東野圭吾のガリレオ作品の魅力について―『探偵ガリレオ』を中心にー;东野圭吾的伽利略作品的魅力考察---以《神探伽利略》为中心毕业论文_日语毕业论文

東野圭吾のガリレオ作品の魅力について―『探偵ガリレオ』を中心にー;东野圭吾的伽利略作品的魅力考察—以《神探伽利略》为中心毕业论文

2021-04-01更新

 

内容提要

推理小说是日本文学中非常重要的组成部分。

论文以当代日本的推理文坛社会派的代表作家东野圭吾作为分析对象,自发表处女作《放学后》以来,有多部获奖作品问世。不仅在日本以及中国都收获了颇高人气。东野圭吾是无可争议的日本现代推理小说作家,目前东野圭吾的多部作品被改成电视剧,特别是神探伽利略系列作品改编成电视剧后收视率创下新高,主人公的汤川学也被人所知。

神探伽利略系列作品的特点在于,作品开始向读者提示关于罪犯的身份的线索,但罪犯杀害被害者的动机以及使用的方法,需要读者自行推测后浮出水面。论文通过分析《神探伽利略》的“汤川学”来揭示东野圭吾小说的特有魅力。

 

关键词:东野圭吾 推理小说 神探伽利略 魅力

要旨

推理小説は日本文学の中で、特に重要なジャンルである。

今回取り上げた東野圭吾は当代日本の推理文壇の社会派の代表作家で、『放課後』でデビューして以来、受賞した作品が数多く、日本だけでなく、中国でも人気がある。東野圭吾は間違いなく最優秀の現代日本推理小説作家の代名詞といっても過言ではない。いまや、東野圭吾の作品はドラマされ、主人公の湯川学は知られるようになった。

ガリレオシリーズ作品の中には、犯人の身分についての手がかりは最初から読者に伝えたが、犯人はなぜ被害者を殺したのか、被害者を死なせた方法は何か、読者の推測により徐々にそれを明らかになってくる。本論は『探偵ガリレオ』における湯川学の分析を通し、東野圭吾作品の特有の魅力を明らかにする目的としている。

キーワード:東野圭吾 推理小説 探偵ガリレオ 魅力

目次

1.はじめに 1

2.東野圭吾の経歴と作品 2

2.1 生い立ち 2

2.2 東野圭吾の小説の分類 4

3.東野圭吾の小説の特色 6

3.1 死亡描写 6

3.2 スタイルと手法 6

4.『探偵ガリレオ』の魅力 8

4.1 小説の趣味性 8

4.2 登場人物の魅力 8

4.3 主人公の「湯川学」 9

5.終わりに 10

参考文献 11

謝辞 12

1.はじめに

推理小説は日本文学の中で、特に重要なジャンルである。今回取り上げた東野圭吾は当代日本の推理文壇の社会派の代表作家で、『放課後』でデビューして以来、受賞した作品が数多く、日本だけでなく、中国でも人気がある。東野圭吾は間違いなく最優秀の現代日本推理小説作家の代名詞といっても過言ではない。いまや、東野圭吾の作品はドラマされ、主人公の湯川学は知られるようになった。

「ガリレオ」シリーズ作品の中には、犯人の身分についての手がかりは最初から読者に伝えたが、犯人はなぜ被害者を殺したのか、被害者を死なせた方法は何か、読者の推測により徐々にそれを明らかになってくる。本稿は『探偵ガリレオ』の分析を通し、東野圭吾作品の特有の魅力を明らかにする目的としている。

まず、本論は「文献研究法」という研究形式を採用して、先行研究を参考にして、また、自分の関心がある方向を選択し、自分なりの考えを加え、より具体的に検討しようと思う。それから、『探偵ガレリオ』に出てくる事件の代表例を挙げて東野圭吾作品の魅力を分析する。

2.東野圭吾の経歴と作品

2.1 生い立ち

東野圭吾は1958年に大阪市生野区に生まれた。1974年、偶然手に取った小峰元の『アルキメデスは手を汚さない』を読み、 それ以来推理小説に初めて嵌ていった。同時に江戸川乱歩賞の存在を知り、さらに松本清張の著作を読みはじめ、やがて推理小説を書き始めた。

1981年に日本電装株式会社(現デンソー)に入社し、勤務の傍ら推理小説を書き続けていた。1985年に『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、小説家としてのキャリアをスタートさせる。『放課後』は名門女子高を舞台に、女子高に勤務する教師前島が女子高で起きた事件の真相に近づく様子を描いた青春推理小説である。書評家の関口苑生[1](2000)は、「もう少し突っ込んだ言い方をすれば、この犯人の殺人動機は、受賞当時としては信じられないようなものであったかもしれないが、今になって思えば、きたるべき時代の人間性――、精神の危機を見事に先取りしたものになっている。東野圭吾の時代を見る目の確かさ感じざるを得ない。」[2]と述べている。

1986年には退職し、専業作家としての道を歩んだ。デビューしてからは、なかなかヒットに恵まれず、また文学賞も15回も落選したなど、厳しい時代が続いた。

1999年に『秘密』で第52回日本推理作家協会賞(長編部門)を受賞し、120回直木賞を入賞した。『秘密』が当時大人気の広末涼子主演の映画化されて以来、知名度が上がってきた。その後BSドラマで『変身』なども映像化され、更にはTBSの地上波ドラマ『白夜行』がヒットし、人気が高まっていた。『白夜行』は東野圭吾の作品の無冠の帝王といわれ、ベストセラーになったミステリ長編小説である。それは幼少時、初恋の少女を助けるために父親を殺した少年と、その少年を庇うために母親の命を奪った少女の残酷な14年間の犯罪の軌跡を描いた物語である。東野圭吾は多くの人物からの視点や、伏線を用いて描いている。

東野圭吾は2009年5月に行われた日本推理作家協会の特別理事会で理事長として選出され、同年6月1日に就任した。2012年、『マスカレード・ホテル』を書いた後、「以後の推理発揮は自分を越すことはできない」[3]と言った。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接