「すみません」についての考察关于「すみません」的考察毕业论文_日语毕业论文

「すみません」についての考察关于「すみません」的考察毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

有种说法称中国是日本语言的故乡。甚至可以大胆地说日本语起源于中国语言。但是,日语不是简单的复制中国的词组。经过长期的发展,日本已经形成了属于它的独特的语言文化。从日汉翻译的角度,便可充分比较出中日语言的不同。在日汉互译中,有很多不同点。比如,「すみません」在不同场合有着不同的含义。「すみません」在中国一般是道歉之意。但是「すみません」在日语中含义甚多。其次,在日语中,省略现象比较普遍,但在汉语中,省略现象并不那么多。从这一点可以看出日语的暧昧性。今天,笔者以「すみません」为考察对象,从表示谢罪,依赖,感谢,打搅之意角度来考察。从而更准确的掌握「すみません」。

关键词:词汇 中日互译 对不起 研究 明白

目次

はじめに 1

1.「すみません」の語源と由来 4

2. 「すみません」の意味 4

2.1謝罪の意味 4

2.2感謝の意味 5

2.3呼びかけの意味 7

3.「すみません」から見る日本人の心理の影響 8

3.1人間関係に対しての影響 8

3.2日本人の礼儀に対しての影響 8

終わりに 10

             

はじめに

  最初、日本語を勉強した時、謝る時の言葉は「すみません」だと知った。しかし、「すみません」の意味はひとつだけではない。勉強を通じて「すみません」という言葉に多義性があることが分かるようになった。謝る場合だけでなく、日本人は普通、「すみません」を使う以外の場合が多いと言える。

  普段、ドラマを見る時によく「すみません」という言葉が聞こえた。しかしその意味が違うため、だんだん興味を持つようになった。例えば、「すみません」の語源と由来、意味、「すみません」から見た文化などの方面を詳しく知りたいと思う。「すいません」は動詞「済む」に打ち消しの助動詞「ぬ」がついた「すまぬ」の丁寧語「すみませぬ」が元の形で、打ち消し「ぬ」を「ない」に替えた形が「すまない」である。それに、今の私には、「すみません」の意味を次の通り、4つの種類(謝罪の意味、依頼の意味、感謝の意味、呼びかけの意味)に分けることができると思う。また、「すみません」について謝罪の意味しか知らない。この程度では非常に足りないため、今度の論文を機にして、疑問があるところをはっきりさせようと思う。

中国人の研究により、次の研究をまとめてみた。

『「すみません」的中文译法浅析』 黄文瀾 (1996)大連理工大学附属図書館。中国語の「対不起」と比べた。『大辞林』の第二版の解釈によって、「『すみません』という言葉が少なくとも4つの使い方がある。即ち謝罪、感謝、願いと感嘆詞のような用法である。」それに、中国の2002年の増補版の『現代漢語字典』では、「対不起」に対しての解釈はこのように「相手に内心恥かしく思い、相手に謝るときによく使われる言葉である。」基本的に言えば、中国語の「対不起」は謝罪の気持ちを表現している時に使うのである。この使う範囲は「すみません」より狭い。

  『「どうもありがとう」与「どうもすみません」在用法上有何不同』 姜淼 (2006)吉林化工学院学报、第六期。日本人は感謝の気持ちを示す時に、いつも「どうもありがとう」或いは「どうもすみません」を使う。これは感謝の意味を表すといえども、心の感情、性格、習慣、精神素質、男女、年齢などに違うところがある。大連外国語学部の劉暁華の『表示感謝的「すみません」』という論文において、感謝を表す「すみません」と「ありがとうございます」の2つの言葉を比較した。話し手と聞き手の考え方から分析し、また言葉そのものの発展の経過から分析してから、異同をまとめてみた。

『「すみません」考』 王秀文 (2005) 『日本語知識』。「すみません」の使う範囲はほぼすべて日本人の生活の様々な場合を包含していると書いていた。まとめれば大体3つの種類だ。まず、「もしもし」に相当する。即ちあいさつする意味だ。次は「申し訳ない」に相当する。即ち人に助けを求める時、要望を提出する時、他の人に面倒をもたらすときの謝罪の言葉だ。最後は「ありがとうございます」に相当する。即ち他の人からもらった便利と好意に感謝を表す言葉だ。これらの場合に対して、私達は何も考えずに、「ごめんなさい」に通訳する人が多い。そのため、外国人に日本人はいつも謝っているという印象を与えているかもしれない。「すみません」と「ありがとう」の異同に至っては、作者は前のほうがもっと礼儀を重んずると思っている。だから、「すみません」は「上下」関係の中での「上」という者で、「親疎」関係の中での「疎」という者に使われる時が多いと思っている。たまに2つの言葉を合わせて「すみません、ありがとうございます」を言うことがあり、いっそうマナーがあることに見える。このような人間関係を前提にするので、世故をぜんぜん知っていない子供だけは「ありがとう」を使い、「すみません」を使わない。

 次日本の先行研究について述べる。

『「すみません」の多義性について』 濱屋方子 (2000) 日本横滨神奈川県立旭高等院校附属図書館。作者が中国に滞在していた時のことを書き出したものだ。「『すみません——対不起』という言葉はやはりあまり聞かれなかったように思った。ウエイトレスを呼びたい時には『小姐』とか『同志』とかと言い、道を尋ねる時には『请问一下』などと言っていたのではないでしょうか。」では、なぜ日本ではいろいろな場合に「すみません」が用いられるのか。それは日本語の「すみません」が多義性を持った言葉だからと言えるだろう。一番目はお詫び・謝罪を表す意味。中国の「すみません」は多義性を持っていない。日本では「すみませんで済むと思うか!」と謝っている人に追い打ちを掛けるように責め立てる人もいないとは言わないが、一般的には誠実に謝罪する人に対してはしょうがないと諦め、さらに追及したり、弁償を要求したりはしない。しかし、中国語で重大な過失を犯してしまったときには「対不起」だけでは足りない。二番目は呼びかけを表す意味。英語の「Excuse me、 I’m sorry」という言葉との比較で表現した。英語の「Excuse me」と同じ用法なのだが、英語が「Excuse me(相手に多少の迷惑を掛ける芽自分の意図・行動を通す)」と「I’m sorry(過失について詫びる)」の区別を持っているのに対して、日本語はその区別を持たない。三番目は謝礼を表す意味。この点を述べる方法は一番目と同じだ。中国人は謝意を表す時に、必ずしも単純明快に「謝謝」と言うとは限らず、しばしば「不好意思」「過意不去」などとも言う。でも、中国語の「不好意思」を知らない日本人は、相手に何か恥をかかせるようなことをしてしまったのか、自尊心を傷つけてしまったのか、と不安になるので、好意を受けて「不好意思」と言いたい場合には、「すみません」或いは「恐れ入ります」と言う方がいいと思っている。

『毎日の言葉』 柳田国男 (1999) 『定本柳田国男集』、築摩書房。「日本語では話し手と聞き手の親疎や上下関係、話し手の性、詫びすべき行為がなされる前か後か、などで細かい表現を変えなければならないからである。このように、異言語間の詫びの言語行動にさまざまな違いがあり、その違いにはその言語が話される文化、社会の規範や価値観が大きく反映している。日本人は自分が悪くない場合でもよい人間関係を維持するために謝罪する。誰の責任でもなく何か悪いことが起こった場合や誰の責任かが明確でない場合にも日本人が無意識に謝罪の表現をよくする。謝る必要がない場にでもひとまず謝るという習慣が出来上がっている。この謝るという行為で相手を落ち着かせ相手の興奮をなだめるのである。使い方によってとても効果がある。だからこそ、日本人はひとまず謝るのである。『和を以て貴し為す』というところから考えられる。」

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接