『ノルウェーの森』における言語の魅力;论《挪威的森林》的语言魅力毕业论文_日语毕业论文

『ノルウェーの森』における言語の魅力;论《挪威的森林》的语言魅力毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

村上春树『挪威的森林』这部小说深受读者喜爱,作为纯文学作品,笔者认为其语言特色是作品畅销的一大原因,通过认真研读文本,发现村上这部作品的语言风格特色主要表现在以下四个方面。一、情景描写,通过对青山,绿草,蓝天,风,雨,云等自然景观的描写,清新、自然,反衬主人公的心境。二、人物描写,笔墨不多却入木三分,真实可信、栩栩如生。三、动物描写,通过对动物描写,刻画当时人物的性格。四、使用比喻、夸张、拟声拟态等修辞手法,自由奔放,幽默风趣,语言充满了智慧和想像,这是村上作品的语言风格的特征和魅力。

关键词:村上春树 挪威的森林 修辞 语言

要 旨

村上春樹『ノルウェイの森』という小説が人気である原因は言語の特徴にあると思う。研究してみると、以下の結論が出た。一、情景描写の書き方が清新・自然で、靑山、草、空、風、雨、雲などの自然景観を引き立て、主人公の心境に精通する。二、人物描写、わずか数筆だけど、筆力があり、洞察が鋭く、生き生きする。三、直接人物の心境を描写するのではなく、鳥、犬、蝉や魚、蛍などの動物描写を引き立て、当時の情景や人物の性格を描くのである。四、大量の比喩、誇張、オノマトペなどの修辞手法を活用し、文章を自由奔放、面白くした。言語は想像力、知的なユーモアに富んでいる。これらは村上作品の言語風格の特徴であり、魅力でもある。

キーワード:村上春樹 ノルウェイの森 修辞 言語

目 次

はじめに 1

1.1村上春樹と『ノルウェイの森』 1

1.2問題の提出 1

1.3先行研究 1

本論 4

2.1情景描写 4

2.2人物描写 5

2.2.1「突撃隊」 5

2.2.2永沢 7

2.3動物描写 8

2.4修辞法の活用 9

2.4.1比喩 9

2.4.2誇張 10

2.4.3オノマトペ 11

おわりに 13

参考文献 14

はじめに

1.1村上春樹と『ノルウェイの森』

村上春樹(1949年1月12日 – )は、日本の小説家、アメリカ文学翻訳家である。1987年発表の『ノルウェイの森』は上下700万部を売るベストセラーとなり、これをきっかけに村上春樹ブームが起きた。2006年、フランツ・カフカ賞をアジア圏で初めて受賞し、以後日本の作家の中でノーベル文学賞の最有力候補者と見なされている[1]

『ノルウェイの森』は村上春樹の長編小説であり、この物語は、主人公「わたなべ」が、自殺した友人「キヅキ」の恋人だった「直子」と、大学で仲良くなった「みどり」の2人の女性とのかかわりの中で「生と死」について考え成長していくストーリーを描いた作品である。

1.2問題の提出

『ノルウェイの森』は1986年~1987年に日本現代有名な作家である村上春樹が創作した長編小説である。日本の純文学の市場はずっと不景気であるが、村上春樹の小説はよく売れている。大江健三郎はユーモアで羨ましそうに言った。「村上さん一人はわれわれすべての日本人作家より多く本を売り出した。」『ノルウェイの森』は700万部を売るベストセラーとなり、これをきっかけに、村上春樹が日本で迅速に注目を集められ、80年代の夏目漱石に選ばれた[2]。90年代、この小説は日本だけでなく、欧米と中国でも巨大な反響を獲得したから、「村上春樹ブーム」という現象が起きた。これは日本と世界の文壇のいずれにとっても自慢の成果を収めた。ますます多くの日本専門学者は村上研究に力を入れている。村上春樹は日本の作家の中でノーベル文学賞の最有力候補者と見なされている[3]

村上春樹の『ノルウェイの森』という小説が人気のある原因は何だろう。言語の特徴にあるのではないかと思われる。

1.3先行研究

中国で、村上の小説は迅速に都市の「小資産階級」の群体と大学生の読者の群にしみ込んでいるが、研究論文は、李德純の「物欲世界中的异化——日本『都市文学』剖析」(「物欲の世界にある異化――日本の『都市の文学』の解剖分析」)、王向遠の「日本后现代主义文学与村上春树」(「日本のポストモダニズム文学と村上春樹」)、林少華の「村上春树作品的艺术魅力」(「村上春樹作品の芸術魅力」)、孫樹林の「论『村上春树』现象」(「村上春樹という現象を議論」)、雷世文の「相约挪威的森林:村上春树的世界」(「ノルウェイの森における約束:村上春樹の世界」)、楊炳菁の「后现代语境中的村上春树」(「ポストモダンの文脈における村上春樹」)などがあり、研究の視角はポストモダニズム、比較文学理論、精神分析学、受容反応理論、文学の文体学、文学の文化学と叙述学批判に集中している。

日本で、評論家と学界の研究は村上の創作とほぼ同じ歩調を合わせ、期間中に約183篇の論文を発表し、約30冊の著書と論文集を出版、とても良い研究の広さと深さが持っている[4]。例えば黒古一夫の『 村上春樹と同時代の文学』と『村上春樹ザ・ロスト・ワールド』、今井清人の『村上春樹:offの感覚』、横尾和博の『村上春樹の二元的世界』、と加藤典洋の『イエローページ村上春樹——作品別 (1979-1996)』などである。

以上の研究から見れば、『ノルウェイの森』を研究する成果が豊かだが、ほとんど作品論と人物論を中心とするもので、言語特色を分析するものはまだ多くないようである。日本には加藤典洋と島森路子、小森陽一、中国には林少華、林磊などがいる。彼らはほぼ比較的に一致する見方を持っている。即ち『ノルウェイの森』には言語の簡潔さ、滑らかさと意味の深さがあり、言語はユーモアで、興趣が満ちあふれている。比喩、象徴は見るもの聞くもの全て新鮮に感じられ、欧米文学の影響を受け、日本小説の鈍さと薄暗さのかわりに、分かりやすい音楽式の文学用語という村上春樹の独特な風格が形成されたという見方である。

これを契機にして、筆者は『ノルウェイの森』コーパス[5]を基礎にして、村上春樹の言語特色に絞り、情景の描写、人物の作成、比喩の誇張など修辞の方法と擬声・擬態語の運用などいくつかの方面から村上の作品にある文学の言語、風格と魅力を解読しながら明らかにしていこうと思う。

本論

島森路子、加藤典洋は村上春樹の言語スタイルが今まで我々が読んだ文学の言語と違っていると指摘し、「それが村上春樹の発明である」と評価した[6]

2.1情景描写

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接