『容疑者Xの献身』における「容疑者X」の考察;关于《嫌疑人X的献身》的“嫌疑人X”的考察毕业论文_日语毕业论文

『容疑者Xの献身』における「容疑者X」の考察;关于《嫌疑人X的献身》的“嫌疑人X”的考察毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

《嫌疑人X的献身》是东野圭吾推理小说伽利略系列的第三弹。主人公石神哲哉是高中数学老师,由于圆脸头发稀少而显得老态,其实和汤川学、草薙是帝都大学的同期生。

本文选择主人公石神这一角色,从有关“嫌疑人X”的直接描写和间接描写来考察他的性格、分析犯罪动机、并且进一步探讨他的伦理观。接着通过与欧美推理小说的比较分析“嫌疑人X”的独特性。通过上述一系列的考察,以更加深入地理解东野圭吾作品中人性的善与恶为目的展开论述。

关键词:东野圭吾 嫌疑人X 欧美推理小说 人性

目 次

1.0はじめに ………………………………………………………………………1

1.1問題の提起 …………………………………………………………………1

1.2 先行研究 ……………………………………………………………………1

1.3 本論の目的 …………………………………………………………………3

1.4本論の研究方法と手順 ……………………………………………………3

2.0東野圭吾について………………………………………………………………3

2.1東野圭吾の紹介………………………………………………………………3

2.2東野圭吾推理小説の特色……………………………………………………4

3.0「容疑者X」についての考察……………………………………………………4

3.1「容疑者X」に関する直接描写………………………………………………4

3.2「容疑者X」に関する間接描写………………………………………………6

3.3犯罪動機 ………………………………………………………………………7

4.0 欧米推理小説と日本推理小説との比較………………………………………8

4.1 容疑者についての描写………………………………………………………8

4.2 犯罪方法と動機………………………………………………………………8

5.0 人間性と愛………………………………………………………………………9

6.0終わりに…………………………………………………………………………10

参考文献

謝辞

1.0はじめに

1.1 問題の提起

日本語を勉強して以来、ずっと日本文学特に日本の推理小説に興味を持っている。現代日本の有名な推理小説作家というと、東野圭吾の名は知らない人はいない。数多く発表したの推理小説の中で、『容疑者Xの献身』は代表的な作品である。

小説最後まで読み終わると、主人公の石神哲哉は「容疑者X」であることがわかった。その真相がわかった時、涙が出るほど感動させられた。一方、「容疑者X」という役柄の性格と特徴は何だか、犯罪動機は何だかなど検討することは当然だ。また、欧米推理小説の容疑者との比較を通し、さらに「容疑者X」の特性が明らかになれる。そのほか、作品に表れている人間性と愛を考察し、何かの啓示をもたらすことも分析する価値があると思われる。

1.2 先行研究

まず、「東野圭吾推理小説特色解析」という論文は東野圭吾の中国語の翻訳作品を研究対象にして、彼の推理小説の「本格ミステリー」の特徴を全面的に分析することにした。第一章は日本推理小説の概況と「本格ミステリー」の特徴を紹介した。社会性を重視しただけでなく、社会への影響と作者自分の経験から論理的なものも含まれていると指摘している。第二章は主に東野圭吾の作品の主題から、彼の社会観、科学観、家庭観と女性観を分析した。東野圭吾は日本社会の各方面と関わるテーマを取り入れ、社会性の強い作品を創作したという。第三章においては、構造、視角と人物から作品の特色を分析した。

次に、「『容疑者Xの献身』から見る東野圭吾の推理小説」では、厳密なロジック、深い心理描写と意外な結末が東野圭吾の推理小説の特徴であると述べている。主人公の石神は靖子母子を守るために、警察の捜査をかく乱すわなを2重に、3重に仕掛けた。その手法は見事としか言えない。刑事は天才数学者の仕掛けたわなに見事にはまってしまい、何度も靖子の完璧なアリバイに行き詰っていた。そのわなに気付くのはガリレオと称される物理学者湯川のみである。天才の考えることは天才にしか解き明かすことはできないだろう。これらのわなを解明するうちに、設計者の石神の完璧なロジック推理が見られる。心理描写といえば、「自分は勝ったのだ、と石神は思った。」[1]という内容がある。これは石神の自首の心理である。これからみると、彼は靖子のために、警察の動きまで計算し、その緻密さが本当に驚くべきものである。これも石神の靖子母子に対する深い愛を反映していると思う。この作品からみると、殺人事件をめぐって、読者にとって靖子母子の完璧なアリバイはずっと謎である。石神が靖子母子を庇うために別の人間を殺害し、富樫に仕立てるまで、湯川以外に誰にも思いつくことができない。これは一つの意外である。もう一つの意外なことは石神の靖子に対する愛の純粋さである。石神は靖子の後に付き、写真を撮り、脅迫の手紙を書いた。実際、これはすべて、警察を誤解させるためである。彼は靖子のために自分一人で罪を負えばいいと思っている。しかし、真相を知っている靖子は安心できず、自首してしまう。小説の最後に、石神は魂を吐き出しているように叫び続いた。この結末は意外であるが、悲しいである。

また、『论东野圭吾作品中的死亡书写』は具体的に死亡という深刻なテーマを論述して、東野圭吾作品の中の三つの階段の死亡を分析した。第一の階段は、自分の死亡に直面し、自己認識を実現させる。第二の階段は、自分の死亡に対し、気弱になれない、生きていこうという強い生命意識を持っている。第三の階段は、積極的に自由と個性を求め、豊富な生活経験を通して死亡への恐怖を乗り越える。この三つの階段は具体的に東野圭吾推理小説の死亡にかかわる理解を深めさせた。

最後に、アーサー·コナン·ドイルは欧米探偵小説の作家で、エレン·ウルマンの探偵小説の特徴を受け継ぎ、探偵小説のレベルをより高くさせた。「中国探偵小説の第一人」である程小青の早期作品とコナン·トイルの小説が似ているところがあるという。「『福尔摩斯探案全集』与『霍桑探案集』的比较研究」では、類似点をはじめ、各作品の文化背景と社会背景を分析されている。具体的にいえば、作家の意図、登場人物、作品の開放性から両者の類似点と相違点を分析している。

以上の参考文献から、『容疑者Xの献身』の考察は研究意義があるということが分かる。以上の文献を参考にして、出場人物の「容疑者X」を対象に、東野圭吾作品の魅力を考察したい。

1.3 本論の目的 

本論の執筆の目的は日本語を活用することだけでなく、日本文化と日本社会を理解することも不可欠だと思う。本論は東野圭吾の『容疑者Xの献身』を取り上げ、「容疑者X」という役柄を考察し、東野作品の魅力を明らかにしようとする。さらに日本文化への理解はいっそう深まっていくと思う。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接