超越血缘的母性——《第八日的蝉》试论 血縁を超えた母性―『八日目の蝉』試論毕业论文_日语毕业论文

超越血缘的母性——《第八日的蝉》试论 血縁を超えた母性―『八日目の蝉』試論毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

角田光代是当代日本小说家、翻译家。如今,角田光代、吉本芭娜娜和江国香织被誉为现代日本文坛的三大女作家。《第八日的蝉》作为角田光代的代表作,一经发表便受到了广泛的关注。这部作品围绕着“母性”,描绘了偷了情人的孩子的希和子和事件后长大成人的惠理菜的生活和心理。围绕着“母性与血缘是否有关系” 解读这部作品,具有研究的意义。

本篇论文对这部作品本身和作者的内心世界进行分析,研究作品所表达的母性与血缘的关系。

通过对作品本身和作者的内心世界的分析,可以看出作者角田光代的笔下母性和血缘是没有关系。母性作为一个女人与生俱来的能力,即使是对没有血缘关系的孩子依然可以闪耀出母性的光辉。

关键词:第八日的蝉 角田光代 母性 血缘

要 旨

角田光代は現代日本の小説家と翻訳家だ。今、角田光代は吉本バナナと江國香織と一緒に、今日本文壇の三大女性作者と誇られている。『八日目の蝉』は角田光代の代表作の一つだ。発表されたら、大きく注目を集めた。この作品は「母性」をテーマとして、愛人の子供を誘拐した希和子と事件後、大人になった子供恵理菜の生活、心理と悲劇を描いた。

本論文はこの作品の内容と、作者の内心世界を分析し、血縁と母性の関係を研究する。

作品そのものと作者の内心世界を分析することによって、角田光代のその作品は、母性は血縁とは関係ないことを表現することがわかる。母性は女として生まれてからある能力で、血筋がない子供の育ちにも母性愛が輝く。

キーワード:八日目の蝉 角田光代 母性 血縁

目 次

はじめに 1

1.『八日目の蝉』について 3

1.1角田光代の紹介 3

1.2『八日目の蝉』の紹介 3

1.2.1概要 3

1.2.2あらすじ 3

1.3自分の理解 4

2.血縁と母性の関係 5

2.1作品の表現 5

2.1.1作品の内容から見る 5

2.1.2作品の描写方法から見る 7

2.2作品の主人公たちを分析する 8

2.2.1希和子の愛と罪悪 8

2.2.2恵理菜にとって母性愛の意義 8

2.2.3恵津子の間違った母性愛 9

2.3血縁と母性の関係の研究 9

3.『八日目の蝉』の作成原因と影響 10

3.1角田光代の経歴と内心世界 10

3.2『八日目の蝉』の時代背景 10

3.3影響と評価 11

3.4社会と血縁と母性の関係の考え 12

終わりに 13

参考文献 14

謝辞 16

はじめに

 角田光代は日本の小説家と翻訳家である。『八日目の蝉』とは、角田光代の一つの代表作である。発表されたら、大きく注目を集めた。それから、2010年、NHK総合にてテレビドラマ化、2011年には松竹配給で映画化された。この作品は「母性」をテーマとして、愛人の子供を誘拐した女希和子と事件後、大人になった子供・恵理菜の生活、心理と悲劇を描いた。希和子は愛人の子供を誘拐した。それは犯罪である。でも彼女はその子供にたくさんの愛を与えて、心を尽くして育てた。それに反して、恵理菜の母親恵津子は、戻ってきた恵理菜にどう接してよいのか分からず、不器用な愛情を与えたことが原因で、恵理菜を苦しめる存在となっている。母親のそばで不愉快な幼年時代を過ごした恵理菜は大人になって、岸田と不倫関係にあり、岸田の子を妊娠してしまった。希和子と同様の道を歩んでしまっている。この作品を通じて、母性と血縁の関係があるかどうかにおいて、探究の意義がある。この作品の中で、養母と生母の母性愛のどちらが子供にとって良いか、母性を出発点としての犯罪はいったいどういうふうに評価すればよいかを研究したい。本論文は先行研究を踏まえ、この作品の内容と、作者の内心世界を分析し、血縁と母性の関係を研究する。

 まず、本論文は作品『八日目の蝉』の作者と作品のあらすじを紹介し、自分の理解の上でこの作品をまとめて、作品の要旨を紹介する。また、自分の関心のある方面を釈明し、自分の考えを加えて、より具体的に論述をしようと思う。次に、本論文は「血縁と母性の関係」を中心として、作品の段落と描写を具体的に分析し、代表例を挙げて、そのテーマを証明する。作者はこのノベルの中でどのように母性の愛を表し、養母と生母の態度をどのように対比するかと釈明する。次に、本論文は作者の経歴と内心世界を探求し、この作品の時代背景を加えて、この作品の作成原因を研究する。この作品をもっと深く理解する。最後、本論文はこの作品の社会影響に基づいて、社会の評価を考えた上で、自分のテーマをさらに釈明する。「母性は血縁を超えた」の論点を証明する。

 清水均による『 八日目の蟬·「母」と「母性」をめぐる物語』(「角田光代·現代女性作家読本」130-135)という文章において、恵理菜は愛人と不倫関係にあり、子供を妊娠し、希和子と同様の道を歩んでしまっていて、一方で自分が希和子に愛されていたということを確認し、「母」としての希和子の存在を受け入れ、その一方では、既に愛人の子を身ごもっていながら完全には認めることができなかった。そして、自身の「ぼせい」を認知し、「母になる」決心をするに至ったのである。それは希和子の母性愛のため、恵理菜はその決定に辿った。

 周沖による『「八日目の蝉」による日本社会の現状』という論文において、「母性」は『八日目の蝉』のテーマを提出した。この論文は希和子の見失った母性を捜すと言った。希和子は手術のせいで、自分の子供が妊娠できない。でも彼女は本当に自分の子供が欲しい。だから恵理菜を見て初めて、母性愛がいっぱいある。そしてこの子供を誘拐し、自分で育てた。それに対して、恵理菜の生母は自分の子供を納得できない。更に自分の子供を虐待、母性愛が見失った。

 『八日目の蝉』についての文献は少ない。だから自分はこの作品にとっての正確な理解は重要である。例えば、作品の中で、作者の創作方法や描写方法と「血縁と母性の関係」の関係を正しく繋がるのはちょっと難しいと思う。

1.『八日目の蝉』について

1.1角田光代の紹介

角田光代は日本の小説家と翻訳家である。今、角田光代は吉本バナナと江國香織と一緒に、今日本文壇の三大女性作者と誇られている。

角田光代は、神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。大学を卒業して1年後の1990年、「幸福な遊戯」で第9回海燕新人文学賞を受賞し、角田光代としてデビュー。1996年に『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞を受賞して、1998年『ぼくはきみのおにいさん』で坪田譲治文学賞したほか、数度芥川賞の候補に挙がった。著者に『三月の招待状』『森に眠る魚』『くまちゃん』など多数。2010年7月には、毎日新聞の連載『ひそやかな花園』も単行本化された。2005年、『対岸の彼女』で第132回直木三十五賞受賞。『キッドナップツアー』など児童文学も手がけている。『空中庭園』、『八日目の蝉』などの作品は映画化されている。

1.2『八日目の蝉』の紹介

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接