宮崎駿の作品における女性像;关于宫崎骏作品中女性形象的考察毕业论文_日语毕业论文

宮崎駿の作品における女性像;关于宫崎骏作品中女性形象的考察毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

宫崎骏是享誉世界的动画导演,他的很多作品都给人们带来了深刻的启示和感动。他的作品的最大特点就是多以女性角色作为主角。本文通过对宫崎骏作品中女性角色的考察,发现女性角色具有坚强、善良和勇敢的特点。她们对生活有着高度的热情以及不服输的精神。因为她们拥有爱,所以不论在什么困难面前都能以积极乐观的态度面对并克服。这些女性主人公在遇到困难时永不放弃的精神将永远感动我们。

关键词:少女 性格 形象 自然

要 旨

宮崎駿は世界に誇るアニメの監督である。彼の作品は数多くの人々に多くの啓発や感動をもたらしている。彼の作品の最大の特徴と言えば、女性主人公が多いことである。だから、本稿では宮崎駿作品における女性役を考察してみたところ、しっかりしたイメージ、やさしいイメージ、勇気のあるイメージを持つことが分かった。彼女たちには共通の特徴がある。それは善良や勇敢である。生活に高い情熱を持ち、負けない気持ちで生きている。彼女たちは愛を持っていて、どんな挫折を前にしても積極的かつ楽観的な態度で歩んでいく。これらの女性主人公は困難に会う時諦めず努力し続けた精神力は永遠に感動を与え続ける。

キーワード:少女 性格 イメージ 自然

目 次

1.はじめに………………………………………………………………………1

2.宮崎駿………………………………………………………………………2

2.1宮崎駿の生い立ち……………………………………………………………3

2.2宮崎駿の作品について ……………………………………………………2

3.作品における女性像………………………………………………………………5

3.1しっかりとした女性のイメージ……………………………………………5

3.2やさしいイメージ …………………………………………………………7

3.3勇気のある女性のイメージ…………………………………………………7

4.終わりに…………………………………………………………………9

参考文献…………………………………………………………………10

1.はじめに

 日本のアニメーションと言えば、人々はきっと宮崎駿を連想するだろうと信じる。彼は日本のアニメーションの芸術の大家だけでなく、商業的の最高の成果の代表ともいえる。彼は黒沢明に次いで世界に名が知られた日本の第二位の監督である、「国宝のアニメーション大師」と「国民の映画の作家」だと誉められた。

 彼の作品は広く讃えられ、更に世界のアニメーションに深い影響を与えた。「世界で最も影響力があるアニメーションの大家」だと誉められた。映画「風の谷のナウシカ」と「ルペン三世カリオストロの城」がテレビで放映され、その面白さが広く社会に認知されたことや、エコロジーブームの中にあったことと相まってヒット作となり、作家としての宮崎駿が広く認知されることとなった。2001年に発表した「千と千尋の神隠し」は日本と国外からの評価も非常に高く、翌年のベルリン国際映画祭では日本としては39年ぶり、アニメーションとしては史上初の金熊賞を受賞し、2003年にはアカデミー賞長編アニメ賞を受賞した。「ハウルの動く城」と「風が起こった」もオスカーノミネートすることがあった。2014年11月8日、彼は再び第87回アカデミー名誉賞を受賞した。日本人としては黒澤明以来2人目の快挙となった。彼の作品はほぼ一貫して子供の視点に立ち、悪役を大人にすることが多い。主人公が少女であることが多い。宮崎作品には多くの女性が活躍している。本稿は宮崎駿の作品における女性像を分析したい。さらに、これらの女性像の具体的なイメージを浮き彫りにする。

本論は「文献研究法」を取り入れ、先行研究を参考にして、宮崎駿作品における女性像の分析を行うにあたり、自分の関心の持つ方向を選択して、自分なりの考えを加え、より具体的に検討しようと思う。次に、本稿では代表例を挙げて、具体的な女性像について分析する。例えば、「千と千尋の神隠し」の主人公の千尋は両親を助け、生き続けるために、一生懸命に働く。弱い女の子から、しっかりしていて勤勉に働いた博愛の持つ「千」になった。最後、宮崎作品における女性主人公の言語と行動を考えた上で、その性格を分析し、宮崎作品の魅力をさらに理解しようと試みる。

2.宮崎駿

宮崎駿は日本の傑出したアニメの大家で、アニメ映画の主な代表作は『となりのトトロ』、『天空の城』、『ハウルの動く城』、『千と千尋の神隠し』、『魔女の宅急便』と『千と千尋の神隠し』などがある。画面は繊細で流暢である。多くの作品は神話の雰囲気に溢れている。想像力に満ちていて、深い意味を含んでいる。私の少年時代で、宮崎駿の作品から善良や理想や友情など感銘を受けた。

2.1宮崎駿の生い立ち

 宮崎駿は東京府東京市出身で、幼児期に宇都宮に疎開した。小学校の3年生まで暮らしていた。小学校4年進級時に東京都杉並区永福町に転居した。小さい時、体が弱かったので運動は苦手だったが、絵はずば抜けて上手かった。熱心な読書家であり、手塚治虫や杉浦茂の漫画、特に福島鉄次の絵物語『沙漠の魔王』のファンという“漫画少年”でもあった。東京都立豊多摩高等学校在学中の3年生の時に観た東映動画製作『白蛇伝』に感動し[1]、アニメーションにも関心を持つようになる。学習院大学に進学したが、当時は大学に漫画サークルが無かったため、一番近そうな児童文学サークル(児童文化研究会)に所属することになった。幾つかの人形劇を企画しつつ、漫画家を志し漫画を描き続けていたが[2]、漫画かアニメーションかを悩んだ末、アニメーションの世界へ進む事を決断した。  

 アニメーション制作会社スタジオジブリに映画監督として所属し、2005年4月より取締役になった。また、自身が企画開発した三鷹の森ジブリ美術館の館主である。個人の事務所は株式会社二馬力で、主に宮﨑の著作権関連の管理を行って、宮崎駿代表取締役社長を務めていた。

2.2宮崎駿の作品について

宮崎駿の作品はよく子供に向けて作品を作り続けている。これについて「厳しい現実世界からの子供の一時の逃げ場が必要だ」[3]という趣旨の発言をしている。児童文学を愛読し、「アニメーションは基本的に子供の物」と公言し、その作品はほぼ一貫して子供の視点に立ち、悪役を大人にすることが多い。ただし、宮崎駿作品では悪役もまた、多くの場合重層的で複雑なキャラクターであり、どこかしら憎めない存在として描かれる。さらに、『千と千尋の神隠し』以降の作品ではそうした悪役が登場することもなくなっている。主人公が少女であることが多い。 

宮崎は、自分の息子が子供だった頃には、その年代に合わせて、成長するにつれて対象年齢を上げて作品を作り、息子が成長しきると今度は友人などの子供を対象にしており、『千と千尋の神隠し』の公開時にはガールフレンドである友人の娘のために作った作品だと説明している[4]。常に子供が観客であった。スタジオジブリについても、子供向けのいい映画を作るスタジオにしたいと語っていた[5]。 

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接