展していた。日本銀行の合併の背景で、日本の金融機関の合併が断続的に爆発した。大蔵省で「無形」や「形」の行政指導の下で、「小が大を食う」のドラマを上演した。その結果は資金規模がますます大きくなって、経営範囲が広くて、競争力はますます強くなった。

山崎豊子は作家生涯に入る前に長い間記者として、社会実情を深く探求した。それで、社会現実を批判するのはその作品の主題になっていた。彼女は社会現実を全面的に認識した。それから、彼女の社会責任感と正義感が強くなった。小説の取材は社会現実に向かった。『華麗なる一族』は金融界を背景として、金融戦争を描写する小説である。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接