论《蟹工船》中的无产阶级革命认识 『蟹工船』におけるプロレタリア革命に対する認識毕业论文_日语毕业论文

论《蟹工船》中的无产阶级革命认识 『蟹工船』におけるプロレタリア革命に対する認識毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

从 20 世纪 20 年代到 30 年代初期,在日本文学界兴起了一场轰轰烈烈地文学运动,它伴随着社会主义运动地发展而产生,也伴随着社会主义运动的破裂而消亡。它虽然只有短短十年,却撑起了大正时代日本文学领域地一片天空。它就是日本的社会主义文学运动,又称普罗列塔文学运动。

在这场声势浩大地文学运动中,诞生了一大批蜚声内外的文学作家。其中最有影响力的要数小林多喜二了。其作品《蟹工船》更是被誉为日本普若运动的巅峰之作。这部作品反映了日本当时社会劳苦大众的生存状态,对处于原始资本积累阶段的资本家进行了无情地抨击,因此从发表一开始就深得人心。

本文将以《蟹工船》为出发点,深入探讨那个年代日本社会主义运动的状态。并结合小说故事情节及当时的社会背景,对处于最底层的劳动人民的心声进行全面地剖析,并发掘出日本底层民众心路的觉醒历程。

关键词:蟹工船 无产阶级革命 认识 小林多喜二

目次

要旨 I

摘要 II

はじめに 1

第一章『蟹工船』の創作背景 3

    1. プロレタリア文学(運動)とは 3
      1. プロレタリア文学の定義 3
      2. プロレタリア文学の簡略的な歴程 3
    2. 『蟹工船』について 5
      1. 『蟹工船』の社会背景 5
      2. 作品のあらすじ 5

第二章『蟹工船』からプロ革命への認識 7

    1. 地理環境の影響 7
      1. 海上環境の作用 7
      2. 船上環境の作用 7
    2. 資本主義の勢力の作用 8
    3. 労働者の覚醒歴程 9

第三章 『蟹工船』の文学価値と歴史影響 11

    1. 『蟹工船』と日本無産階級文学運動 11
    2. 『蟹工船』の時代意義 13

終わりに 14

参考文献 15

謝 辞 17

はじめに

(1)きっかけと問題意識

二十世紀の二三十年代の日本文壇は近代日本文学の黄金時代であり、多くの作家が歴史舞台に登場し始まり、区々な流派が日本の文壇を戦前の最後のピークに進める。その中で一番活躍したのはプロレタリア文学といえよう。二十年 代のプロレタリア運動に伴って、徳永直、小林多喜二を代表としたプロレタリ ア文学者は労働者を対象として、無産階級の運動を背景にして、低層労働人民の生存現状を反映した作品をたくさん書いた。今日は日本プロレタリア文学の 最高作と認められた『蟹工船』から当時の無産階級運動を簡単に検討しようとする。2008 年の金融危機の中から表明されたように、資本主義の欠陥がマルクスの言った通りに繰り返して存在している。したがって、今でもこの作品で 描かれたのは一定の現実意義を持っていると思う。

(2)先行研究

先行研究を国内と日本と二つに分けて紹介する。

国内では、世界一の社会主義国として、人々はマルクス主義を代表としたプ ロレタリアの理論と思想に独特な感情を抱いている。また、2008 年の金融危機で日本に『蟹工船』のブームが起きた。この現象をきっかけとして、国内の研究者は日本のプロレタリア革命について多くの学術的な論文を発表した。そ のなかで、『蟹工船』に新しい観点もたくさん提出された。一つは、『蟹工船』 の人物の言葉の分析や、その労働人間像の探求などである。その代表論文は以 下のものである。(太阳舜:黑暗过后的黎明曙光——解读小林多喜二《蟹工船》, 山花,2009lt;08gt;;王缘缘:20 世纪 30 年代对《蟹工船》的评论,新闻爱好者,

2010lt;5gt;;陈凌凯:论《蟹工船》里的人物形象,广东外语外贸大学,2007)。もう一つは、日本の無産階級文学運動の発展と中国に影響を与えることである

(韩春红:试论《蟹工船》中发生的无产阶级运动,黑龙江教育学院学报,

2009lt;01gt;;服务于政治的尝试——「プロレタリア文学」,文学长廊,2011lt;07gt;)

日本では、戦後から 20 世紀末までの相当的長い間にプロレタリア文学の研究がずっとあまり重視されないから、研究者はその分野にもあまり熱心を持っ ていないようだ。2008 年の金融危機なので、日本の社会問題がますます深刻になり、経済も不景気の状態が続けていく。その現実に基づいて、数十年ぶり の『蟹工船』のブームが再び盛んになっていく。この時期の研究重点は『蟹工 船』が今の社会と人間にどんな啓示が与えられるのである。例えば、今西一の

「蟹工船』とマイノリティという論文が『蟹工船』から現在日本の社会問題を覗いて、日本の民族関係を探究する。ほかは、尾西康充の『蟹工船』における労働者の連帯ーー松阪の「戦旗」防衛関西巡回講演会に触れながら、西原大輔 の小林多喜二『蟹工船』における植民地—レニン著『帝国主義論』との関連 という論文のように作品の地点と事件を実地踏査する。プロレタリア革命の研 究についての文献が少ないようだ。したがって、『蟹工船』におけるプロレタ リア革命に対する認識をしようと思う。

(3)研究の方法

研究の方法は客観的なテクスト分析である。『蟹工船』を取り巻き、作品の あらすじを出発点とし、その時期の社会背景を結びつけて、科学的で客観的な 方法で、プロレタリア運動の発展状況と社会影響に必要な探求と分析をする。

(4)研究の価値

小林多喜二の作風を考察し、全面的に把握できる。小林多喜二の文学への理解と研究に役立つ。

日本のプロレタリア文学の深い認識を深める。

第一章『蟹工船』の創作背景

プロレタリア文学(運動)とは

プロレタリア文学の定義

プロレタリア文学を探討する前、プロレタリア革命というのは何だろうかとはっきり認識しよう。日本のウィキペディアにより、プロレタリア革命はプロレタリアートがブルジョワジーの国家を打倒し、プロレタリアート独裁を樹立し、ブルジョワジーの所有を公的所有に移すことにより、資本主義社会から社 会主義社会への道を切り開くことを目的とした革命のである。

プロレタリア文学(プロレタリアぶんがく)とは、1920 年代から 1930 年代前半にかけて流行した文学で、個人主義的な文学を否定し、社会主義思想や共 産主義思想と結びついた文学である。戦前の日本文学の潮流の一つである。

プロレタリア文学の簡略的な歴程

プロレタリア文学の先駆として、1910 年代後半から、のちに〈大正労働文学〉という位置づけをされる、現場での労働体験をもつ一群の作家たちが現れ た。『青鞜』(明 44-大 5)は、平塚らいてうなどによって創刊された女流文学雑誌である。平塚らいてうは女性の自立を唱え、新しい女流文学を育てること を目標した。二代目の伊藤野枝の手を移ってから、次第に婦人解放運動へと進 んで、より明確な政治的立場を出張した。その後、『近代思想』(1912-1914) や『種蒔く人』(1921-1923)などの雑誌は反体制的な、人民的な主張を唱え、 後のプロレタリア文学の繁盛に巨大な貢献をしたと言える。

1923 年の関東大震災後、小牧近江や青野季吉ら同志たちが新しい文芸雑誌

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接