関西弁と標準語の比較——助動詞を中心に关西话和标准语的比较——以助动词为中心毕业论文_日语毕业论文

関西弁と標準語の比較——助動詞を中心に关西话和标准语的比较——以助动词为中心毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

关西方言和标准语同属于日本的语言体系,但是两者存在很多不同点。本论文以助动词用法为切入点,分别从否定表现、授受表现、推量表现三种助动词用法,对标准语和关西方言进行对比。通过具体的运用实例,探讨标准语和关西方言中否定表现、授受表现、推量表现三种助动词的使用异同。此外,分析了文学作品中关西方言和标准语中对关西方言和标准语中助动词的运用,从而近一步了解两者的差别。

关键词:关西方言;标准语;助动词;否定;授受;推量;差异

目次

はじめに 1

1.日本語の標準語と関西弁について 2

1.1標準語の形成と使用範囲 2

1.2関西弁の形成と使用範囲 2

1.2.1関西弁の影響 3

1.2.2関西弁の社会意義 3

2.標準語と関西弁の助動詞について 4

2.1助動詞の定義. 4

2.2.1授受表現の比較 4

2.2.2否定表現の比較 6

2.2.3推量表現の比較 7

3.文学作品における標準語と関西弁の運用 9

3.1標準語の文学作品にある関西弁の助動詞 10

3.2関西弁助動詞運用の原因 11

終わりに 11

参考文献 13

謝  辞 14

関西弁と標準語の比較

——助動詞の使用から

はじめに

先行研究

今まで、関西弁と標準語についてさまざまな研究成果があげられる。その中、特に助動詞の使用に関する先行研究や関西弁と標準語の中で使用の対照研究などが数多く見られる。『大阪方言の助動詞「やる」の使用条件について』(村中淑子『国際文化論集』no.42)の中で、現代日本語における大阪方言の助動詞「やる」に注目し、「やる」の意味用法記述の確認、「やる」の使用状況に関する調査結果の観察を記述した。『関西方言における「へん」否定について』(上野誠治『北海学園大学人文論集』第23・24号2003年3月)の中で、標準語における否定表現が関西弁における否定表現と比較し、いろいろな例を挙げて、「へい」否定について音脱落、同化,異化などの一般的な言語作用の結果生じたものであることを確認した。そして、『関西弁のいま・むかしー敬語表現について』(黒さき 良昭『日本語学』2001)は関西弁の一つの源流「船場言葉」、関西弁の話し言葉、方言周圏論、関西弁の敬語の変化、関西弁と伝統文化という五つの面から論じた。『日本語会話における「授受表現」の使用事態』(原田登美 『言語と文化』2006)が今日本社会で和標準語で会話における「授受表現」の使用現状を論じて、日常生活の中でよく使われる「授受表現」を分析した。以上の先行研究は、標準語と関西弁について助動詞の使用方法をそれぞれ分析して、比較することが少ない。本論文で、標準語と関西弁について助動詞の使用方法を比較して、標準語と関西弁の相違点を論じようと考えている。

研究目的:

関西弁と標準語は皆日本に属する言語である。二つの言語に相違点がたくさん存在する。関西弁と標準語の中で助動詞の用法が全部同じではない。本論文は、関西弁と標準語について否定表現、授受表現、推量表現という助動詞使用から両者の相違点を考察した。実例を取り上げて、関西弁と標準語における否定表現、授受表現、推量表現の助動詞の異同を検討した。その上、文学作品における標準語と関西弁の運用も分析した。したがって、関西弁と標準語にける助動詞の区別をより深く把握することができると思う。

研究方法

本論は、関西弁と標準語について助動詞使用する相違点を考察しようと考えている。それで、助動詞を例として、関西弁と標準語の区別について具体的な例に対する分析を通じて、否定表現、授受表現、推量表現の助動詞の異同を検討するつもりである。関西弁と標準語は違う自然環境と人文環境を背景として形成される。研究に通じて、違う地理や歴史によって、言語について影響が発見できる。

1.日本語の標準語と関西弁について

標準語とは「人為的に整備された規範的な言葉」を指す。それで標準語とはすべての人が共通して持つ規範(標準)であり、しかし、日常生活ではあまり使っていない言語である。

「関西弁」は大阪弁を中心に見据えた呼称であり、三重県の方言が近畿方言阿であるにも拘わらず「関西弁」のイメージから外されやすいなど、近畿方言の実態に沿っているとは言い難い。漠然と西日本全域の方言を包括して「関西弁」と呼ぶことさえある。(注1)

1.1標準語の形成と使用範囲

明治中期から昭和前期にかけて、主に、東京山の手において使用される言葉を基に標準語を整備しようという試みが推進された。これに、文壇の言文一致運動が大きな影響を与えて、「標準語」と呼ばれる言語の基礎が築かれた(注2)。なお、「標準語」という用語は岡倉由三郎によるStandard Languageの日本語訳である。

日常会話において「標準語」という用語はしばしば使用され、その場合「標準語」は東京の口語(東京方言や首都圏方言)を指すことが多い。厳密には標準語と東京の口語そのものは異なる言葉であるが、中央(すなわち現代日本では東京)の言葉を標準語とすることは歴史的に暗黙の了解となっている。(注3)

1.2関西弁の形成と使用範囲

『日本語方言の概説』主張からみると、古代より近畿地方は中央部の低地帯(奈良盆地・大阪平野・京都盆地)を中心に発展した。平安以降は京都、近世

以降は大阪が最大都市となって文化圏を形成し、言語面でも京阪を中心に比較的まとまった方言圏が形成された。京阪の方言を合わせて上方語(上方言葉・上方弁)や京阪語とも言う。京阪とそれを取り巻く近畿中央部(大よそ半径50km圏内)ほど一般に関西弁的とされる特徴を多く備える。

兵庫県但馬(但馬弁)と京都府丹後西部(丹後弁)は、行政上は関西であるが、方言においては東京式アクセントであるなど違いが大きく、中国方言に分類される。また紀伊半島で特に山岳が険しい奈良県奥吉野は、周囲の方言と隔絶された言語島として有名で、関西弁的な特徴がほとんど現われない。(注4)

1.2.1関西弁の影響

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接